micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.51「鉄板居酒屋 日吉軒・碧南市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は碧南駅前の通りで古くから続く「鉄板焼き屋さん」を紹介します。

名鉄・碧南駅から西へ350m

gourmet95_01.jpg

碧南駅前の通りをまっすぐに西へ。「碧南駅西の交差点」のすぐ前に鉄板居酒屋「日吉軒」はあります。昔ながらの鉄板焼き屋さんの風情漂う店内には「本日の特選料理」の黒板。そのメニューは「合鴨のハーブグリル」など本格的な洋食メニュー。三代目・和晃さんが洋食の修行をされた事から、洋風鉄板料理が目玉となっています。

し・か・も!!驚くのはその注釈『平日(火・水・木)は表示価格の半額です。』ただでさえリーズナブルな本格洋食メニューが平日は半額で食べられるのです。これは要チェックです。

三代に渡ってお店を営んできた碧南への思い

gourmet95_02.jpg

「日吉軒」の三代目・内藤和晃さん。長身の凛としたそのさまは、下町の鉄板焼き屋さんと言うよりは「シェフ」という風格。でも、性格は温厚そのもの。50年に渡り碧南の地でお店を営んできた事への感謝の気持ちは強く、「特選料理の平日半額」もそうした感謝の気持ちから発案したという事です。

今後、お店もメニューもバージョンアップさせつつ、町を盛り上げていきたいとおっしゃっていました。

目の前の「鉄板」での調理からお楽しみ!

おススメ料理は、お店の特選料理「合鴨のハーブグリル(940円・税別 ※平日の価格です)」。ローズマリー、ガーリック、ジンジャーなどに漬け込んだ合鴨に、ワインをかけて蒸し焼きに。蒸し上がったら一旦、鉄板から下ろし余熱で保温。中の肉汁が落ち着いたら出来上がりです。ナイフを入れると、閉じ込めた肉汁があふれ一口食べれば恍惚の世界に引き込まれます。

目の前の鉄板で展開される小気味良い調理から始まるエンターテインメント。贅沢な時間です。

洋食に合わせたお酒は芋焼酎?

gourmet95_03.jpg

おススメのお酒は芋焼酎「DAIYAME(だいやめ)のソーダ割り(600円・税別)」。明治元年創業という鹿児島の老舗酒蔵の技の結晶から生まれたという「DAIYAME」。ライチを思わせる甘い香りが特徴で芋焼酎は苦手という女性にもおすすめの逸品。もちろん洋食にもバッチリです。

『普段着で気楽に本格洋食を!』そんなカジュアルなデートにおススメです。(取材:山田進一)

鉄板居酒屋「日吉軒」大将の一言PR!

内藤和晃さん

正に「シェフ」という風格の大将!

鉄板居酒屋「日吉軒」

gourmet95_04.jpg

場所:愛知県碧南市中町2-11

電話:0566-41-0322

営業時間:17:30〜25:00

定休日:日曜日・月曜日

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事