micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

【近所のクイズ】西尾市巨海町・刈谷市半城土町・安城市柿碕町・知立市牛田町。何と読む?

西尾市巨海町、刈谷市半城土町、安城市柿碕町、知立市牛田町。町名、全部読めますか?

近所のクイズ第2弾

arekore130_01.jpg

こんにちは。近所のはなしインテリジェンス担当の鶴見です。真面目で調べものが大得意。お恐れながら2カ月ぶりにまた登場してしまいました(第1弾は「【近所のクイズ】愛知県西三河の6市で、一番短い町名を答えよ。」)。キャッチネットワークは、このような記事を再び書けてしまう、元気で明るい会社です。

閑話休題!今回は身近なようで、知らないとトコトン知らない「町名の読み方」をクイズにしました。それだけです!始めます!

西尾市巨海町、何と読む?

arekore144_01.jpg

まずはこちら、「西尾市巨海町」。この町には、令和2年3月1日現在、1,806人が住んでいます。

寺津町や、大仏様で有名な刈宿町などを含めたこの辺りの地区は「寺津地区」と称されるエリア。西尾市立寺津小学校・中学校があるのもこの町です。

きょかいじゃなくて...

arekore144_02.jpg

本題に戻りまして、正解は「こみちょう」。広辞苑をひくと、「こかい」と読み「大海」を示す熟語として出てきました。

巨大な海、巨海...お魚食べたいなぁ...と思ったあなた。ここ巨海町には、2021年に40年を迎える「巨海寿し」さんがありますよ~。以前おじゃましたときの記事はこちらから。

刈谷市半城土町、何と読む?

arekore144_03.jpg

続いては「刈谷市半城土町」。きれいな空に魅了され、どこなのか伝わらない写真になってしまいました。けど、地元民なら分かっちゃいますよね!最近きれいになりましたよね~(笑)。

かくいう私、鶴見も刈谷市民。「半城土町」は市内循環バスの中で耳慣れてしまった地名でもあります。が、とあるインターネットサイトで難読地名として紹介されているのを発見し、出題することにしました。さて、正解は...

北・西・中に仲間がいます

arekore144_11.jpg

正解は「はじょうどちょう」です。近隣には「半城土北町」「半城土西町」「半城土中町」があり、まさに半城土ブラザーズ(?)

このエリアの施設を挙げると、クリーンセンターの余熱を利用したプール施設「ウォーターパレスKC」(半城土北町)、愛知万博で飾られたメープルの木のモニュメントがそびえる「ミササガパーク(猿渡公園)」(半城土西町)など。刈谷市外に住んでいる方も、知らず知らず訪れたことがあるのでは?

安城市柿碕町、何と読む?

arekore144_05.jpg

第3問は「安城市柿碕町」です。崎でも埼でもなく、なんです。この字、ここでしか見たことがないです...。

ここ柿碕町には、安城市立志貴小学校があります(ちなみに、その隣・志貴保育園の所在地は尾崎町)。また、安城市と岡崎市の市境となっている町でもあります。

イノシシの背ってどんな場所?

arekore144_06.jpg

正解は、かきさきちょう。「最初の印象通りだった!」という方も多いのでは?

ところで、今地図を目の前に広げているんですが...柿碕町の中にある地名も、気になるものばかり。読み方は分からないのですが、「猪ノ背」「仏供田」「和志取」など...分かった方、どうか教えてくださいませ

知立市牛田町、何と読む?

arekore144_07.jpg

ラストは「知立市牛田町」です。町を代表して公民館を撮影しました。コイン精米機が良い味を出しています。

いわずと知れた衣浦豊田道路の「牛田料金所」がある町です。あ!名鉄名古屋本線の「牛田駅」があるところね!と思ったあなた、...惜しい!牛田駅があるのは牛田町ではないんです。

簡単すぎるよ!と思ったあなた、ファイナルアンサー?知立市牛田町の読み方は...

めくるめく牛田ワールド

arekore144_08.jpg

うしたちょうです。「ちょっと待って、さっき牛田町にあると言った牛田料金所ってうしだ料金所でしょう?」そこにも衝撃の事実が。実は、うした料金所と読むんです。

勘のいい方はお気づきでしょうか、牛田駅はうしだ駅。所在地の知立市牛田も同じく「うしだ」と読むんです。さらに、牛田にある牛田郵便局はうしだ郵便局と読むようです。

言い尽くせない牛田の謎

arekore144_09.jpg

知立市牛田町はうしたちょう、知立市牛田はうしだ、でした。なお、地域の人はひっくるめて「うしだ」と呼ぶことが多いようです。

ちなみに、知立市牛田(うしだ)にある牛田(うしだ)駅すぐそばの交差点「牛田」には、Ushitaとの表記が。超至近距離のため「うしだ」かと踏んでいたので、衝撃でした...。

地名から、地元を再発見。

arekore144_10.jpg

以上、このエリアの難読町名特集でした。「自慢のあの町が出てこなかった...」と感じたあなた、ごめんなさい。以下リクエストフォームからぜひ教えてください!

そして...おなじみの「知立(ちりゅう)市」「碧南(へきなん)市」も、実は難読と思われている地名のひとつなんですよ。これぞ灯台下暗し。当たり前だと思っていた地元のあれこれを、この機会に見直してみてくださいね!(取材:鶴見弥耶)

リクエスト募集中!

gourmet82_10.jpg

「近所のはなし」で、一緒にこのエリアの「知りたい!」「調べたい!」を叶えませんか?

公式SNSや、リクエストフォームから、どしどしお寄せください!

Facebook

Twitter(@kinjyonohanashi)

Instagram(@kinjo_hanashi)

関連記事