micro_ichiranyou_dai2.jpg
あの人

Cool way of life!新進気鋭の農家集団「teranova -てらのば-」

Cool way of life!(カッコいい生き方!)今回紹介するのは...愛知県安城市で活躍する、気鋭の若手農家集団「teranova -てらのば-」。
「世の中に野菜と畑の魅力を発信するんだ!」という熱い思いで、サラリーマンという生活を離れて農家になる道を選んだみなさん。

現在も、てらのばとその畑を地域のコミュニティのひとつにしよう!と活動中です。てらのばのみなさんが農家を目指したきっかけや現在の活動、地域に届けたい思いなどをじっくりと伺ってきました。

「teranova -てらのば-」って?

anohito64_01.jpg

てらのばで育てている野菜は、普段スーパーで見かけるものはもちろん、珍しいものなど多種多様。

「育てるのに手間暇がかかったり、収穫量が少なかったり。"割に合わない"という理由で一般的な農家さんが栽培しない、けど実はとっても美味しい。そんな野菜がたくさんあるんです。それを世の中に送り出すことが、私たちの役目だと思っています」と、代表の石川法泰(のりやす)さんは使命感を燃やしていました。

ここでしか味わえない野菜がたくさん!

anohito64_02.jpg

そんなてらのばで育つ野菜はやはりどれもユニーク!写真右側の機械メンテナンス担当・早川仁さんが持つ「四葉キュウリ」(すうようきゅうり)は中国原産の品種。実のイボがトゲのように出ているのが特徴なんだそう。

市販のキュウリより歯ごたえがよく、漬物やサラダによく合うそうです!またオクラも一般的な品種は五角形ですが、てらのばで育てているのは丸い、その名も「丸オクラ」。五角形のものと比べて、筋が少なく食べやすい品種です。

脱サラして夢を追いかけるチーム・てらのば

anohito64_03.jpg

この日は飲食店担当・加藤大登(ひろと)さんが不在でしたが、てらのばの活動メンバーは4人。意外にも、加藤さんを除く3人は元サラリーマンなんだとか。農家5年目になる牧野真丈(まさたけ)さん(写真左)以外は、今年農家2年生なんです。

「顔の見える範囲で野菜を届け、お客様に喜んでもらいたい」という夢を持つ4人は、技術交流会などで知り合って意気投合。前職の経験などそれぞれの強みを活かして役割分担しながら、地域の農業を盛り上げています!

てらのば不動の司令塔、代表・石川法泰さん

anohito64_04.jpg

地元・安城市出身の石川さんは、なんと前職は公認会計士!ですが実家がお寺ということもあり「地域に貢献できる仕事をしたい!」と一念発起して、3年ほど農業を勉強してから農家として独立したんだそう。

さらに石川さんの研修先だった農家さんで無農薬栽培を行っていたこともあり、石川さん自身も無農薬にこだわっています。チーム内では「年間を通してどんな野菜を植えるか」などの計画を練る司令塔でもあります。

あらゆる故障を直す機械整備担当・早川仁さん

anohito64_05.jpg

前職で農業機械のメンテナンスに携わっていた早川さんは、その知識と技術を活かして機械整備でてらのばを支えています。ちょっとした故障を修理業者に任せずとも手早く直していく姿は、まさにチームの救急隊!

実家が農家だったこともあり、農業が身近にあった早川さん。農家に転身後、奥さんが「やっぱり野菜は無農薬がいいよね」と言ったことで無農薬栽培を志した愛妻家という一面もあります。

クールな判断力が光る栽培担当・牧野真丈さん

anohito64_06.jpg

農業という世界の奥深さに魅了され、職人気質の農家のスタイルに憧れてこの道を目指した牧野さん。チームで一番の農業経験者でもあり、その経験値を活かした土壌分析などで野菜の品種選定・栽培方法といった栽培に関わるあらゆる面に貢献しています。

また「農業もビジネスですから」と語り、一歩引いた視点で農業を見つめてチームの収益につなげています。

こだわりの野菜を地域の人に食べてもらいたい

anohito64_07.jpg

こだわって作った野菜、「どんな人に食べてほしいですか?」と聞くと「一番は、野菜を食べた感想をまっすぐに教えてくれるような、顔が見える距離のお客さんに食べてもらいたいですね」と石川さん。

てらのばが『そだちの場、つどいの場、つながる場』として地域のコミュニティのひとつになることを目指している4人。そのためにも、地域のマルシェやJA、野菜セットの宅配を軸に県内を中心に販売しています。

子どもにも大人気の野菜収穫体験

anohito64_08.jpg

「野菜だけでなく畑のすべてを知ってほしい」という思いから、てらのばでは野菜の収穫体験も行っています。スーパーで並ぶ姿とは違う野菜は子どもたちにも大好評で、リピーターも多いんだそう!

料金:2000円(1家族)/ 体験時間:約60分

場所:時期によって変動(安城市内)/ 収穫物:時期によって変動

予約はこちらから

野菜もてらのばも、もっと成長していきます

anohito64_09.jpg

これからも"日本のデンマーク"安城市から野菜の魅力を発信し続けていくみなさん。

「家と畑が近い」という安城市の特徴を活かして農業をもっと身近なものにしていきたいとのこと。お客さんとの距離感を大事にして、「美味しかった」「もっとこういう味の野菜がいいな」と感想を気軽に聞けるようにしたいと石川さんは言います。顔の見える距離で、農家とお客さんが一緒にてらのばを育てていくことを目指します。(取材:西 等)

てらのば野菜セット宅配販売

anohito64_10.jpg

旬の野菜を詰め合わせた野菜セットの宅配販売は、S・M・Lの3サイズ。大きいサイズほど野菜の品目が増えます!また1回限りの注文ができる「単発」プランと、1週間もしくは2週間に一度、定期的に届くお得な「定期便」プランが選べます。

野菜セットSサイズ料金:1800円・1500円(単発・定期便)
Mサイズ料金:2300円・2000円(単発・定期便)
Lサイズ料金:2800円・2500円(単発・定期便)

購入はこちらから

てらのばの野菜はここで買える!

anohito64_11.jpg

[マルシェ]安城組朝市
場所:愛知県安城市御幸本町12-1(アンフォーレ)
開催日時:毎月第4土曜日 9:00~12:00(駐車場あり)

[マルシェ]蔵ら朝市
場所:愛知県知立市南陽2-169
開催日時:毎月第2・4水曜日 11:00~14:00(駐車場あり)

てらのばの野菜はここで買える!

anohito64_12.jpg

[店舗]JA安城桜井
場所:愛知県安城市桜井町三度山65-1
営業時間:9:00~17:00(駐車場あり)
定休日:毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)

[店舗]JAでんまぁと安城西部
場所:愛知県安城市福釜町釜ヶ渕1-1
営業時間:9:00~18:00(駐車場あり)
定休日:毎月第3月曜日(祝日の場合はその翌日)

関連記事