micro_ichiranyou_dai2.jpg
防災

正林寺・和泉本通り・東端区役所 被災当時と今の記録 「三河地震 vol.5」

三河地震により本堂が全壊

prevention09_01.jpg
正林寺(現在の高浜市呉竹町)碧南市教育委員会提供

正林寺の本堂も、三河地震で全壊してしまいました。しかし写真では、利用できそうな材木がきれいに並べられていて、早くも再建の準備が進められているようです。

2012年、約70年ぶりに鐘の音が復活

prevention09_02.jpg
現在の正林寺

本堂は、戦後まもない貧しい時代の1949(昭和24)年に、早くも再建されました。地元の人びとの強い思いが感じられます。

本堂とともに地震で倒れた鐘楼は、戦争で国に供出された鐘ともども2012(平成24)年に新しくなり、およそ70年ぶりに鐘の音が復活しました。

被害がとても大きかった碧海郡明治村

prevention09_03.jpg
和泉本通り(現在の安城市和泉町)碧南市教育委員会提供

かつての碧海郡明治村は、三河地震の被害がとても大きかった村のひとつで、現在の安城市、碧南市、西尾市にまたがっていました。

明治村和泉地区を上から見た写真には、隣り合う建物が何軒も倒れたようすが写っています。

戦後は道路整備が進み復興

prevention09_04.jpg
現在の和泉町

戦後は安城市内でも道路整備が進み、幅の広い道がたくさんできましたが、本龍寺前を走る通りはむかしの趣を残しています。

かつてのメインストリートはいまも、地元の人びとの大切な生活道路です。

海軍が救護や復旧を助けてくれた

prevention09_05.jpg
東端区役所(現在の安城市東端町)碧南市教育委員会提供

明治村の東端地区を担当した区役所の被害のようす。

戦時中には、現在の安城市東端町と根崎町、和泉町にまたがって明治海軍航空基地があり、三河地震の直後も、「海軍の兵隊さん」が付近の救護や復旧を助けてくれました。

東端区役所の今

prevention09_06.jpg
現在の東端町

かつて東端区役所があった場所には、いまは東端町内会の建物があります。いまもむかしも、地域の中心の役割を担っています。

(キャッチネットワーク発行 DVDブック「三河地震から70年」)

関連記事