micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

目移りしそうなほどにジャンルが充実!シリーズ「近所のテレビのはなし」Vol.6~衛星劇場

歌舞伎や落語といった伝統芸能から、韓流をはじめとするアジアドラマ、さらには2.5次元舞台など、多岐にわたるプログラムを展開している「衛星劇場」。今回は、知れば知るほど幅広いジャンルの番組を提供しているチャンネルの担当者に、それぞれのコンテンツの魅力を直撃してきました!

日本初放送の韓流ドラマを毎月発信!
11月のイチオシは人気ラブコメ作品の『女神降臨』

arekore222_01.jpg
写真左/『女神降臨』©STUDIO DRAGON CORPORATION
写真右/『CHA EUN-WOO 1st Japan Fanmeeting -私のIDはカンナム美人-』

公式サイトのトップページを見るだけでも番組の充実度が一目瞭然で分かる「衛星劇場」ですが、現在とくに注目を集めているのが韓流ドラマ!

実は歴史も古く、日本で最初に韓流ブームが巻き起こったペ・ヨンジュンの『冬のソナタ』の頃から、20年近くにわたって毎月、日本初放送のドラマをオンエアしているんです。

宣伝担当・安藤さんのお話しによりますと、「まだそれほど定着していなかった刑事ものや医療ドラマも2014年頃から積極的に放送しています。過去には、日本でもリメイクされた『シグナル』も放送していました」とのこと。その安藤さんに、今イチオシの番組をうかがうと...、「やはり韓国ドラマといえば、ラブコメが人気!なかでも11月からスタートする『女神降臨』はオススメです!!」との回答が。

原作は、韓国だけでなく日本やタイ、台湾でも爆発的な人気を誇るウェブ漫画。その内容はというと、さえない容姿のせいでいじめられていた女の子が、転校を機に、メイクの力で"女神"のような美しさに変身するシンデレラストーリー。スポーツ万能で学年トップのイケメン男子との恋模様やライバル男子との三角関係など、胸キュン必至のドキドキシーンが大渋滞♪まさしく、ラブコメファン大注目の作品となっています!

「主人公のイ・スホを演じるのは、人気グループASTROのメンバーで"顔の天才"とも称されるチャウヌさん。演技力も高く、男女問わずドラマに惹き込まれますよ」と安藤さん。また、昨年開催されたチャウヌのファンミーティングイベント『CHA EUN-WOO 1st Japan Fanmeeting ―私のIDはカンナム美人―』や、ASTROのファンイベント『2020 ASTRO JAPAN FANPARTY ~Wanna Be My Star again~』もあわせて放送されるので、皆さんもチャウヌ沼にはまってみてはいかがでしょう?

韓流スターたちの素の表情を見たいなら
バラエティー番組にも注目を!

arekore222_02.jpg
『トラベルバディーズ2(原題)』
©Copyright 2021. A+E All Rights Reserved.

韓国作品の魅力はドラマだけにとどまりません!大スターたちのいつもと違う表情を見たいならバラエティー番組も必見です。

レギュラーで放送中の『週刊K-POPアイドル』は、週替わりゲストのアイドルたちが主役となり、"ここまでさせるの!?"と驚きの体当たり企画が楽しめる貴重な番組。また、ジェジュンのひとり旅を追ったドキュメント作品『トラベルバディーズ』は、昨年放送されるやいなや大好評を博し、まもなく待望の第2弾が初お目見え!

安藤さんいわく、「大自然や動物との触れ合いで少年のようにはしゃぐジェジュンや、飾らない立ち居振る舞いで現地の人たちと楽しそうに会話をする姿など、いろんな素の表情が楽しめる」というこの番組。今回はコロナ禍ということもあり、韓国国内での旅を敢行。知られざる韓国の魅力を引き出し、まるで一緒に旅をしているような気分に浸らせてくれます。

壮大な時代劇で知られる中国ドラマには
家族みんなで楽しめる作品が満載!

arekore222_03.jpg
『斗羅大陸 ~7つの光と武魂の謎~』
©New Classics Television 2021

一方、近年徐々に話題を集めているのが中国ドラマ!同じく宣伝担当の中嶋さんは、「10年近く中国ドラマを放送してきていますが、ここ数年で若い方にも一気に視聴が広がった印象があります」と話してくれました。

その理由の一つに挙げられるのが、ドラマ自体のクオリティーの向上。「物語の面白さはもちろん、イケメン俳優が数多く出演し、特撮やCG技術も発展。さらには幅広い年齢層が楽しめる設定など、どれをとっても一級品なんです!」。

中国ドラマと聞いて想起させられるのが、やはり壮大な時代劇。中嶋さんが激オシするのも11月からスタートする『斗羅(とら)大陸 ~7つの光と武魂(ぶこん)の謎~』です。主演はアジアのスター、シャオ・ジャン。男同士の友情"ブロマンス"系の大ヒット作『陳情令』で2役を演じた主人公の1人といえばおわかりになる方も多いかもしれませんね。

『斗羅大陸』の魅力は、時代劇でありながら、『ハリー・ポッター』のようなファンタジー要素がたっぷりと詰め込まれているところ。また、派手なアクションやヒーローもの、仲間とともに冒険に出るアドベンチャー要素も加わり、まさにてんこ盛り状態。「それだけに、お母さんやお父さんだけでなく、お子さんも含め、家族全員で楽しめる内容となっています」(中嶋さん)。

松下洸平の最新作など
日本の話題の舞台もいち早く放送!

arekore222_04.jpg 『こまつ座「母と暮せば」(2021年版)』
撮影:宮川舞子

もちろん、日本の作品も負けてはいません。最新の舞台作品をいち早く放送していて、ジャンルも多彩。ストレートプレイからミュージカル、2.5次元などラインナップの豊富さには驚くばかり!その一例が、11月に放送される、今年の5月・7月に劇場で上演されたばかりの『父と暮せば』と『母と暮せば』です。

「『母と暮せば』は富田靖子さんと松下洸平さんの2人芝居。この作品は3年ぶりの再演で、2018年の初演では松下さんが読売演劇大賞で杉村春子賞と優秀男優賞受賞を受賞したほか、多くの演劇賞を受賞した傑作舞台です」(安藤さん)。

NHKの連続テレビ小説『スカーレット』に出演し、一躍脚光を浴びた松下さんですが、彼の原点は舞台。当然ステージへの思いも熱く、そんな彼の役者としての真骨頂が堪能できる舞台中継を見逃す手はありません!

