micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

愛知県西三河の穴場的いちご狩りスポット4選!2020年最新版

甘酸っぱい味と真っ赤な実で大人気のいちご。そんなおいしいいちごを、寒い冬でもあたたかいハウスの中で楽しめちゃうのが「いちご狩り」ですよね!

今回は、愛知県西三河エリアで楽しめるいちご狩りスポットを4か所一挙に紹介!「どこに行っても同じなんじゃないの?」「春休みに行きたいんだけど、間に合うかな?」そんなあなたは必見。食べられる品種や育て方のこだわりといったスポットごとのポイントをしっかり取材!気になる料金、期間やアクセス方法などもお伝えします。

子どもも利用しやすい「らんらんいちご園」

arekore92_01.jpg

まずは、西尾市の「らんらんいちご園」。榊原敏光さん、聡子さん夫妻は、蘭の栽培施設をDIYしていちごの栽培を始めたんだとか。ハウス内は段差が少なくベビーカーや車いすでも利用しやすい広さです!

3つあるハウスは全てしゃがまずに食べられる「高地点滴栽培」!中でも取材したハウスは上下2段で、子どもも採りやすい造りです。いちご狩りはレーン毎に1日1組限定。1日に何組も同じ場所で食べたら苺がなくなっちゃう...という心配もありません!

3種類を食べ比べ!味や香りに違いは...?

arekore92_02.jpg

品種は、「章姫(左)」「紅ほっぺ(中)」「かおり野(右)」の3つ。筆のような形の「章姫」は甘くて癖がなく親しみやすい味。「紅ほっぺ」は逆三角形で糖度が高くてフルーティー。「かおり野」は少し四角く朱色に近い色で、すっきりした甘味。栽培するために権利が必要で、西三河エリアで食べられるのはここだけ!

1度のいちご狩りで少なくても2品種、運が良ければ3品種楽しむことができます。癖の少ない「章姫」から味わって食べ比べるのがオーナーのおすすめです!

楽しいイベントも盛りだくさん

arekore92_03.jpg

キャンドルが灯るハウスで楽しめる、カップル限定の「夜いちご」にも注目!2020年は2月の土曜日に4回開催予定です。 いちごの甘いアロマとJAZZYな音楽で、ロマンチックな雰囲気に浸ってみては?

他にもいちご狩りのイラストや写真を募って行う「絵-1グランプリ」や「写-1グランプリ」などユニークなイベントがたくさん。グランプリに選ばれると、シーズンパスポートや自家製マンゴーなど豪華景品がもらえるビッグチャンス!応募方法は、らんらんいちご園公式Webサイトから。

らんらんいちご園

arekore92_04.jpg

シーズン:5月末まで(予定)
場所:愛知県西尾市市子町平加43
電話:0563-56-8200(9:00~15:00)
営業時間:いちご狩り 10:00~15:00(受付 14:00まで)
定休日:金曜日
料金:大人(中学生以上)1900円 / 小学生・70歳以上 1600円 / 3歳以上~小学生未満1200円(※4月5日までの料金)
制限時間:約60分
らんらんいちご園公式Webサイト

アクセスマップ

アクセス抜群!「苺香」

arekore92_05.jpg

次に紹介するスポットは知立市にある「苺香」。伊勢湾岸自動車道のすぐ近くに位置するスポットです。オーナーの近藤喜代治さんは21年間農協に努めていた農業のプロ。自身もいちご狩りが大好きという、いちご狩りマスターでもあるんですよ!

元々、茶畑だったという立地は、ハウスから南側に向かって土地が低くなっているため、日光を遮るものが無くいちごの栽培にぴったり。良好な日当たりで甘くおいしいいちごが実る農園です。食べやすい「高設栽培」で通路や天井も高く開放感のあるハウスには、休憩スペースも完備。

みんなで楽しめるバランスのとれた「章姫」

arekore92_06.jpg

取り扱っている品種は「章姫」。おいしい実の見分け方も聞いてみました。「ヘタの根本まで赤く色づいている実が甘く熟している証。個性ある形の実もおいしいので食べてみてください」。

「苺香」は無料でもらえる練乳の他に持ち込みも自由!暖かい季節は、氷水を持って苺を冷やしながら食べるのがおススメ!

