放送番組審議会

2020年度 放送番組審議委員のご紹介

刈谷市 丸山靖司 委員、渡辺多美子 委員
安城市 鳥居純 委員、筒木麻三子 副委員長
高浜市 横山英樹 委員、神谷美百合 委員
知立市 高木一恵 委員、岡田浩 委員
碧南市 羽野彰 委員、茶谷千芳 委員
西尾市 鈴木義宏 委員長、三浦博美 委員

2020年度 第3回放送番組審議会議事録

日時

2020年12月 書面開催

参加者

委員

刈谷市 丸山靖司 委員、渡辺多美子 委員
安城市 鳥居純 委員、筒木麻三子 副委員長
高浜市 横山英樹 委員、神谷美百合 委員
知立市 高木一恵 委員、岡田浩 委員
碧南市 羽野彰 委員、茶谷千芳 委員
西尾市 鈴木義宏 委員長、三浦博美 委員

議事内容

審議いただいた番組KATCHスペシャル「KATCH THE WORLD-キャッチザワールド-」
議題・見たい興味の持てる内容になっているか。
・この地域に住む外国人事情について関心が持てる内容になっていたか?
・レギュラー放送していくにあたり地域の外国人事情の何について今後取り上げるべきか?

【鈴木 委員長】
高校生を使った番組構成が良かったと思います、大人では出せない番組全体の雰囲気が印象的。また興味が持てたのは海外の食べ物。エリア内のお店の紹介がもっとたくさんあると良いなと思う。一方で外国人事情の部分はまだまだ足りないと感じた、次回作を楽しみにしたい。

【筒木 副委員長】
出題クイズもバラエティーに富んでいて飽きなかった。食のクイズでは現物が食べられるのも子供たちにはテンションが上がったのではないか?とても楽しく参加しているのが伝わってきた。今後は、次代を担っていく子供たちの就学問題等、これからについて取り上げるとよいのではないか。

【丸山 委員】
キムさんとクリス・グレンさんの掛け合いが面白く、外国人の方たちの明るく逞しく生活されている様子にスポットが当てられていて、親しみやすく関心が持てる内容になっていた。外国人の方たちが地域で暮らすなかで、困っていることを拾い出し、その解決策や対応などについて視聴者に知らせていただけるような番組になると良いと思う。

【渡辺 委員】
全国の外国人の割合が約2.3%、全国に比べ多くの外国人が住むこのエリアで、この地で生活する外国人の方たちが自分の国の食文化を大切にしながら助け合って生活しているのだなと感じた。番組進行の2人の掛け合いや話の内容が楽しかった。

【鳥居 委員】
外国人司会者の二人が軽妙な掛け合いで進めていくのは面白かったし、国際感覚を持つ若い人たちの出演で、一層の新鮮さがあり、日常ではなかなか見ることができない外国人の素顔や本音も聞くことができ興味を持てた。異文化理解という意味では、とても入りやすい番組となっていて、関心を持ち文化を知ることで、一層の理解が深まることをあらためて感じた。今後は外国人が日本人に理解してほしいこと、またその逆などを両者の間にあるハードルを下げるきっかけとなる番組になることを期待したい。

【横山 委員】
外国人が増加しているなか、日本人と外国人がどう付き合っていくのかは最も重大な関心となっている。彼らはどういった経緯で日本に来たのか、どこで働き、どうのような生活をしているのか。そういった身近な外国人住民の姿を取り上げていく番組になっていくことを今後期待する。

【神谷 委員】
興味の持てる内容でした。特にこの地域で暮らす外国人の人数は参考になり、江戸時代の侍の人数との比較は、例えがユニークだった。MCのクリス・グレンさんが、ともすれば深刻になりがちな外国人事情を明るい雰囲気でわかりやすく番組を進めていて、とても好印象でした。今後はもっと人にフォーカスすると、さらに面白くなるのかなと思う。

【高木 委員】
MC2人が、軽快に楽しくすすめてくださっているので楽しく視聴することができた。知立市だとブラジル人の方のお店があったりしますが、少し入りづらいと感じますので、この番組を視聴して、お店に入るきっかけになるのではないかと思います。またランドセルプロジェクトのように日本人×外国人での社会貢献性がある取り組みの紹介もいいと思う。

【岡田 委員】
内容は、外国人住民の生活を紹介する放送内容であったが、目的である国内生活事情が充分紹介しきれていないと思った。今後は6市で、日本人と外国人住民が町内で共生できている実例事例紹介があると良いと思う。

【羽野 委員】
地域に住む外国人を扱った番組はキャッチネットワークとしては珍しく興味を持ってみました。しかし、内容としては少しテンポが悪く、間延びしている感じを受けました。今後レギュラー化する場合は、内容は同じでも30分番組にまとめていいのではないかと思います。

【茶谷 委員】
外国人を知るためには、まず食文化からにしたことは興味が持てて良かった。自分の近辺には外国人がいないため事情がわからない部分もあったが、次世代を担う若者たちがクイズ形式で参加したことは関心を持つきっかけになったのではないかと思う。

【三浦 委員】
日ごろ、仕事で外国人にふれあうことが多いが、実際の外国人事情まではよくわからなかった。クイズ形式ではなくて、地域に住む外国人事情を中心に紹介してもらいたいと感じた。今後は、外国人の日常を紹介するなかで、文化の違いでもの戸惑いや失敗、不安などを日本人に理解してもらうような番組が良いと思う。

過去の放送番組審議会

Get Adobe Acrobat Reader

各種契約約款、利用規約をご覧いただくには、 Adobe 社の Adobe Acrobat Reader が必要です。
最新のAdobe Acrobat Readerは Adobe社のホームページより無料でダウンロード可能です。