micro_ichiranyou_dai2.jpg
あの人

刈谷から世界へ羽ばたくJリーガー!大南拓磨(ジュビロ磐田)

前回、近所出身のJリーガー・大南拓磨選手に会うため、所属するジュビロ磐田の練習見学に行った近所のはなし取材陣。前回のコラムは、こちら!近所で育った日本代表!刈谷出身のJリーガーに会いに行ってみた

今回は、その大南選手をクローズアップ!大南選手ってどんな人?選手としての特徴は?どうしたらそんなにサッカーが上手くなるの?気になるあれこれを本人や仲の良いチームメイトに直接聞いちゃいました!さらに地元・愛知県刈谷市での過ごし方や今後の目標など、ピッチの上とは一味違った大南選手の新たな魅力をお伝えします!

刈谷から羽ばたいた大南拓磨

anohito54_01.jpg

刈谷市出身の大南選手はプロ入り4年目を迎える21歳、センターバックとしてプレーする、今、注目の若手選手。持ち前のスピードと184cmの長身を活かして相手チームのフォワードを抑える守備力が魅力の選手です。

子どもの頃から身体能力が高く、小中学校時代は県内有数のクラブチーム・愛知FCや名古屋FCで活躍!九州の強豪校・鹿児島実業高校へ進学し、2年生のインターハイではベスト8に。そして、卒業後、ジュビロ磐田に入団。プロの世界へと飛び込みました。

世界で、日本で成長する若武者

anohito54_02.jpg

入団後の大南選手は、U-19、U-20、U-21と世代別代表で日の丸を背負い守備の要として世界のフォワードたちとの戦いを経験。クラブチームでも2018シーズンにリーグ戦に初出場し、シーズン終盤にはスタメンとして活躍するなど着実な成長を見せています。

2019シーズンは「スタメンに定着して、代表入りへしっかりとアピールしたい」と目標を語り、1年後に迫った東京五輪での代表入りや、さらに先の、世代の枠を超えたW杯などでの活躍も期待が膨らみます!

大南選手。地元ではどう過ごす??

anohito54_03.jpg

子どもの頃から大好きなサッカー漬けの毎日で、土日もずっとボールを蹴っていた大南選手。小学校高学年になると名古屋市のクラブに所属して、平日も学校が終わると電車に乗って練習に向かっていたんだとか。

今でも、オフには刈谷市に戻り、市原稲荷神社にお参りしたりするそうです。さらにインタビュー中に、取材を受ける大南選手をクラブハウスから名波浩監督がイジる一幕も(笑)。そんな光景からも、大南選手がまわりから愛されるキャラなことが感じられます!

名選手のプレーは学びの連続

anohito54_04.jpg

ジュビロ磐田といえば、2017年に移籍してきた天才レフティ・中村俊輔選手や史上初の3年連続Jリーグ得点王に輝いた大久保嘉人選手、さらには現役時代ジュビロ磐田で活躍し日本代表でも10番を背負った名波監督など、日本を代表する名選手たちもズラリ。

ベテラン選手たちは、練習に取り組む姿勢や身体のケアなど、サッカー選手としてプレーするために大切なことを学ぶ絶好のお手本。大南選手もこれから先長く活躍するため、身近なベテラン選手たちからたくさんのことを学んでいるそうです。

親友・小川航基が語る普段の姿!?

anohito54_05.jpg

大南選手のことをよく知るという小川航基選手を直撃!大南選手と同い年の小川選手は世代別代表でもチームメイトとしてプレーしていて、とても仲が良く一緒に遊びに行くことも多いんだそう。

取材開始直後から、「タクマのことならなんでも知ってる」と言うほどの大親友。これは面白いことが聞けるかも!?なんでも大南選手はとてもマイペースで、遊ぶ約束をしていても当日になって「やっぱり今日は遊びに行くのやめよう」とドタキャンすることもあるんだとか。その切り替えの早さが、プレッシャーのかかるプロの世界で活躍する秘訣なのかも!?

外国人選手にも負けない強いフィジカル

anohito54_06.jpg

また、ピッチの上では非常に頼りになる選手だとも語ってくれた小川選手。足の速い大南選手は、その俊足を活かしたカバーリングで相手攻撃陣を封じ込める守備力があり、スピードのある外国人フォワード相手にも負けない強さを持っているんだとか。

東京五輪の舞台でも、対人の強さで世界トップクラスの外国人アタッカーを抑えて日本を勝利へ導く活躍が期待できそう!代表でもクラブでも同年代として切磋琢磨しあう小川選手だからこそ、ディフェンダーとしての大南選手のすごさを誰よりも知っているんですね!

ファンやチームから愛される選手として

anohito54_07.jpg

午前と午後、それぞれの練習のあとには、グラウンドに並んでファンにしっかりと対応する大南選手。寒い中、練習を見続けてくれる熱心なファン一人ひとりに対して、ファンサービスを欠かしません。

さらにこのあと、インタビューにも快く応じてくださり、練習で疲れていてもチームを支えるファンを大切にして取材にも丁寧に対応してくれる誠実な姿が印象的。小川選手のコメントや、インタビュー中の名波監督のイジり(笑)。ファンや選手、指揮官からも愛される大南選手の素朴な人柄を知ることができました!

近所の有名人から世界の有名人へ

anohito54_08.jpg

刈谷市で育ち、世界を相手に活躍を続ける大南選手。その視線の先にある2020年の東京五輪やさらに大きな目標へ向けて、Jリーグ新シーズンはレギュラーの座を掴むと、日々努力を続ける姿を見ることができました。(取材は開幕前2019年1月下旬。)

「サッカーが上手くなるには楽しむことが一番大切。楽しみながら、毎日プレーしてほしい」と、サッカー選手に憧れる少年たちへのエールも忘れない大南選手。近所のみなさんも、今シーズンのJリーグでは、大南選手は要チェック!刈谷市の生んだサッカー少年をみなさんで応援しましょう!(取材:西等・角谷佑希)

大南選手の直筆サインボールプレゼント

anohito54_09.jpg

直筆サインボール(※クッションボール)を抽選で10名様にプレゼント!

プレゼントの応募方法は、Twitterの「近所のはなし」公式アカウント@kinjyonohanashiをフォロー&該当ツイートをリツイートするだけ。既にフォローしている方はリツイートだけでOKですよ!みなさんのご応募待ってます!応募の締切は、2019年3月3日(日)です。

関連記事