micro_ichiranyou_dai2.jpg
あの人

世界を駆け抜けるシェフ!安城市イタリアン「TRATTORIA 223・吉井康秀さん」

愛知県安城市にある、イタリア料理店「TRATTORIA 223(トラットリアドゥードゥートレ)」。本格イタリアンをお手頃価格で気軽に楽しめると評判です!ここでオーナーシェフを務めるのが吉井康秀さん。本場イタリアで修業を経験し、名古屋の有名店を渡り歩いたという実力派です。

吉井さんがつくる料理は、「食べた人を笑顔にする」とのウワサ!そんな人気店のシェフって、一体どんな人!?修業時代の思い出の一品も紹介してもらいながら、気になる素顔に迫ります。

イタリア修業と名古屋の有名店を経験

anohito61_01.jpg

1976年宮崎県生まれの吉井さん。中学時代から安城市に住み、18歳のころから修業の道へ。名古屋のイタリア料理店「ポルテッツォ」(当時の「パスタビーノ」)で経験を積み、26歳のときに初めてイタリアへ渡りました。

帰国後も「よし川エノテカ」「クラシコ クッチーナ イタリアーナ」「ラシェット ドゥ シバタ」と、数々の名店を経て、「TRATTORIA 223」のオーナーシェフに。お店を構えてからも何度もイタリアを訪れ、腕を磨いているんだとか。

普段のランチにも大切な日にも!

anohito61_02.jpg

本場イタリアの味が安城で食べられるとあって、おいしい料理を求めて訪れる人たちで賑わう「TRATTORIA 223」。わざわざ遠方から食べにくる人も多いんだとか! 人気メニューは、その時々のパスタやメイン料理が味わえる月替わりランチです。

ちなみに、店名の「223」は富士山(ふ・じ・さん)のゴロ合わせ。イタリアンなのにちょっと意外!?富士山のように立派に、世界に認められるイタリア料理店になりたいという想いが込められているんだそう。

イタリア料理が好きなのは今も昔も同じ!

anohito61_03.jpg

最初の修業先、「ポルテッツォ」でイタリア料理に出会った吉井さん。イタリア料理を選んだ理由のひとつは、子どものころの記憶。「家族で外食に行くとき、洋食は"ご褒美"でした。なかでも、家庭であまり食べなかったイタリア料理は、特別感が強く憧れがあったんです」。

もうひとつの理由は、つくることの楽しさ。「経験を重ねるにつれ、素材の扱い方、加熱の具合、盛り付ける器選びなど、ひとつずつ丁寧にこだわるように。イタリア料理には、"質"を追求していく面白さがあります」と教えてくれました。

修業で学んだ"味"と"おもてなし"

anohito61_09.jpg
修業時代の吉井さん

イタリアでは、世界中からたくさんの人が訪れる人気店「リストランテ・オスカル」で修業。シェフやスタッフはみんなフレンドリーで、"人との出会い"も大切な思い出になったそう。

料理はもちろん、お客様への気遣いも学んできました。「料理はつくって終わりではなく、お客様に満足してもらえることが大事。普段、家族に料理をふるまうときにも、おいしく食べてくれているか気になりますよね。それと同じ意識を、お客様に対しても持っています」と真剣な眼差し。

料理人への道を切り拓いた「ポモドーロ」

anohito61_04.jpg

そんな吉井さんに聞いた修業時代の思い出の料理、1品目は、シンプルなトマトソースのパスタ「ポモドーロ」。お店でも「Aランチ(1352円)」のメインとして食べられます!

「最初の修業先・ポルテッツォで常連のお客様から、シメの一品に食べたいとポモドーロを注文されました。師匠から教わった渾身の一皿を、お客様のテーブルへ。オープンキッチンのガラス越しにお客様の表情を覗いているときに「おいしい!」という口の動きが見えたことがすごく嬉しくて、イタリア料理を極める大切なきっかけになった」といいます。

イタリア料理の相棒!「フォカッチャ」

anohito61_05.jpg

2品目は、「よし川エノテカ」での修業時代から思い入れがあるというフォカッチャ。イタリア料理によく添えられている、定番のパンです。「他の料理はたくさんの種類があって、季節によって違うメニューをつくったりしますよね。でも、フォカッチャはいつも変わらない味で、お店を構えてからも9年間つくり続けているものなんです」と吉井さん。

吉井さんの焼くフォカッチャはふわふわな食感が特徴!お店でも、料理を注文すると無料サービスで食べられます。

幅広い世代に愛される安城市の名店!

anohito61_06.jpg

育ったまち、安城市で店を構えた吉井さん。「イタリアンのおいしい店といえば都会にあるイメージですが、地元にもこんなお店があるんだ!と知ってほしいです」と話します。

「近所の人も、新幹線に乗ってまで食べに来てくれる人も、わざわざ来てくれるのは同じ。平等に素敵な時間を過ごしてもらいたいです」と微笑んでくれました。これまでに働いていたお店の常連さんが、吉井さんを探し出して訪れることもあるんだそう!みなさんも一度食べに行ってみては?(取材:齊藤美幸)

イタリア料理教室も開催!

anohito61_10.jpg

毎月第1水曜日には吉井さんの奥様である吉井博子さんによるイタリア料理教室も。教えてもらえるメニューは、イタリアの家庭料理がメイン。予約はお早めに!

日時:毎月第1水曜日 10:00~(3時間程度)

参加費:4000円

場所:TRATTORIA 223

TRATTORIA 223

anohito61_08.jpg

場所:愛知県安城市三河安城本町2-2-2

電話:0566-91-5859

営業時間:ランチ11:00~14:00(L.O.)/ディナー18:00~21:30(L.O.)

定休日:毎週水曜日・第3木曜日(駐車場あり)

「TRATTORIA 223」公式webサイト

Facebook

Instagram

関連記事