micro_ichiranyou_dai2.jpg
特集

Vol.54「緊急事態宣言解除から2か月。刈谷駅前飲食店のいま」シリーズ コロナ禍をこの地域で生きる

2021年秋の緊急事態宣言解除後、愛知県では10月18日に飲食店への時短要請が解除、そして11月22日からは、マスク会食など感染症対策の徹底を求めた上で、1つのテーブルあたり4人までという人数制限がなくなる形となりました。それからおよそ2か月、飲食店では客足は戻りつつあるという見方の一方で、忘年会の予約状況を不安視する声もあります。この地域の飲食店の現状はどうなっているのか、週末の愛知県・刈谷駅前の飲食店を覗いてみました。

【近所のはなし関連記事】
<2021年2月取材>「刈谷駅周辺の飲食店のいま。手を取り合って未来を目指す」
<2022年4月~5月取材>「みんなで前を向き、歩み続ける。刈谷駅前商店街」

緊急事態宣言が解除された街は

feature56_01.jpg

新型コロナ拡大前は週末になると多くの人たちが行き交う刈谷駅前。1年以上、閑散としていたこのエリアですが、緊急事態宣言解除後少しずつ客足が戻りつつあります。 刈谷市桜町にある立ち飲みの「しごろく屋」では、会社の同僚と集まる人たちが多くいました。

「社会人2年目で、入社時には新型コロナの感染が拡大していたので、きょうはじめて会社の先輩と飲みに来ました」という人もいれば、「飲み歩くのが好きだったので、それができなくなり寂しかったです。それでも私は医療機関で働いているので、コロナの怖さを実感した1年でもありました」と感じている人もいました。

あらためて感じる日常のありがたさ

feature56_02.jpg

緩和により少しずつ客足が戻りつつある刈谷駅前の飲食店では、多くの人たちが、あらためて日常のありがたさを感じています。

8年ぶりに同期入社の仲間と集まったという人たちは、「誰とも会わない生活にも慣れましたが、やはりこうやって仲間と一緒に楽しく話したり、飲んだりっていうのは、やっぱり大事なのかなと。久しぶりの飲み会を通じて感じました。やっぱりつながりって大切だと思います」と話してくれました。

feature56_03.jpg

また、飲食店の経営者にとってもコロナ禍は様々なことを考える期間になったといいます。

しごろく屋の店主・鈴木博道さんに、現在の状況と、どんな1年だったか話を伺うと、「平日に比べれば週末は忙しいです。とはいえこの1年の売り上げは過去最低ですね。この経験をプラスに捉えるなら、飲食店のあるべき姿をもう一度考え直す時期だったのかなと思います。今後も頑張っていこうと思える1年でしたね 」と語ってくれました。

いまだ苦しい状況が続く店も...

feature56_04.jpg

少しずつ客足が戻りつつある一方で、いまだ苦しい状況が続いている駅前の店も多くあります。

刈谷駅前にあるトキワ薬局の店主、中本市朗さんに話を伺うと、「駅前を人が通らないため、お客さん自体も少ないです。以前は飲み会に行く前にお客さんがふらっと立ち寄り、酔い止めなどを買ってくれていたのですが、街に賑わいが戻るのはまだまだかと思います」と苦しい状況を話します。

feature56_05.jpg

さらに、スナックやラウンジなどのお店も苦境に立たされています。刈谷市桜町で26年続く「スナック千恵」は多くの常連客が通うスナックです。しかし、時短要請解除後も、週に数名のお客さんしか来ない状況が続いているといいます。

スナック千恵の千恵子ママは、「週末でもお客さんが居酒屋からそのまま帰宅してしまい、二次会などで来てくれることがないので、やはり客足が少ないです。それでも、いろんなものを守らなければならないので...。お店にお客さんが戻ってきてもらえると嬉しいです」と話します。

それでも、時短要請解除後、客足が戻らないまま県の感染防止対策協力金の給付はなくなりました。

客足が戻ってほしいと願いを込めて

feature56_06.jpg

そんななか、スナック千恵の近くにあるラウンジ・マロニエでは、開店から8周年を迎えた周年イベントを開いていました。

マロニエの好美ママに話を伺うと、「本当はコロナ禍なので、イベントをやめようかとも思っていました。でも少しでもお客さんが来てくれればと思って8周年記念をやることにしました。今年は本当に辛かったですが、従業員が辞めずに続けてくれたのが救いです。店を開けていればふらっと立ち寄ってくれるお客さんもいるので、そういう人が来てくれればと思って店を開けています」と前向きに話してくれました。

年の瀬に刈谷駅前の人々が思うこと

feature56_07.jpg

いまだ期待と不安が入り交じる刈谷駅前の人たち。それでも刈谷駅前のこれからについて、しごろく屋の店主・鈴木さんは「平日から週末まで人であふれていた駅前だったので、まだまだ寂しい感じですが、地道にやっていれば徐々に戻ってきてくれると信じています」と話します。

そして、スナック千恵の千恵子ママは「私は刈谷駅前を愛しています。だからこそ、コロナに負けず、まだまだやりたいです」と、この先の意気込みを語ってくれました。2021年も残すところあと1カ月。飲食店の闘いは続きます。(取材・撮影:上西将寛/文:石川玲子/2021年11月取材)

トキワ薬局

feature56_09.jpg

場所:愛知県刈谷市桜町1-43
電話:0566-21-1677
営業時間:8:00~20:00
定休日:日曜日・祝日

スナック千恵

feature56_10.jpg

場所:愛知県刈谷市桜町2-54
電話:0566-28-4445
定休日:日・月曜日

ラウンジ マロニエ

feature56_11.jpg

場所:愛知県刈谷市桜町2-38
電話:0566-22-1019
定休日:日曜日

「シリーズ・コロナ禍をこの地域で生きる」は、キャッチの番組でも放送中!

feature01_06.jpg

番組名:特集「地域の今」

地域で今起きていること、取り組み、人々の姿を深掘り。「シリーズ コロナ禍をこの地域で生きる」では、医療・教育・企業などに従事するこの地域の人々の声から、コロナ禍の時代をどう生きるのか、そのヒントを探ります。

詳しくは、KATCH番組紹介ページ・特集「地域の今」をご覧ください。

関連記事