若手俳優たちの共演は
演劇ファンならずとも抑えておきたい内容!

arekore222_05.jpg
『舞台「魔界転生」(2021年版)』

また、同じく大きな話題を集めているのが、上川隆也さん主演による『魔界転生』。小池徹平さん、浅野ゆう子さん、松平健さん、藤原紀香さんなどトップ俳優たちの演技バトルもさることながら、「若手俳優たちの活躍も注目です!」と中嶋さん。「木村達成くんや村井良大くん、岐洲匠くんなど、2.5次元舞台やテレビのヒーロー作品でも知られる彼らの共演は、演劇ファンならずとも抑えておきたい内容だと言えます」。

そのほかにも、タイのBL作品やフィリピン、台湾などアジア各国のドラマを数多く取り揃えている「衛星劇場」。ドラマにはその国の文化も映し出され、知的好奇心を向上させるひと役も。また、もともとは韓流好きでチャンネルを見始めた方が、いつしか歌舞伎にもどっぷりはまった...なんていう声も多いそうなので、宝探しをするように、いろんなジャンルを見てみるのも面白いかもしれませんね!

TEXT/倉田モトキ

番組紹介

『女神降臨』

●放送日時
11月18日(木)放送スタート
毎週(木)23:00~ ほか(全16話)
※翌週水曜日に再放送あり

●内容
"顔の天才"チャウヌの主演最新作!メイクで変身した女神を2人のイケメン男子が奪い合うドキドキの三角関係ラブコメディー。地味でさえない容姿を理由にいじめられていたジュギョン(ムン・ガヨン)は家庭の事情で転校することに。もういじめられたくない一心で人生を変えようと、動画サイトを見てメイクの勉強をはじめる。

arekore222_08.jpg
ドラマ『私のIDはカンナム美人』主演のチャウヌ

『CHA EUN-WOO 1st Japan Fanmeeting ―私のIDはカンナム美人―』

●放送日時
11月5日(金)24:00~

●内容
ASTROのチャウヌが"俳優"として、日本で初めて開催したオンラインによるドラマファンミーティング。ドラマ『私のIDはカンナム美人』の裏話など、ここでしか聞けないトークはもちろん、ドラマのOST(Original Sound Trackの略)も熱唱するなど、俳優・チャウヌの魅力に迫る。

『トラベルバディーズ2(原題)』

●放送日時
毎週(日)22:00~
※翌週金曜日に再放送あり
※11月5日(金)12:00~ 第1話の再放送あり

●内容
韓流スターのジェジュンが旅行中に様々な"バディーズ"に出会いながら、これまで経験したことのないことに挑戦する旅番組。昨年、アルゼンチンで撮影されたシーズン1に続き、約1年ぶりに帰ってきたシーズン2は韓国での国内旅行記となっていて、自然体で旅行を楽しむ姿が堪能できる!

『斗羅(とら)大陸 ~7つの光と武魂(ぶこん)の謎~』

●放送日時
11月4日(木)スタート
毎週(木)21:00~ ほか
※翌週水・木曜日に再放送あり

●内容
アジアのトップ俳優シャオ・ジャン主演。超人気小説を豪華俳優陣と一流スタッフで映像化したファンタジー時代劇。聖魂村で鍛冶職人の父と暮らす唐三(タン・サン)は、鍛冶と秘伝書の修練に励む日々を送っていた。ある日、森で巨大な毒グモに襲われたところを見知らぬ男に救われる。その男から、人は皆、武魂を持っていることなどを教えられる...。

『こまつ座「母と暮せば」(2021年版)』

●放送日時
11月14日(日)20:00~

●内容
1945年8月9日の原爆で壊滅的な被害を受けた長崎で、ひとり暮す伸子(富田靖子)。彼女は息子・浩二(松下洸平)を原爆で亡くしていた。3年が経ち、ようやく息子の死を受け入れられるようになった伸子の前に、浩二が亡霊となって現れた――。今年7月に上演された、祈りのナガサキを舞台に紡がれる母と息子の命の物語。

『舞台「魔界転生」(2021年公演)』

●放送日時
11月28日(日)16:30~

●内容
歴史上の剣豪が次々と甦り、現世の怨念を晴らさんと、時空を超え、悪鬼となり、徳川幕府と対決する!豪華絢爛、空前絶後、アクションとスペクタクルとカルトの世界が融合した壮大なエンターテインメント。2018年の初演で主演を務めた上川隆也らに加え、小池徹平はじめ豪華キャストが集結した!

衛星劇場キャンペーン実施します!

arekore222_06.jpg

11月1日(月)~11月30日(火)の期間にオプションチャンネル「衛星劇場」にご加入いただくと、1ヶ月分の月額利用料金で最大2ヶ月ご視聴いただけます。この機会に、ぜひお試しください。詳細は、こちらから!

衛星劇場HD チャンネル紹介

arekore222_07.jpg

CS936ch  衛星劇場HD

キャッチテレビサービスの、オプションでご視聴いただけます。詳細はこちらから。

衛星劇場Webサイト

関連記事