お知らせ

2021年6月11日

第103回全国高等学校野球選手権愛知大会 生中継のお知らせ

キャッチネットワークでは、「第103回全国高等学校野球選手権愛知大会」を、地上デジタル12チャンネル(メイン・サブ)、地上デジタル11チャンネルで刈谷球場・豊田球場・岡崎市民球場の3球場を中心に生中継!地上デジタル11サブチャンネルでは、県内の球場で行われる注目の試合を生中継でお届けします。



「第103回全国高等学校野球選手権愛知大会」放送チャンネルと放送球場

地上デジタル12チャンネル(121ch) 【刈谷球場】全試合 生中継 ※1 (制作:キャッチネットワーク)
地上デジタル12サブチャンネル(122ch) 【豊田球場】全試合 生中継 ※1(制作:ひまわりネットワーク)
地上デジタル11チャンネル(111ch) 【岡崎市民球場】一部試合を除く 生中継 ※1(制作:ミクスネットワーク)
地上デジタル11サブチャンネル(112ch) 【県内の球場】注目の試合 生中継 ※1


※1 各球場で試合が行われない日は、県内の球場で行われる注目の試合を生中継でお伝えします。


なお、放送日程等は第103回全国高等学校野球選手権愛知大会応援Webサイト「CATVase.jp(かっとばせ.jp)」でご確認いただけます。

CATVase.jp(かっとばせ.jp)




また、キャッチネットワークを含む、県内14局のケーブルテレビ局で放送する「第103回全国高等学校野球選手権愛知大会」の番組テーマソングに、名古屋市を拠点に活動する4ピースバンドpostmanの「ダイヤモンド」を起用することといたしました。


postmanプロフィール

地元の少年野球チームで結成された4ピースバンド。
名古屋市を拠点とし、「届ける」をコンセプトに活動中です。
Vocal & Guitarの寺本颯輝が奏でるキャッチーなメロディと特徴的な歌声から創造される世界観を武器に、同年代を中心に厚い支持を集めています。
2019年6月に発売した会場限定CD「迷信.ep」に収録されている「揺らめきと閃き」のミュージックビデオがYouTubeを通して海外でも高く評価を受ける、名古屋の音楽シーンを牽引するバンドです。

postmanからのコメント

今回のテーマソング起用に際し、メンバー4名から以下のコメントをいただきました。


<寺本颯輝さん(Vocal & Guitar)>

少年野球チームで結成したpostmanにとって遂に来たという運命的な依頼であり、気合いと想いを十二分に込め非常に前のめりな姿勢で書き下ろした瑞々しい一曲が出来上がりました。 こんなご時世ではありますがこの「ダイヤモンド」が沢山の高校球児、ひいては何かを成し遂げる為奮闘する皆様のエネルギーになれればなと思います。
奇跡みたいで奇跡じゃない。



<兼本恵太朗(Guitar)>

幼い頃から野球をしていたということもあり今回のお話を頂いて嬉しい限りです。世の中のこの状況は僕らにとっても学生の皆さんにとっても芳しくはないと思います。現状にも未来にも不安になってしまう日々ですが、僕らの「ダイヤモンド」が皆さんのこれからの人生に少しの花を添えることができれば幸いです。



<岩崎圭汰(Bass)>

一人一人の心の中に輝くものがある。歩んできた道は間違いじゃない。そう思わせてくれたこの曲は、postman史上最も純粋な物に仕上がりました。悩みながらも前に進むあなたに届いてほしいです。


<いわたんばりん(Drum)>

どんなに今が上手くいかなくても、向かっているのは未来です。今が未来を作るとしたら、こんな状況でも足掻いている人間が報われない筈がない。そう信じてまたもやぼくらは希望の歌を作ってしまいました。ダサくてみっともないかもしれないけれど、美しくて誇り高い。そんなぼくらの魂が、この曲を通じて誰かに寄り添うことを願っています。