micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

近所の秋祭り情報!愛知県西三河ならではの「もち投げ」も!!

10月に入り、秋祭りシーズン到来!この季節は、週末になると各地で秋祭りが行われるなど楽しみがいっぱいですよね!どこからか聞こえてくる太鼓や笛、爆竹の音。でもでも、一体、いつ、どこで、なにが行われているのか、正直あまり公表されていないですよね?!

ということで、今回は、愛知県西三河地域ならではの「もち投げ」など、近所の特色あるお祭り情報を紹介します!

厄年会が家族と一緒にもち投げ

arekore75_01.jpg

刈谷市にある本刈谷神社の例祭で行われるもち投げは、衣浦小学校の運動場で行われます。約5万個ものもちが約15分間で投げられる予定。安全を考え、子どもゾーンと大人ゾーンに区画が分けられます。例年は厄年会のメンバーだけがもちを投げますが、今年ははじめて家族も一緒に投げるそう。子どもたちの姿、見守りたいですね。櫓の上から豪快にもちを投げるのって楽しそうですよね!

お祭りでは、子どもたちの笛太鼓に合わせて山車が地域を回ります。また、神社境内には出店が並んだり、厄年会によるお酒の振る舞いがあったりするなど秋祭りの雰囲気を味わえること間違いなしです。

本刈谷神社例祭

arekore75_02.jpg

場所:愛知県刈谷市天王町4丁目9番地

日時:2018年10月6日(土)10月7日(日)【※雨天決行、荒天中止】

もち投げ:7日(日)午後3時~

※今年の祭りは終了しました。

祭りの最後はもち投げで地域がひとつに

arekore75_03.jpg

安城市和泉八剣神社例大祭は、和泉町内の絆を強める大切な行事。今年は、厄年の「午未会」が中心となり、祭りを盛り上げます。

早朝からの町内の練り歩きからはじまり、最後を締めくくるのがもち投げ。子どもの部と大人の部に分けて行われます。このほか、伝統の神楽を子どもたちが受け継いでいて、町内の上組・下組がそれぞれ奉納。町内13組の子ども神輿が町を練り歩くところも見どころです!

和泉八剣神社例大祭

arekore75_04.jpg

場所:愛知県安城市和泉町宮前1

日時:2018年10月28日(日)

もち投げ:午後3時45分~ 子どもの部 / 午後4時~ 大人の部

※今年の祭りは終了しました。

インパクト大の祭りのあとに、もち投げ!

arekore75_05.jpg

西尾市の高倉神社では、見た目もユニークな天狗祭で、もち投げが行われます。天狗祭は、赤装束に赤面の厄男たちが、天狗の巨大なお面を町内で引きまわす奇祭で、学業成就・夫婦円満・交通安全を祈願します。

こんなユニークなお祭りで行われるもち投げ。なんか、気になりませんか?!

高倉神社天狗祭

arekore75_10.jpg

場所:愛知県西尾市平口町奥川50

日時:2018年10月21日(日)

もち投げ:午後2時~

※今年の祭りは終了しました。

もち投げスポットは他にもたくさん!

arekore75_11.jpg

白山神社 もち投げ

場所:愛知県碧南市久沓町1丁目5

日時:2018年10月14日(日)午後3時~

※厄年の9人が約1万6千個のもちを投げる予定

※今年の祭りは終了しました。

八王子神社 もち投げ

場所:愛知県刈谷市泉田町中西96

日時:2018年10月14日(日)午後4時~ 幼児の部 / 午後4時15分~ 一般の部

※今年の祭りは終了しました。

※このほかにも、この地域では10月中、様々な場所でもち投げが開催されます!

もち投げは、この地域の特徴ある文化

arekore75_08.jpg

最後に、もち投げに関する疑問を専門家に聞いてみました。「この地域は、なぜ、もち投げがすごいの??」愛知の民俗文化について研究している愛知教育大学の野地恒有教授です。

「西三河地域の秋祭りにおける『もち投げ』は、全国的にみてもとても特徴のある文化です。『もち投げ』は全国にみられる文化ですが、この地域では『撒くことで厄を払う』という考え方が定着していて、『もち投げ』に『厄落とし』の要素が入り盛大になっていったのではないかと思います。」

「そもそも、神様に供えたものと同じものを食べるというのが祭りの基本的な部分にあります。特定の氏子で行うのが本来の形でしたが、高度成長期以降、人口が増える中で、神様と同じものを大勢の人が食べられるように『もち』を撒くようになり、それが年々盛大になって、今の形になったのではないかと考えられます。」なお、もちが入った袋に「くじ」が入っているというのは珍しくこの地域の特徴です。伝統文化は、変化に対応しないと滅びてしまう可能性も・・・。みせることで盛り上げて人を呼び地域も盛り上がる。そんな中でもち投げも年々盛大に?!秋祭りにおける厄払いとしてのもち投げは、文化財級の自慢できる文化だと思います!(取材:加藤裕子)

もち投げに参加するときのルール
・車での参拝は控えましょう。(当日は大変な混雑が予想されます。路上駐車は禁止です。公共交通機関を使うなどしてください。)
・地域住民に迷惑をかけないようにしてください。(お祭りは地域住民にとって大切な行事です。怪我や事故に注意し、山車や神輿などの妨げにならないようにしてください。)
※マナーを守って、近所の秋の祭りを楽しみましょう!!

関連記事