micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

国内唯一!?海が見える屋外スケート場 in 西尾市「あさひが丘アイススケート」

家にこもりがちな冬をアクティブに過ごせる"ウィンタースポーツ"。スキーにスノーボード、アイススケート...いざ遊びに出かけるとなると、遠方まで足を運ばなきゃいけないイメージがありますよね?「近くにあったらなぁ...」なんて思ったあなたに朗報!

愛知県西尾市にある愛知こどもの国の「あさひが丘駐車場」では、冬季限定で広々とした屋外アイススケートが楽しめるんです。ファミリー向けのリンクでありながら、そのつくりは本格的!キャッチネットワークの番組制作担当者であり、元フィギュアスケーターの近藤里奈が、その魅力と裏側を徹底的に紹介します。

西三河にスケートリンクが!?

みなさん、ここ、どこだか分かりますか?実は、愛知県西尾市東幡豆町にあるスケートリンクなんです。愛知こどもの国「あさひが丘駐車場」の一部敷地を、冬季限定で「あさひが丘アイススケート」としてオープン!

豊かな緑と三河湾を望みながらスケートを楽しめる屋外スケートリンクとして、23年前から幅広い世代に愛され続けています。

元フィギュアスケーターがレポート!

arekore127_01.jpg

レポートするのは、元フィギュアスケーターの近藤里奈。あの有名な浅田真央さんや村上佳菜子さんと同じスケートクラブに所属していたそうで、村上さんとは、今でも一緒にご飯を食べに行く仲なんだとか!

現在は、キャッチネットワーク社員として取材リポートや撮影、原稿執筆などをこなし、マルチに活躍しています。さっそく、入場ゲートを通りスケートリンクへ。

「愛知こどもの国」ってどんなところ?

arekore127_04.jpg

スケート場のある「愛知こどもの国」は、子どもたちが自然の中でのびのびと遊び、豊かに成長してほしいとの思いでつくられた児童遊園施設。スケートリンクのある「あさひが丘」には、巨大な芝スライダーや大型スライダーが。「ゆうひが丘」には、ミニカーやゴーカートなど、種類豊富な遊具があります。

スケートリンクの滑走料は、大人1,200円、中高生900円、小学生以下700円(それぞれ税込)。一度スケートリンクに入場すると、次回から使える優待券プレゼントの嬉しい特典も!

靴やヘルメット、ひじ当てなどのレンタルも

arekore127_03.jpg

スケートリンクの会場内ではスケート靴などがレンタルできます。一般的なスケート靴は15cm~29cmまで、1,200足以上を用意。アイスホッケー用の靴やひざ・ひじ当て、ヘルメットまで取り揃えているので怪我防止もバッチリ◎こだわりのスケート靴はイタリア製で、直輸入品なんだとか!

1cm刻みで借りることができ、金具で止める靴だから靴紐が結べない小さな子どもでも履きやすいです。

氷上に舞い降りたプリンセス!

arekore127_04.jpg

アラビアンをイメージした華やかな衣裳にチェンジした近藤。まるで氷上に降り立った天使のようです。着用している衣装は、フィギュアスケーターだった学生時代に、自らデザインを考案したものなんだそう!スワロフスキーがちりばめられた煌びやかな衣装が、銀盤を鮮やかに彩ります。

それではお待ちかねの「あさひが丘アイススケート」滑走へ!「行ってきま~す!」

しっかりとした土台で滑りも安定

arekore127_05.jpg

氷上を華麗に滑る近藤に思わず見惚れる取材メンバー♡元フィギュアスケーターに、リンクの滑り心地を聞いてみました!

近藤:「リンクの表面だけじゃなく、中までしっかりと氷が密になっていることで、滑走中にスピードを出したり、ジャンプしたりするときに足に力が入りやすく、踏み込みやすい!リンクが不安定な状態だと、スケート靴のエッジが氷に食い込んで滑りにくくなってしまうんです」。

プロ目線から見ても感動の仕上がり!

固めた氷を割り、より強固なリンクに

arekore127_06.jpg

スケートリンクを運営・管理する代表・木下京司さんに製作の裏側について、お話を伺いました。

木下さん:「リンク全体に手作業で水を撒き、乾かす工程を1週間繰り返し行います。一番のこだわりは"氷を締める"作業。一度固めた氷の表面を砕き、その上から水を撒くことで氷の密度がより強固になり、安定したリンクになるんです」。

今年のリンクは寒波の影響で氷も整いやすく、とても良い状態でお客様を迎えられたのだとか!

昼だけでなくナイトスケートも楽しんで

arekore127_07.jpg

リンクについて語る木下さんと、スケートリンクを大絶賛する近藤。その姿はまるで"選手と監督"です!

「昼と夜で異なるリンクの状態も楽しんでもらえたら」と優しい笑顔で話す木下さん。「あさひが丘アイススケート」では、17:30~19:30までのナイター営業も実施(予約者限定)。日が暮れる頃には色とりどりのイルミネーションがスケートリンクを照らし出し、幻想的な空間へと変化。ロマンチックなムードで滑るアイススケートも素敵ですよね。(取材:壁谷雪乃)

あさひが丘アイススケート

arekore127_08.jpg

場所:愛知県西尾市東幡豆町洲崎山147-2

電話:0563-62-7676(あさひが丘スケートリンク株式会社)

期間:2019年12月7日(土)~2020年2月24日(月)。
※期間中、無休で営業(雨天時は臨時休業の場合あり)

あさひが丘アイススケート料金など

arekore127_09.jpg

滑走料金:大人1,200円、中高生900円、小学生以下700円(それぞれ税込)

貸靴料金:1人1回700円

営業時間:平日12:00~17:00/土日祝日・12月24日(火)~1月6日(月)10:00~17:00(食堂も営業)※17:30~19:30まで予約者限定でナイターも営業。

公式HP:あさひが丘アイススケートホームページ

アクセスマップ

関連記事