お知らせ

2012年10月23日

IPv6アドレスの割り当て開始について

キャッチネットワークでは、光ハイブリッド120M/270Mコース、キャッチネクスト 全コースをご利用のお客様向けに、IPv6アドレスの割り当てを開始致します。

概要

キャッチネットワークでは、これまでのIPv4アドレスでのインターネット接続に加え、IPv6アドレスでの接続も可能とする、IPv4/IPv6両対応(デュアルスタック)方式でのインターネット接続を無料で提供します。

IPv6アドレスをご利用いただくには、IPv6アドレスに対応した端末(パソコン、ルータ、セキュリティソフト等)が必要です

  • 特別な設定変更や、機器の交換は不要(※1)です。
  • パソコンの設定変更も不要(※2、※3)で、従来通りにインターネットに接続いただけます。
  • お申し込みの必要はございません。
  • ご利用料金に変更はございません。

IPv6サービスに関する「よくある質問」

  1. ARRIS社製 WBM650のケーブルモデムが設置されているお客様は、交換の必要がございますので、誠に恐れ入りますが弊社までお問い合わせ下さい。
  2. Windows Vista以降のOSは設定変更不要です。 Windows XPのIPv6接続については、当社でサポート致しませんので、あらかじめご了承ください。
    Windows7/VistaのIPv6設定確認方法についてはこちら
  3. セキュリティソフトやブロードバンドルータによっては、IPv6アクセスをブロックする設定が標準設定となっているものがございます。
    ご利用のセキュリティソフト及びブロードバンドルータの設定をご確認のうえ、ご利用ください。
    また、「PCプロテクションプラスサービス」及びキャッチネクストで「WiFiルータ無料レンタル」をご利用中のお客様は、IPv6設定を有効にして頂く必要がございます。
    PCプロテクションプラスサービスのIPv6有効化についての設定方法
    WiFiルータ( WZR-HP-G302H )IPv6有効化について

開始日

2012年11月1日(木) 14時より

2012年11月1日(木)以降、お客様宅内に設置されているケーブルモデムもしくはD-ONUを再起動して頂くことでご利用可能となります。

対象コース

  • 光ハイブリッド120M/270Mコース
  • キャッチネクスト 全コース

IPv6アドレスについて

現在のインターネット接続サービスでは、接続されているパソコン等を識別するためにIPv4アドレスが利用されています。しかし、近年のインターネットの急速な普及により、2011年4月15日に日本を含むアジア太平洋地域のIPv4アドレスが枯渇しました。

そこで、この問題を解決するために開発されたのが、ほぼ無限に近いアドレス数を利用できる次世代規格の「IPv6」です。

この様な状況から、キャッチネットワークはインターネットの発展・維持のため、後継規格であるIPv6アドレスへの対応を積極的に取り組んでまいります。

img1.gif

参考:IPv4/IPv6両対応(デュアルスタック接続)イメージ

img2.gif

参考:これまでのIPv4接続サービスとの違い