micro_ichiranyou_dai2.jpg
防災

過去の体験を未来へつなぐ 「三河地震 vol.3」

マグニチュードと震度

マグニチュード(M)は、地震で放出されたエネルギーの大きさです。マグニチュードが1増えるとエネルギーはおよそ30倍にもなります。三河地震はM6.8、2011年3月の東日本大震災を引きおこした東北地方太平洋沖地震はM9.0ですから、三河地震の約1,000倍のパワーでした。

一方、震度はゆれの大きさをしめします。場所によってちがい、マグニチュードが小さいからといって震度が小さいとは限りません。三河地震も東北地方太平洋沖地震も、どちらも一番大きくゆれたところの震度は7でした。(キャッチネットワーク発行 DVDブック「三河地震から70年」)

関連記事