ニュースリリース

2020年5月 4日

愛知県 軽症者受け入れ施設「東横INN三河安城駅新幹線南口1」にマスク寄贈

株式会社キャッチネットワーク(愛知県刈谷市、代表取締役社長:松永 光司)は、新型コロナウイルス感染症対策支援のため、4月29日に開所した愛知県の軽症者受け入れ施設「東横INN三河安城駅新幹線南口1」にマスク5,500枚を寄贈しました。

放送と通信という基幹インフラを担う当社は、事業継続のため、かねてよりマスクを備蓄しておりましたが、より必要とされる施設で活用いただき、少しでも地域の感染拡大防止に役立ばと、今回、寄贈させていただきました。

今後もキャッチネットワークは、地域密着メディアとして「安全安心のまちづくり」に貢献できるよう努めてまいります。



■寄贈内容
 不織布マスク:5,500枚
■寄贈日
 2020年5月4日
愛知県施設にマスク寄贈写真左:愛知県保健医療局 地域医療支援室 三島正樹室長
写真右:当社 代表取締役社長 松永光司