micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

愛知県刈谷市最北の町・井ケ谷町が今アツい!?自然の中でリフレッシュ!

刈谷市最北端の町、井ケ谷町。西に豊明市、東に豊田市、北は東郷町とみよし市に隣接していて、刈谷市民でさえも「えっ、あそこって刈谷市内なの?」とびっくりするとかしないとか...。丁番もない小さな町ですが、刈谷市唯一の大学である愛知教育大学があり、国の天然記念物もある、なかなか話題いっぱいのエリアなんです。少し南にある刈谷スマートICが開通したことで、刈谷ハイウェイオアシスから市内各地へのアクセスもぐんと改善されました。

リフレッシュできる場所が多いので、ちょっとしたお出かけにぴったり!今度の休日に訪れてみませんか?

1. 日本三大カキツバタ自生地!「小堤西池」
2. 約2.2kmの「洲原池ウォーキングコース」
3. なんと無料!「洲原公園デイキャンプ」
4. 「小林農園」でぶどう狩りやパターゴルフを
5. 天然だしと自家製麺のラーメン「愛ごや」

日本三大カキツバタ自生地!5月中旬が見頃

arekore250_01.jpg

井ケ谷町内にある小堤西池は、日本三大カキツバタ自生地の一つ。国の天然記念物にも指定されています。5月中旬に花の見頃を迎えるカキツバタは、緑一面の湿地に鮮やかな青紫色の花を咲かせ、思わず見入ってしまうそう。この美しさを守るため、地元の有志による「小堤西池のカキツバタを守る会」が保護活動を行っています。

カキツバタの開花時期はマイカーの乗り入れを規制していますのでご注意を。洲原公園駐車場から歩いていきましょう。

小堤西池
場所:愛知県刈谷市井ケ谷町小堤西1

アクセスマップ

洲原池ウォーキングコースは散歩やランニングに

arekore250_02.jpg

池の多い井ケ谷町ですが、最も大きな洲原池は周囲にウォーキングコースが整備されており、地域住民にとってちょうどよい散歩コースに。撮影に伺った日も老若男女を問わず、ランナーや散歩を楽しむ人が多く見られました。1周は約2.2km。初心者ランナーにとってもちょうどよい距離です。

洲原池がある洲原公園内には、北部生涯学習センターや温水プール、テニスコート、遊具広場などがあり、子どもも大人も体を動かして楽しむことができます。

家族連れに大人気のデイキャンプ場はなんと無料

arekore250_03.jpg

洲原公園内には無料で利用できるデイキャンプ場もあり、土日は家族連れなどで賑わうそう。屋根付きの「かまどA」は洲原ロッジ宿泊者が優先ですが、空いていれば使用OK。他に、最大20人が使える野外卓の「かまどB」、コンロやイスを持ち込んで使用できる「かまどC」があります。リーズナブルにデイキャンプを楽しみたい人におすすめです。予約は洲原温水プール受付(電話または来館)で行っています。

洲原公園
場所:愛知県刈谷市井ケ谷町洲原4-1
デイキャンプ場 紹介Webページ
問合せ:洲原温水プール(電話:0566-36-8122

アクセスマップ

ぶどう園があちこちにある井ケ谷町

arekore250_04.jpg

井ケ谷町は、ぶどう園があちこちにあるのも特徴の一つです。「この辺は、戦後の頃からぶどう園がありました」と教えてくれたのは、小林農園の及川さん。井ケ谷町のぶどう園の歴史がそんなに長いなんてびっくり!それぞれの農園が丁寧に作るぶどうは「おいしい」と評判です。

小林農園はぶどうの生産販売のほか、ぶどう狩りができる観光農園。パターゴルフやBBQもできる施設があるため、老若男女を問わず1日中楽しむことができます。

小林農園でぶどう狩りやパターゴルフを

arekore250_05.jpg

本芝の踏み心地が気持ちいいパターゴルフ場は、時間無制限で遊べます。そのため、朝からパターゴルフで遊んで、ぶどう狩りでのどを潤し、またパターゴルフで遊ぶという過ごし方もOK。周りの樹木はみかんの木で、シーズンになるとみかん狩りもできます。「パターゴルフをしながらみかん狩りができるコースもあります」と及川さんはにっこり。家族はもちろん、大学生グループや会社のレクリエーションの場としても利用されているそうです。

小林農園

arekore250_06.jpg

ぶどうやみかん以外にも、さまざまな植物がみられる小林農園。丹精込めて作った巨峰のワインや、自家製ジャムもおみやげにどうぞ。

場所:愛知県刈谷市井ケ谷町石根1-45
駐車場:あり(80台)
営業時間:9:00〜17:00(予約時のみ20:30)、バーベキュー 昼/10:00〜15:00 夜/17:00〜20:30)
電話:0566-35-2317
休み:8月〜9月は無休/10月〜7月は水曜休/11月〜2月は水曜、第2・4火曜休
小林農園 公式HP

アクセスマップ

バラエティ豊かなラーメン屋が多い町!?

arekore250_07.jpg
「愛ごや」の「塩そば」(850円・税込)

井ケ谷町を車で走っていると、ラーメン屋さんが多いことに気づきます。特に県道54号(豊田知立線)は、「ここはラーメン街道!?」と思うほど。大学が近いからでしょうか?ラーメンが名物グルメなのでしょうか?

町内にあるラーメン店の一つ、「愛ごや」の店主・小池さんに話を聞いてみると「特に理由はないと思います(笑)。提供しているラーメンの系統もバラバラですし、お客さんの層はお店によって結構違うんじゃないでしょうか」とのこと。愛ごやでは、天然だしと自家製麺のラーメンを提供しています。

愛ごや

arekore250_08.jpg

ラーメン屋が多いと知ってか知らでか、遠方からラーメン好きな人々が集まるそう。愛ごやではカウンター席のほか、小上がり席もあるので、小さな子ども連れの家族も安心です。ちなみに看板は「小池さんの中華そば食堂」と記されていますので、ご注意を。

場所:愛知県刈谷市井ケ谷町青木31
営業時間:11:00~14:00(13:55ラストオーダー)、18:00~22:00(21:45ラストオーダー)
電話:0566-95-3955
休み:不定休
愛ごや 公式インスタグラム

アクセスマップ

プチお出かけにぴったり!一度は訪れるべし

arekore250_09.jpg

「刈谷市中心部は晴れていても、井ケ谷町は雪が降っている」と言われるほど、ちょっとした旅気分が味わえる井ケ谷町。洲原池に夕陽が映る景色も美しく、リフレッシュにはぴったりの場所です。

今回ご紹介したのは井ケ谷町の魅力のほんの一部。一度も行ったことがないという人は、ぜひ一度訪れて他の魅力も見つけてみてくださいね。(取材:河合春奈/2022年4月取材)

関連記事