KATCH RECRUIT2022

MENU

前職の経験を活かして
住宅イベントを企画。
ハウスメーカーとの関係を強化。

マーケット創造本部 営業1課

2018年入社(キャリア採用)榊原 七菜子

Profile

2018年入社

榊原 七菜子

出身地:兵庫県神戸市
出身学部・学科:農学部

中途入社して3年目になります。旅行先での飲み歩きが大好きな29歳です。特に好きなのはビールですが、基本的に何でも飲みます。最後に行ったのはインドです。

SCHEDULE スケジュール

  • 7:00
    ~

    起床
    朝が弱く、二度寝することも多いので、アラームは多めに設定。
  • 9:00
    ~

    出社
    当日のスケジュールやチャットの通知を一通り確認。
  • 10:00
    ~

    会議
    チームミーティングで一週間の実績や、今週のトピックス、共有事項を報告。
  • 11:00
    ~

    準備
    ハウスメーカーおよびお客さま訪問の準備
  • 12:00
    ~

    休憩
  • 13:00
    ~

    訪問
    ハウスメーカーおよびお客さまを訪問。
  • 15:00
    ~

    現地確認
    1件1件現地を確認。新築なので、地図に載っていないことも。
  • 16:00
    ~

    社内業務
    訪問の履歴を残し、今後の施策を検討。資料や稟議書の作成・提出。
  • 18:00
    ~

    退社
    翌日の準備をして退社。
  • 19:00
    ~

    夕食
    夕食の買い物をして帰宅。晩酌することも。
  • 21:00
    ~

    趣味
    映画やドラマを観て、のんびり過ごす。

Q.1現在の仕事内容

新築戸建てのお客さまを対象に、テレビやインターネットなどのサービスをご案内しています。通信工事を行うには時間がかかってしまうので、新築のお客さまは、入居後すぐにテレビやインターネットを使えないケースがあります。そのため、ハウスメーカーさんにお客さまをご紹介いただいて、早めのご案内を行おうと取り組んでいます。お客さまのご自宅を訪問することもあれば、ハウジングセンターでのイベントにブースを出展することもあります。

Q.2やりがいを感じた仕事

入社2年目にハウジングセンターでのイベントを企画させていただいたことです。それまでは、ハウスメーカーさん主催のイベントに参加させていただく形が多かったのですが、「一度タイアップさせてください」とご提案して機会をいただくことができました。新築のお客さまへの営業活動は、ハウスメーカーさんの協力なくしては成り立ちません。当日は、人気キャラクターのコスプレ撮影イベントを開催することにしたのですが、そのイベントチケットを事前にハウスメーカーさんからお客さまに手渡ししていただく形式を採用しました。「〇〇さんのおかげでイベントに参加できた」となった方が、ハウスメーカーさんもお客さまとの関係強化のうえでメリットが大きいでしょうから。実際にたくさんのお子さまにご参加いただけて、ハウスメーカーさんからは「これからもぜひお願いします」と言っていただくことができました。しっかりと成果を出せて良かったと感じます。

Q.3キャッチを選んだ理由

実は、前職では住宅営業として働いていました。ただ、プライベートな時間がほとんどないくらい多忙で、転職することに。当時、キャッチでは新築戸建てのお客さまへの営業活動を強化するための人材を募集していたので、それまでのスキルが活かせると感じて入社しました。ワークライフバランスはもちろん、地域に密着していて、生活に欠かせない会社であることも魅力的でした。こんなに地域の方に認知されている会社というのは、なかなかないと思います。

EXTRA QUESTION

「マーケット創造本部のメンバーの男女比は?」

マーケット創造本部の男女比は、ちょうど1:1ぐらいです。私が所属している営業1課では、3名のリーダーのうち1名が女性です。サブリーダーは2名いるのですが、私も先日任されることになりました。もうひとりのサブリーダーも女性です。一般的な営業部のように「数字のためにガツガツやるぞ!」という会社なら、男性の比重が大きくなるのかもしれませんが、キャッチはちょっと雰囲気が違います。あくまでも「みんなで協力しながら地域の方のためにやっていこう」というのが、目標なんです。産休・育休も取得しやすいですし、もちろん時短勤務で復帰されている方もいます。本当に男女関係なく働きやすい職場だと思います。

HOLIDAY 休日の過ごし方

掃除、洗濯など、家事を一気に片付けます。まとまった休みが取れれば旅行も! 最近は、映画やドラマを一気に観ることも多いです。基本的にアメリカや韓国などの海外ドラマが好きですね。