micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

紅葉情報2019!愛知県西三河の穴場的スポット6選

『紅葉』、毎年気になってはいるけれど、香嵐渓などのメジャースポットはいつも混んでいるし、渋滞もするし、そこまでして行くのも・・・。結局、毎年、テレビで全国各地メジャースポットの紅葉を眺めている・・・。心あたりのある方、いませんか笑?

今回は、地元民が愛する愛知県西三河の紅葉スポットを大特集!気軽に車を走らせて、西三河の紅葉を楽しんでみませんか?過去に撮影した見ごろの写真と合わせて、2019年の最新情報をお届けします!

森林にいった感覚に!?「安城公園」

arekore76_01.jpg

まず紹介するのは、安城市にある「安城公園」。安城市役所のとなりにある公園で駐車場もしっかりあります。

ここのポイントは、紅葉した木々を見上げながら散歩ができるところ!駐車場に到着した瞬間から紅葉の世界がはじまります。遊歩道もあるので散歩がてら紅葉を楽しむのもおススメです!

かわいい動物も同時に!

arekore76_02.jpg

さらにさらに、安城公園には動物舎があり、ポニーやシカ、マーラなどかわいらしい動物を間近で見ることもできます。近所で紅葉と動物が同時に楽しめるなんて感激です。なお、一番気になるのが今年の見ごろだと思いますが、例年通り、11月下旬から12月上旬になる予想とのこと。11月18日現在、少しずつ色づきはじめていて、一部の木はすっかり真っ赤に染まっています。

安城公園

場所:愛知県安城市桜町289-1(※駐車場あり)
電話:0566-71-2244(安城市公園緑地課)

アクセスマップ

お城をバックに紅葉を!「西尾市歴史公園」

arekore76_03.jpg

こちらは、公園の中央にある西尾のシンボル「西尾城」のほか、京風庭園の「尚古荘」や「旧近衛邸」などがあり六万石の城下町を感じさせる風情ある場所。近所では有名な紅葉スポットじゃないでしょうか!?

こちらの魅力はなんといっても様々なバリエーションの紅葉を楽しめるということ!フォトジェニックな写真も多く撮影できると思いますよ。特に、迫力のあるお城をバックにすると、なんかいい感じ!

風情ある縁側で名産品の抹茶を

arekore76_04.jpg

ちなみに、園内の「旧近衛邸」では、西尾の名産品・抹茶と季節の和菓子が味わえます。縁側に腰をおろして紅葉を眺めながらのんびり一服なんて素敵じゃないですか!?なお、例年の見ごろは11月末。11月18日現在、全体的に色づきはじめ、特にもみじの色づきが深まっているとのことです。

西尾市歴史公園

場所:愛知県西尾市錦城町231-1(※駐車場あり)
電話:0563-54-6758(旧近衛邸)

アクセスマップ

子どもも大満足!「愛知こどもの国」

arekore76_05.jpg

約100万平方メートルもの広大な園内では、さまざまな紅葉を楽しむことができますが、今回は、こちらを紹介します。子どもに人気の龍の形を表現した遊具「ドラゴン」がある、あさひが丘の遊具広場。

鮮やかな黄色に染まったイチョウの木が並んでいます。遊具の黄色と、青空と、イチョウの黄色のコラボレーション。映えそうじゃないですか!?「愛知こどもの国」にはたくさんの種類の木があり、紅葉するタイミングもさまざま。他のスポットよりも長い期間、紅葉が楽しめるのも魅力です!

