micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

春っぽさ満点のミモザリースを手作り!自分好みのデザインでお部屋を華やかに彩ろう

3月8日はミモザの日!女性に感謝を伝える記念日「国際女性デー」でもあるこの日に、イタリアではミモザを贈る習慣があるんだとか。ミモザの花言葉は「安全」「愛」「感謝」など。まさに日ごろの感謝を伝えるプレゼントにぴったり。

ポンポンのような黄色い小さな花がかわいいミモザはイタリアで「太陽の花」と呼ばれ、春を連想させる花としても親しまれています。今回はそんなミモザを使ったリースを手作り。飾っておくだけで部屋が華やかになるミモザリースの作り方を愛知県碧南市にあるフラワー工房「晴~SUN~」で教えてもらいました。

工房内には海外のおしゃれな花もずらり!

arekore184_01.jpg

さっそくやってきた「晴~SUN~」の工房内には海外から輸入した珍しいお花もずらり。プレゼントした相手が花瓶に生けたり水やりをしなくて済むように、そのまま飾れて水が不要な品種の花やアレンジメントを取り揃えているんだとか。

現在は毎週日・木曜日に西尾市のカフェ「帆布こおば」でアレンジフラワーの販売やワークショップを行っています。「晴~SUN~」の工房は不定期で営業。営業日は「晴〜SUN〜」のInstagramを要チェック!

飾る場所をイメージして色味を決める

arekore184_02.jpg

さっそくミモザのリース作りをスタート!教えてくれるのは笑顔が素敵な磯貝晴奈さん。「まずは飾る場所を決めることが大事。その場所の壁紙の色にあわせて色味を調節したり、トイレに飾るならユーカリの葉で香りを足したりなど、飾ったときをイメージすると自然とデザインや使うお花が決まってきます」とのこと。

今回は、定番のミモザのみのリースと、白を差し色に爽やかさをプラスしたオリジナルのミモザリースを作っていきます。

準備するもの

arekore184_03.jpg

【ミモザのみのリース】
・ワイヤー・土台(15~20cm)・工作ハサミ・ミモザ(リースの大きさにあわせて適量)

【+αにおすすめのお花】
・ユーカリ・パイナップルダイアモンド・シースター

仕上がりのイメージに合わせたお花をアドバイスしてくれるのも嬉しいですね。自宅で手作りしたい方のために、ミモザリースのキット2,500円~(税抜)も販売しています。ワイヤーの代わりに麻ひもを使うなど、100円ショップや雑貨屋などで購入できるものを代用してもOK。

作り方①材料をすべて切る

arekore184_04.jpg

まずは、使う材料を5cmほどにカットしていきます。ミモザを切るときのポイントは、花が付いている枝の真上で切ること。中心の枝を長く残すことで土台に巻き付けやすくなります。

巻き付ける作業の途中は両手が離せなくなるので、後で素材が足りなくならないように多めに切っておきます。チョキチョキチョキチョキ......。ミモザの花が取れないよう優しく扱いながら集中してハサミを進めていきます。

作り方②土台に巻き付ける【ワイヤー】

arekore184_05.jpg

■ワイヤーのポイント
1. ワイヤーが絡まらないよう、30cm程に切って使う
2. ひと巻きごとにしっかり締め、固定する

途中でワイヤーが足りなくなったら土台に括り付けて留め、新しいワイヤーを準備します。また、ワイヤーが緩いと、ドライになったときに素材がしぼんでリースから抜け落ちてしまうので注意!

作り方②土台に巻き付ける【素材】

arekore184_06.jpg

■素材を土台に巻き付けるときのポイント
1.素材の向きを必ず一方に揃える
2.リース全体の素材のボリュームを均等にする
※今回はミモザ2本分を使用

素材を土台の中央だけでなく、内側や外側にも巻き付けていくとバランス良く仕上がります。時々テーブルの上に置き、真上や横から全体のバランスを確認。この作業を繰り返しながら黙々と手を動かしていくと、ボリューム感たっぷりのミモザのリースが完成!仕上げにリボンを付けても◎

+αの素材で自分好みのミモザリースを

arekore184_07.jpg

続いて作るのはオリジナルのミモザリース。今回は、ユーカリ、白色のパイナップルダイヤモンド、シースターを使用。3つの素材を合わせた束を作り、先ほど同じ要領で土台に巻き付けていきます。

既に巻き付いている素材に重なるよう素材を土台に斜めに差し込みながら巻き付けることで葉が隠れずきれいに見えます。「ミモザ:他素材=4:1」の割合にすると、ミモザの黄色を映えさせながら差し色の白でさらに華やかな印象に♡

お部屋に春を呼び込むミモザのリース

arekore184_08.jpg

すぐに飾ると生花の重みで垂れてしまうので、完成後1週間程はテーブルの上などに置いて少し乾燥させると良いんだとか。マスキングテープで壁にマグネットを貼り、そこにマグネットフックをくっつけると賃貸住宅の方でも壁に穴を空けず簡単に飾ることができます。

ドライフラワー向きのミモザリースは、日が経つにつれて大人っぽい色味になっていく過程もおすすめ。丁寧に教えていただいたため、初心者でも簡単に完成させることができました!飾るだけで一気にお部屋が春っぽくなるミモザリースを自分好みに手作りしてみては。(取材:岩井美穂)

[ナチュラル工房]晴〜SUN〜

arekore184_09.jpg

場所:愛知県碧南市羽根町3-9-1
電話:090-8670-2157
休み:不定休 ※営業日はInstagramにて告知
[ナチュラル工房]晴〜SUN〜公式HP
公式インスタグラム

西尾市のカフェ帆布こおばにて出店を行っています。
場所:愛知県西尾市八ツ面町市場2
営業時間:10:00~15:00
営業日:日・木曜日
※出店の有無は、必ずInstagramにてご確認ください。
※アトリエの営業は、希望があれば個別対応も可能(要問い合わせ)

アクセスマップ

関連記事