ニュースリリース

2020年6月24日

地域清掃ボランティアと連動したエリア6市への寄付金贈呈について

株式会社キャッチネットワーク(愛知県刈谷市、代表取締役社長:松永 光司)は、従業員がボランティアで行う地域清掃活動の2019年度の参加者1名あたり1,000円を積み立て、事業エリア6市の社会福祉協議会へ寄付金として贈呈しました。

地域清掃活動は、社屋付近の道路にごみが散乱していたことから、2005年9月に従業員がボランティアで清掃活動を始めて以来、毎月1回、継続しているものです。 2019年度は、さらに地域への感謝の気持ちを表そうと、参加者1名あたり1,000円を積み立て、事業エリアである刈谷市・安城市・高浜市・知立市・碧南市・西尾市への寄付を行うこととしました。

2019年度の地域清掃活動参加者数は延べ448名、寄付金は総額450,000円(2,000円切り上げ)となりました。 積み立てた寄付金は、社会福祉を通じて事業エリア内の支援を行いたいという考えに基づき、各市の社会福祉協議会に、それぞれに75,000円ずつ贈呈しました。


<刈谷市、西尾市での贈呈式の様子>

刈谷豊田総合病院にマスク寄贈

刈谷市(刈谷市高齢者福祉センターひまわり)

写真左:当社 代表取締役社長 松永光司
写真右:刈谷市 社会福祉協議会会長 杉浦芳一氏

刈谷豊田総合病院にマスク寄贈

西尾市(西尾市総合福祉センター)

写真左:当社 代表取締役社長 松永光司
写真右:西尾市 社会福祉協議会会長 岡田武宏氏