おすすめビュースポットは展望台!

arekore76_06.jpg

園内にある、あさひが丘の運動広場の東に位置し、三河湾の島々や伊勢志摩の山々を見渡すことができる展望台。そこへ続く階段の両端には真っ赤に染まったドウダンツツジがずらりと並び、階段を登るたびに思わずため息が出るほど素敵な光景となります。11月18日現在、全体的に色づきが深まっていて、「芝生広場」ではすっかり秋色に染まった木々を楽しめるとのことです。11月後半から12月前半にかけて見ごろとなる予想です。

愛知こどもの国

場所:愛知県西尾市東幡豆町南越田3(※駐車場あり)
電話:0563-62-4151

アクセスマップ

地元民も知らない!?「貞照院」

arekore76_07.jpg

こちらは、地元の人にもあまり知られていないツウな紅葉スポット。碧南市にある「貞照院」。敷地外からは紅葉の様子はあまり見えませんが、門をくぐるとカエデの木を中心とした数種類の木々が鮮やかな赤に染まっています。

やわらかな日差しが注ぐ中、静かな庭園でぼんやり紅葉を眺めていると、心が落ち着いてきて日頃の悩みや疲れを忘れてしまうほど。1人でゆっくりと訪れるのもおススメです。

紅葉の見ごろは11月20日前後!?

arekore76_08.jpg

毎年ここの紅葉を楽しみに市外から訪れる人もいるとのこと。カエデの赤以外にも、黄に染まったイチョウや黄金色に輝くススキなども秋の深まりを感じさせてくれます。今年の見ごろは、例年通り、11月20日前後から12月上旬との予想です。11月18日現在、日当たりのよい場所の木々が色づき始めてきています。

貞照院

場所:愛知県碧南市霞浦町2-73(※駐車場あり)
電話:0566-41-3921

アクセスマップ

床もみじも楽しめる!?「丈山苑」

arekore76_09.jpg

石川丈山が京都に建てた詩仙堂を再現し、本格的な庭園では四季折々の風景を楽しむことができる「丈山苑」。イロハモミジやヤマモミジなどを美しい庭園とともに堪能!日常を忘れてしまうほど、静かな時間を楽しむことができそうです。そして、さまざまなフォトジェニックな写真にも挑戦できそうですよ!

ちなみに、『床もみじ』って知ってますか?紅葉が見ごろになった丈山苑では、15時ごろになると、ちょうど西日があたり、もみじの赤が縁側の床などにきれいに映るとのこと。すごい写真が撮れそうじゃないですか!?

見ごろは少し遅め!?ライトアップも!

arekore76_10.jpg

「丈山苑」では縁側や室内から庭園を眺めながら、抹茶と季節の和菓子を味わうことも可能です!例年の見ごろは11月末から12月上旬ですが、今年は予想外の天気もあり、若干遅れるかも?と苑長さん。11月18日現在、日当たりのよい場所の木々の色づきが深まっています。毎年恒例のライトアップは、11月27日(水)~12月1日(日)、12月12日(木)~15日(日)の17時から21時まで。演奏会をはじめ、各種催しも行われますよ!

丈山苑

場所:愛知県安城市和泉町中本郷180-1(※駐車場あり)
電話:0566-92-7780

アクセスマップ

夜に景色が変わる!?「大山緑地公園」

arekore76_11.jpg

最後はこちら!魅力はなんといってもライトアップ!桜の名所で有名なこの場所ですが、実は紅葉もきれいなんです。

園内にある池を囲むように、もみじの木が植えられています。日中に見ても十分きれいなんですが、暗い中、光に照らされたもみじは、また格別です。平日は比較的、人も少なめ!?まさに穴場スポットです!園内には遊具もあるので、昼過ぎから子どもと一緒に遊び、そのまま暗くなる17時頃からライトアップされた紅葉を楽しむというのがおススメです。

ライトアップは12月上旬まで!

arekore76_12.jpg

2019年のライトアップは、11月25日(月)~12月4日(水)の17時から21時までとなっています!例年はライトアップの期間が最盛期だそう。11月18日現在、少しずつ色づき始めています。ぜひ出かけてみてくださいね。

大山緑地公園

場所:愛知県高浜市春日町2-1-1(※駐車場あり)
電話:0566-52-2288(高浜市観光協会)

アクセスマップ

関連記事