おみやげにぴったりのスイーツも

arekore43_06.jpg

近藤さん一押しの持ち込みトッピングは...バニラアイス!甘さも冷たさも兼ね備えていていちご狩りにピッタリとのこと。「苺香」でいちご狩りをするなら絶対持っていきたいアイテムです。

直売所では、朝摘み完熟いちごや、大人気の白あんの入った「いちか大福」と「いちご餅」も販売しています。お買い物だけでもOKなので、気軽に立ち寄ってみては?

いちご狩り農園 苺香(ICHIKA)

arekore92_07.jpg

シーズン:5月下旬まで(予定)
場所:愛知県知立市八橋町山田谷8-55
電話:0566-78-7715
営業時間:9:00~17:00(受付 15:30まで)
定休日:火曜日
料金:大人(中学生以上)2000円 / 小学生 1700円 / 3歳以上~小学生未満 1300円(※4月6日までの料金)
制限時間:60分
いちご狩り農園 苺香(ICHIKA)公式Webサイト

アクセスマップ

最先端の技術のおいしさ!「キングファーム」

arekore92_08.jpg

つやつやで大きないちごがおいしいと評判の「King Farm(キングファーム)」。おいしさの秘密は、酵素を使った特別な栽培方法。土壌内の微生物の力を借りて「紅ほっぺ」や「とちおとめ」などの品種を栽培しています。トッピングは練乳など6種類が、なんと無料です!

温度・湿度や二酸化炭素・光の量などを管理する統合環境制御システムを導入。最新鋭の技術で育てられたいちごの味、気になりませんか?

モンドセレクション金賞のバウムクーヘンも!

arekore84_02.jpg

さらに、直売所では採れたて新鮮トマトやいちごの販売も。隣接の「King Farm Cafe」では農園直営カフェならではのメニューや手作りのこだわりバウムクーヘンも楽しめますよ!中でも、バウムクーヘン「拘(こだわり)プレーン」、「いちご」、「抹茶」、そして日本酒を使った「徳川家康」の4種類は、モンドセレクション2019の金賞を受賞した逸品!

ご当地ブランドの卵「ランニングエッグ」や高品質の西尾の抹茶、自社栽培のいちごなどを使っています。

king Farm

arekore92_09.jpg

シーズン:5月末まで(予定)
場所:愛知県西尾市西浅井町坂下6-1
電話:070-5649-2578(9:00~17:00)
営業時間:10:00~16:00
定休日:水曜日
料金:大人(中学生以上)2000円 / 小学4年生~6年生 1700円 / 3歳~小学3年生・シルバー(70歳以上)・車いす利用の方 1400円 (※3月末までの料金)
制限時間:60分
King Farm公式Webサイト

アクセスマップ

手作り看板が目印!「フルーツガーデン髙松」

arekore92_10.jpg

碧南市にある「フルーツガーデン髙松」は、甘いと評判のいちご狩りスポットです。オーナーの髙松美智則さんは、愛知県農業試験場の職員だった農業のスペシャリスト!いちごの甘味を引き出すために、ハウスの温度を昼は約27℃、夜は約7℃に設定して温度管理をしているそう。

取り扱っている品種はコクのある「紅ほっぺ」と甘さが引き立つ「章姫」の2種類。いちごは夜のあいだに甘くなるから、時間は朝イチがおすすめとのこと。ハウスの奥の方においしいいちごが残っている可能性が高いので、奥の方から探していきましょう!(取材:堀絢恵・鶴見弥耶)

フルーツガーデン髙松で教わった「おいしいいちごの見分け方」や「いちご狩りで得する方法」など、得する裏ワザは...愛知県西三河のいちご狩り穴場スポット&得する裏ワザを紹介!

フルーツガーデン髙松

arekore92_11.jpg

シーズン:5月中旬まで(予定)
場所:中田町ハウス:愛知県碧南市中田町1-59 / 川口町ハウス:碧南市川口町6-137 / 潮見町ハウス:碧南市潮見町1-59
電話:090-7043-5837
営業時間:9:30~13:00
定休日:無休
料金:大人(中学生以上)1800円 / 小学生・80歳以上 1500円 / 3歳~小学生未満 500円(※3月末までの料金)
制限時間:(平日)60分(土日祝)45分
フルーツガーデン髙松公式Webサイト

アクセスマップ・中田町ハウス

関連記事