micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

もちもち食感に感動!話題沸騰の「酵素玄米Labo」の炊飯器で酵素玄米を楽しむ

みなさんは、「酵素玄米」をご存知ですか?玄米と聞くと、栄養満点で体には良いけれど固くてパサパサしているイメージがありますが、実はもちもちとした食感でおいしいんです!そんな酵素玄米を、手軽で簡単に楽しめる炊飯器が、愛知県西尾市で誕生しました。

手間をかけずにふっくらもっちり食感の酵素玄米を炊飯できる、その名も「Labo炊飯器」。女優・吉瀬美智子さんらも愛用され、一部では芸能人御用達炊飯器とも呼ばれているんだとか!? 開発したのはどんな人?酵素玄米の魅力って?気になるあれこれを取材してきました。

そもそも「酵素玄米」とは?

arekore172_01.jpg

「酵素玄米」とは玄米に小豆と塩を加えて高圧力で炊き上げ、保温しながら2~3日熟成させた玄米ごはんのこと。玄米をじっくりと熟成させることで表皮が柔らかくなり、消化吸収が良くなって、もちもちとした食感を楽しめるようになるのだとか!

食感だけでなく、美味しさがアップすることも魅力のひとつ。熟成させることで玄米や小豆本来の甘さが増し、より旨味を感じられる味わいに変化するのです。栄養が豊富に含まれているのも嬉しいですよね。

酵素玄米の美味しさに感動し、開発へ

arekore172_02.jpg

そんな酵素玄米が手軽に作れる「Labo炊飯器」を生み出したのが「酵素玄米Labo」代表の畔柳幹也さんと酵素玄米研究家の吉田美香子さん。吉田さんは、以前勤めていた会社で酵素玄米の存在を知り、その美味しさにビックリしたのだとか!

吉田さんが食べたのは"長岡式"と呼ばれる製法の酵素玄米。玄米に小豆と塩を加えて専用の圧力鍋で炊き上げ、3~10日ほど熟成させる酵素玄米の製法の基礎と呼ばれるもの。数日間熟成させることで、まろやかな味わいと、やわらかな食感が叶うそうです。

2人で挑んだ炊飯器開発への道

arekore172_03.jpg

「こんな美味しい長岡式酵素玄米を、短時間で美味しくでき上がる炊飯器があったらどんなに良いだろう!」と瞳を輝かせながら話す吉田さん。当時勤めていた会社で酵素玄米部門を立ち上げて軌道に乗りはじめたある日、専用の炊飯器製造販売を思いついたそうです。

数ある家電メーカーに依頼する中で出会ったのが、畔柳さんです。自身が考案した炊飯器の開発アイデアを猛アピール!そして2009年に世界で初めての酵素玄米専用炊飯器「酵素玄米Pro」を完成させました。

パワーアップした2機種目を開発

arekore172_04.jpg

畔柳さんと吉田さんは、開発当初から目指していた美味しさにさらに近づけたいと、2機種目の開発にも着手。畔柳さんは「お米を研いで、すぐに炊飯しても柔らかい食感を実現させることに、とても苦労しました」と話します。

火加減や圧力などさまざまな条件を組み合わせるため試行錯誤し、2012年には2機種目となる「酵素玄米Pro2」を開発。1機種目よりもさらに深い味わいの酵素玄米が楽しめるようになったのです!

"手軽に美味しく"を追求したLabo炊飯器

arekore172_05.jpg

その後、理想のモノづくりとサービスが追求できる環境を求めお互いに独立し、2016年に「酵素玄米Labo株式会社」を設立。新しい技術を独自で開発し、特許も取得!2年後には現在販売中の酵素玄米炊飯器「Labo炊飯器」が誕生したのです。

「Labo炊飯器」は、お米を研いですぐに炊くことができ、保存期間も長いのが特徴。従来はご飯を炊くまでに玄米を水に浸したり、炊けたあとも寝かしたり、数日間の作業が必要だったところ、65分という短時間で完成!

甘酒やヨーグルトなどさまざまな調理が可能に

arekore172_06.jpg

「Labo炊飯器」は、酵素玄米のみならず、甘酒やヨーグルトなどの発酵食や低温調理が可能になりました。また、非IHにすることで、電磁波に敏感な方でも安心して使っていただけるように配慮したそうです。

そんな「Labo炊飯器」は2020年7月から東京都世田谷区にあるおしゃれなライフスタイルショップ「二子玉川 蔦屋家電」でも販売するように。「こんな素晴らしい場所で展開できたら...とずっと思っていたんです!」と念願の夢が叶い嬉しそうな吉田さん!

体を整えるメニューが揃うカフェをオープン

arekore172_07.jpg

酵素玄米Laboの炊飯器を使ったお客様からは、体の調子が改善したという嬉しい声も。「私たちがつくり上げた製品が、誰かの食生活を豊かにしていると思うと、とても幸せです」。

さらにお2人は、西尾市の寺部海岸沿いに酵素玄米専門のカフェ「酵素玄米Laboカフェ」もオープン。「Labo炊飯器」でつくった酵素玄米ごはんと無農薬の野菜をメインにした食事など、体に優しいメニューが揃います。

Labo炊飯器で酵素玄米を気軽に楽しんで!

arekore172_08.jpg

酵素玄米炊飯器の開発に身を砕いたお2人の"まごころ"が詰まった「Labo炊飯器」。 酵素玄米Labo公式オンラインショップで購入できます。「酵素玄米自体に美味しさと栄養がたっぷりと詰まっているので、お味噌汁とお漬物、納豆や卵かけご飯などシンプルな食事でも満足感が。手軽に酵素玄米を楽しんでほしいです」と吉田さん。みなさんも、日々の食事に酵素玄米を取り入れてみてはいかがでしょう。(取材:壁谷雪乃)

Labo炊飯器

arekore172_09.jpg

Labo炊飯器:74,800円(税込)
酵素玄米Labo スタートセット(写真全て):80,850円(税込)
Labo炊飯器のほか、洗米用ボウルやザル、自然栽培玄米、にじいろ酵素玄米ミックスなど酵素玄米を初めて楽しむ人におすすめのセットです。

酵素玄米Labo

arekore172_10.jpg

場所:愛知県西尾市寺部町下宇頭285
電話:0563-62-2606
営業時間:11:30~18:00(L.O 14:00)※電話かメールにて要予約
定休日:月曜~木曜 ※臨時休業あり
酵素玄米Labo公式Webサイト
酵素玄米Labo公式インスタグラム

アクセスマップ

関連記事