micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.67「うなぎの旭屋・知立市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は、60年の歴史を誇るうなぎ屋さんをご紹介します。

※2021年7月取材時点の情報です。

知立の弘法さんの目の前

gourmet150_01.jpg

知立市で"弘法さん"と親しまれている遍照院。その目の前で60年に渡りうなぎ店を構える「旭屋」さん。今年4月に、お店がリニューアルして、新たな一歩を踏み出しました。

そんな「旭屋」さんの主人が、永井翔太さん。元々は小料理屋を出すことを夢見ていたそうですが、家族の勧めもあって、先代の祖父の下で約15年みっちりと修業。うなぎの裂き方から焼きまでの一連の技を学びました。先代はまさに職人肌で、手取り足取り教えてはくれず、技を見て自分のものにしていったそうです。

大ぶりで肉厚なうなぎ!

gourmet150_02.jpg

主役のうなぎは、地元一色産や宮崎県産など、その時一番おいしいうなぎを仕入れ、高温の備長炭で焼き上げます。多くのうなぎ屋が使うサイズは、10kgで40尾というサイズで、1尾が約250g程度の物。しかし「旭屋」さんが使ううなぎは10kgで35尾と、一回り大きなうなぎ。

そのうなぎを味わうなら、1尾まるごとを贅沢に使った「特上丼」(2530円)がおススメ。60年継ぎ足してきた"うなぎ屋の命"とも言えるタレとの相性も抜群です。暑い夏は、うなぎで乗り切るべし!

うなぎにはハイボールが相性マル

gourmet150_03.jpg

うなぎのうまさは、炭火で香ばしく焼きあがった身や、タレ、ご飯との相性など、いろんな楽しみ方がありますが、あふれる脂もその1つ。脂の乗ったうなぎを楽しんだ口に、さっぱりした「ハイボール」(450円)が意外によく合うのです。

すっきりした口で、うなぎをもう一口。そしてもう一口。このセットはまさに"うなぎスパイラル"!

おいしいうなぎをお値打ちに

gourmet150_04.jpg

最近はうなぎの高騰で、なかなか口にする機会が減ってしまったみなさんも多いハズ。そんな中、「お祝いや節目だけでなく、普段でもうなぎを召し上がって頂けるよう、お値打ちに提供しています。」と語る永井さん。うな丼並はなんと1540円!

また「旭屋」さんのうなぎは、知立市内の保育園の給食にも提供されているそう。子供達が喜ぶ姿が目に浮かびます。というより、何ともうらやましい。暑い夏や元気がなくなった時には、うなぎで元気をとりもどしましょう!(取材:石川雅章/2021年7月取材)

「うなぎの旭屋」店長の一言PR!

60年続く老舗の味をぜひ

店長 永井翔太さん

うなぎの旭屋

gourmet150_05.jpg

場所:愛知県知立市上重原町小針121-3

電話:0566-81-0284

営業時間:10:00~14:00/16:30~20:00
※感染症対策のため、営業時間等が変更となる可能性があります

定休日:木曜日

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事