micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

一色さかな村・さかな広場でお得に買い物するコツを大公開!2018‐2019

いよいよ年末。「おいしい海の幸を食べて新年を迎えたい!」という人も多いのではないでしょうか?愛知県西尾市にある「一色さかな村・さかな広場」では、いつでも新鮮な魚介類をお得に買うことができますが、この時期になるとさらにお買い得な商品が多くそろうのだとか。

せっかくなら、お得に良いものを買いたい!誰もが思うことですよね。そこで、去年、好評だった「年末のお買い得情報」を今年バージョンに更新。地元の魚屋さんのみぞ知る「さかな村・さかな広場のオトクな話」をご紹介します!

鮮度のいい魚介類がズラリ

arekore36_02.jpg

「一色さかな村」は、30店もの水産問屋が軒を連ねる魚介類の直売所。その日に水揚げされた新鮮な魚ばかりが、超お値打ちに売られているんです。午前5時前になると、軒先や通路にこれでもかというほどに並べられ、威勢のいい掛け声が響き渡ります。お客さんも徐々に訪れ始め、思い思いに見て回っています。

聞くところによると、お客さんは一般の人だけでなく、プロの料理人もいるのだとか。スーパーではめったに見かけないような、珍しい種類の魚介類もたくさんで、目移りしてしまいます!平日は午前5時~8時ごろ、土日はお昼12時ごろまで営業している店舗もあります。

午前6時ごろまでに買い物を終えよう!

arekore36_03.jpg

お店の方によると、お客さんが一番混む時間帯は午前5時半~6時ごろなのだとか。それより前の5時~5時半ごろだと、お客さんが少なく、いろいろなお魚を吟味して選ぶことができますよ。ピークを過ぎた6時半以降になると、魚の種類や数はだいぶ減りますが、そのぶん売れ残った魚はさらに安く買える可能性も!

ちなみに、30日、31日はとにかく混むそう...。カニなどの正月向け商品は冷凍も多いため、29日に来ても同じものが並んでいる可能性大!もっといえば、さらに前、12月末になれば正月向けの商品が並ぶようになるそうなので、同じような商品を空いているうちに購入することが可能かも!?

スーパーで買うより安い!そして新鮮!

arekore36_04.jpg

魚介類だけでなく、お惣菜、お寿司なども豊富。品ぞろえは時期やその日の漁によって変わるのだそうです。気になった商品が、次回も必ずあるとは限らないので、気になったものはすぐゲットしましょう!

ざっと平均してもスーパーで買う値段の半額~8割くらいの値段で買えるのではないでしょうか。売り始めから6時半ごろまでは、魚一匹丸ごとでの販売が多く見られますが、7時過ぎになると大きな魚はさばいて売られ始めるところもあります。

魚のさばき方、調理方法などを聞ける!

arekore36_05.jpg

お店の方に聞けば、オススメの食べ方や魚のさばき方、保存の仕方なども教えてもらえます。これは、魚屋さんの裏技なんですが、煮魚をつくる場合は、冷凍した魚を使っても味はほとんど変わらないそう。煮魚なら、解凍しなくても、そのまま煮てしまえば時短でおいしくできるそうです。

あと、冷凍のカニを購入するときは、ぜひ賞味期限をチェックしてとのこと。価格の差は、賞味期限が影響しているそうで、味は結構変わってくるそう。やはり、少し高くなりますが、新しいもののほうが断然おいしい。1年違うと味も大きく変わるそうです。

魚屋さんを直撃!お買い得な海の幸は?

arekore36_06.jpg

年末年始に食べたい海の幸といえば、カニやエビなどの高級食材。もちろんこれらの食材もお値打ちに買うことができますが、年末はやはり地魚がお得!?本当にお買い得なのはアマダイ・セイゴ・カワハギ・アンコウなどの「地元で獲れる魚」なのだとか。例えばアンコウはお刺身で食べても良いくらい新鮮なもの。鍋にしてみんなで楽しむのもオススメ。

また、値切り交渉も新鮮なものをお値打ちに買える市場ならではのやりとり!いくつかまとめて同じお店で買ったり、会話がはずんだりすると値引きや1匹サービスなどのお得な特典があることも。ぜひ試してみてください!ちなみに、地魚は30日後半~31日がかなりお得になるそうです。

「朝市」では朝定食もいただける

arekore36_07.jpg

持ち帰るだけではなく、その場で鮮魚を堪能できるのも「一色さかな村」の魅力のひとつ。駐車場を挟んで同じ敷地内にある「朝市」の「兼さん食堂」では、新鮮なお刺身と煮魚or焼魚、小鉢2品、ご飯、みそ汁がセットになった、お得な朝定食がいただけます!こちら、なんと驚きのワンコイン。500円なんです!

鮮度抜群のお刺身は身が引き締まっていておいしく、厚めのサイズがなんとも贅沢です。煮付けのお魚はやさしい味わい。箸を入れるとほろほろと柔らかく、ふっくらしています。朝定食は午前6時~9時の限定、内容は仕入れによって変わります。

遅くに来ても大丈夫!「一色さかな広場」

arekore36_08.jpg

「朝、早く来られなかった...」。そんなアナタもご安心ください。朝市の隣にある「一色さかな広場」でも、新鮮でおいしい魚介類がたくさん買えるんです!気軽に試食ができるのも魅力!

年末にかけて商品が充実していくのだそうで、29日~31日は駐車場が埋まるほど人が多いとのこと。夕方4時過ぎになると人は減るそうですが、商品も減るとのことで...。最も混むのは31日。31日の夕方は残っている商品がかなり値引きされるそうです。ちなみに、クリスマスイブ24日は毎年、空いているという情報も!既に年末商品は並んでいるのでこの辺りで買い物にいくのも良いかもしれません!

お買い得情報2018-2019。まとめ

arekore36_11.jpg

安く買いたい派、人混みを避けたい派、良いものを買いたい派などそれぞれだと思いますので最後に簡単にまとめました!

安く買いたい場合は、『朝6時半以降に行くのがおすすめ。7時過ぎには大きな魚が切り身にして販売される』。『地魚に関しては、30日の後半から31日が狙い目』。人混みを避けたい人は、『29日、それ以前がおすすめ』。『時間帯は早朝5時~5時半』。良いものを買いたい場合は、『午前5時頃に行くのがベスト』。『狙いの魚は、アンコウ、車エビ、フグなど地魚』。

続いて、「さかな広場」。おすすめの時間帯は、『16時以降』。空いている日にちは『24日~27日辺り』となります。

三河一色さかな村(一色魚直売所小売組合)

arekore36_09.jpg

場所:愛知県西尾市一色町小薮船江東180

電話:090-3830-5152

営業時間:5:00~8:00頃(※土曜、日曜は昼まで営業する店舗もあり)

定休日:月曜・水曜(※天候不良や出漁状況により休みになる場合もあり。)※最新の出漁状況は、一色さかな村・深谷水産さんのホームページで確認できます。深谷水産ホームページ
※年末、12月26日(水)は休み。年始、1日(火)~7日(月)まで休み

一色さかな広場

arekore36_10.jpg

場所:愛知県西尾市一色町小藪船江東176

電話:0563-72-3700

営業時間:9:00~17:00

定休日:水曜
※年末、12月26日(水)は営業。年始、1日(火)~3日(木)まで休み

関連記事