特集

NEW

特集8月09日

循環型のウイスキー作りを目指して|シリーズ 未来へつなぐSDGsの輪 Vol.13
愛知県西尾市に本社がある「相生ユニビオ」。2022年に創業150周年をむかえる歴史ある醸造会社で、みりんのほか清酒や焼酎など様々な商品を製造・販売しています。かつて製造していた自社蒸留ウイスキーの製造を再開させようと取り組んできましたが、そこには循環型社会を実現するために乗り越えなければならない課題がありました。相生ユニビオがパートナーシップを結んで実践する持続可能な取り組みをご紹介します。