お知らせ

2021年6月25日

電話リレーサービス料のご負担について

平素はキャッチネットワークをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

このたび、「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」の施行により、2021年7月1日から電話リレーサービスの公共インフラ化が開始されることに伴い、電話サービス、ケーブルスマホをご利用のお客さまに対し、2021年7月利用分より「電話リレーサービス料」のご負担をお願いすることとなりましたのでお知らせいたします。



電話リレーサービス料(2021年度分) 1電話番号あたり 1.1円(税込)※2021年7月ご利用分から2022年1月ご利用分まで
1電話番号あたり 0円 ※2022年2月・3月ご利用分



電話リレーサービスは、聴覚や発話に困難のある方(以下「聴覚障害者等」といいます。)と聴覚障害者等以外の方との会話を、通訳オペレータが手話・文字と音声とを通訳することにより、24時間365日、電話で双方向につなぐサービスです。公共インフラとしての電話リレーサービスの提供を確保するために必要な費用を電話会社全体で応分に負担する仕組みとなっています。

当社では、電話リレーサービスの目的や趣旨に鑑み、電話サービス、ケーブルスマホをご利用いただいているお客さまに対して、ご利用の電話番号数(020からはじまる番号は除く)に応じて2021年7月ご利用分から「電話リレーサービス料」として、請求させていただきます。
電話リレーサービス制度へのご理解とご協力をお願い申し上げます。


詳しくは総務省ホームページにてご確認ください。

総務省ホームページ「電話リレーサービス」