よくあるご質問

QIPフォン用ケーブルモデムのLED表示について(NET&SYS社製モデムMNG-3500)

AIPフォン用ケーブルモデムの前面には、LEDが8つあります

netsys_ip

IPフォン用ケーブルモデムの前面には、LEDが8つあります。
この表示状態により異常かどうかを判断することができます。
すべてを紹介することはできませんが、代表的なものを例に解説します。

各LEDの説明
LED通信可能な状態説明
PWR 緑点灯 電源が供給されていると緑点灯です。
RECV 緑点滅・消灯 同軸ケーブルから信号を正常に受信できていると緑点滅です。
データ受信していないときは消灯です。
SEND 緑点滅・消灯 キャッチのセンターへ信号を正常に送信できていると緑点滅です。
データ送信していないときは消灯です。
ONLINE 緑点灯 モデムの通信が可能な状態になると緑点灯です。
PC 緑点灯 パソコン等の機器の電源がON状態で、かつLANケーブルが正しくつながっている時、緑点灯です。
VOIP 緑点灯・消灯 IP電話契約時に緑点灯します。 キャッチIPフォンをご契約でないお客様は消灯です。
LINE1 消灯・緑点灯 普段は消灯。IPフォンで通話時は緑点灯です。
PSTN 消灯・緑点灯 通常は消灯。IPフォン以外の固定電話を同時に接続している場合は緑点灯です。

※モデム異常の場合は、モデムの電源ケーブルを一度抜いていただき、再度電源を入れなおしてください。
※モデムの電源を入れなおすと、正常な状態に戻るまでに5~10分程度かかります。

ケーブルモデムのLED表示と状態および対応方法

MNG3500

取り扱い上の注意

  1. モデムは、センター設備と定期的に通信をしておりますので、電源をなるべく切らずにお使いください。
  2. モデムに接続されている同軸ケーブルは、絶対に外さないで下さい。ノイズ発生の原因となり、他のお客さまの通信にも影響を与えてしまいます。
  3. 故障の原因となりますので、モデムを高温(40度以上)、埃の多い場所へ置かないでください。
  4. 落雷によりモデムやネットワーク機器が故障することがあります。
    雷が予想される場合は、モデムの電源ケーブルを抜き、LANケーブルも外していただくことをお勧めします。
    また、モデムに接続されている機器の電源を切っていただけるようお願い申し上げます。
  5. モデムは精密電子機器です。衝撃を与える、液体をかける、などは故障の原因となりますのでご注意ください。