micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

新生活のモチベUP!碧南市「すぎぶん」が選ぶおすすめ文房具10選

温かい気候に包まれ、春の訪れを感じる4月。進級やクラス替え、人事異動など、環境の変化に備え、気持ちよく新生活をスタートしたいですよね。

今回は、新生活にぴったり!オフィスや学校でのモチベーションが高まる文房具を愛知県碧南市の文房具店「すぎぶん」にセレクトしてもらいました。「毎日使うからこそこだわって選んでほしい!」そんな文房具好きなスタッフさんがおすすめする鉛筆・カラーペン・ボールペン・カラー筆ペンの4ジャンル・10アイテムを紹介します。

地元に愛される町の文房具店

arekore186_01.jpg

碧南市立棚尾小学校の向かいに佇む「すぎぶん」。棚尾小学校の児童をはじめ、創業1930年以来昔からの常連さんが集う文房具店です。

地元で愛されるヒミツは、ワクワクするような遊び心ある商品のラインナップと「毎日20%OFF」のお得さ(一部除外品有)。さらにフォロワー数2.5万人を超える「すぎぶん」公式Twitterでは、新入荷した商品の情報発信やSNS限定の割引サービスを行っています。都会では売り切れるような商品も手に入る!?宝探しのような感覚で文房具選びが楽しめるんです。

文房具の楽しさを知ってほしいから

arekore186_02.jpg

今回お話を聞いたのは「すぎぶん」店長の杉浦恵美さん。「毎日20%OFFして大丈夫なんですか?」と純粋な疑問をぶつけてみると、「子どもたちにいろんな文房具を試してほしいので、少しでも安く販売しています」と笑顔で教えてくれました。確かに、限られたおこづかいの中で気に入った文房具を安く購入できるのは小学生にとっても嬉しいですね!

それではさっそく、杉浦さんにおすすめの文房具を選んでもらいましょう。

1. 普段使いに◎小学生におすすめの定番鉛筆

arekore186_03.jpg

1つ目に選んでいただいたのは、普段から鉛筆を使う小学生におすすめの三菱鉛筆の「ユニ」定価110円・税込(すぎぶんでは定価から15%OFF)。なめらかな書き心地が長年愛されるロングセラーの理由です。

芯の種類は一番濃い6Bから薄い9Hまで17種類。種類によって芯の太さも違うのも驚き!(右写真の左が4B、右が2B)中でも1年生のかきかたに適しているのは4B。最初は大きいマスに文字を書くことが多いので、とめ・はね・はらいを表現できる太くて濃い鉛筆がおすすめなんだそう。

2. 機能性とかっこよさを備えた超一流の鉛筆

arekore186_04.jpg

2つ目に紹介するのがデザインのお仕事をする人におすすめの鉛筆「ステッドラー マルス ルモグラフ」定価176円・税込(すぎぶんでは定価の15%OFF)。

ステッドラーは、製図やデッサンなどデザインに携わる人が愛用するブランドとしても有名。ポイントは、紙への定着性が高く均一な線が書けることと、芯が折れにくく磨耗が少ないこと。また、鮮やかなブルーのデザインは大人だけでなく小学生男子にも人気!かきかた鉛筆やすべりにくい鉛筆など、種類も豊富なのでお客さんの悩みに合わせて提案しているんだとか。

3. 春カラーが女性にぴったり!限定商品の色ペン

arekore186_05.jpg

3つ目は、春らしい色彩が特徴的な「ILMILY」の「ペールトーンカラー ゲルインキボールペン」定価165円・税込(すぎぶんでは定価から20%OFF)。

"手書きの時間を、もっとすてきに、らしく、楽しく。"をコンセプトにしたパイロットコーポレーションの新ブランド「ILMILY」の第1弾アイテムとして2021年2月に登場。「ごきげんチーク」など色のネーミングもかわいらしいと好評です。新生活の予定をペールトーンカラーで手帳に書き込めば気分が盛り上がること間違いなし♡

4. 想いがこもった手書きを楽しむラメペン

arekore186_06.jpg

4つ目のおすすめは、「SARASA」のラメペン。シンプルな黒ボールペンから蛍光色やマーブル色まで多彩なラインナップのボールペンブランド「SARASA」から、新たに「デコシャインカラー」定価110円・税込(すぎぶんでは定価から20%OFF)全10色が登場。

従来のラメペンと比べて、よりキラキラと輝くインクの発色に加え、細さ、透けにくさがパワーアップ!黒色の画用紙に書くとよりキラキラのラメが目立ちます。裏映りせず細かい文字が書けて、大切な相手に贈るメッセージカードや手紙、授業中のノートをかわいく彩るのにぴったり。

5. スタッフ愛用!書きやすさNo1のボールペン

arekore186_07.jpg

5つ目は、「ジュース アップ」シリーズ・定価220円・税込(すぎぶんでは定価から20%OFF)ほか。

「極細×なめらか」に特化して開発されたシナジーチップ搭載のボールペンです。シナジーチップとは、摩擦抵抗が少なく細書きに適しているパイプチップと、書き出しが良いコーンチップの長所をあわせもったペン先の構造のこと。「すぎぶん」のスタッフさんも「ボールペンはずーっとコレ!」と太鼓判を押すほど。学生も社会人も主婦も、1本持っていると重宝するボールペンです。

6. 苦手を克服!書き味抜群のフリクション

arekore186_08.jpg

6つ目に紹介するのは、"なめらかなフリクション"として人気の「フリクションポイントノック04」定価275円・税込(すぎぶんでは定価から20%OFF)。

フリクションといえばインクが薄かったり、インクが広がって細かい文字が見えづらかったり......。しかし、このフリクションは、【5】の「ジュース アップ」で紹介したシナジーチップが搭載されていて、書きやすさ重視のボールペン同等の使い心地!発色・速乾性も抜群で、パステルカラーやメタリックカラーなど種類が豊富なのも嬉しいですね。フリクションが苦手...と思っている人に使ってみてほしい1本です。

7. ストレスフリー!話題のブレないボールペン

arekore186_09.jpg

お次は7つ目。ボールペンを毎日長時間使っていると、指の疲労も蓄積されていきますよね。そこで、ボールペンを使う頻度が高い人におすすめなのが、「ブレン」の「3色エマルジョンボールペン」定価440円・税込(すぎぶんでは定価から20%OFF)。

低重心な構造で指の負担を軽減し、また各パーツの隙間をなくすことで執筆時に芯がカチャカチャと揺れるボールペン特有の"筆記振動"を抑制。使う人の潜在的な不満を解消してくれます。3色なのに単色ボールペンと同じくらいスリムボディなのも人気の理由なんだとか。

8. 常識をくつがえす!極細の油性ボールペン

arekore186_10.jpg

8つ目は、ボールペンの定番ブランド「ジェットストリーム」の極細油性ボールペン「ジェットストリーム エッジ」定価2,750円・税込。

一番の特徴は、なんといってもペン先の細さ。これまで油性ボールペンにはなかった極細の世界最小ボール径0.28mmで黒・赤・青の3色を展開。油性ボールペンだからインクだまりも滲みもなくて小さい隙間に楽々メモできちゃう!そんな使い勝手が評価され、扶桑社が実施した「文房具屋さん大賞2020」ではボールペン賞1位に輝きました。

9. 水彩画デビューにおすすめ「カラフル筆ペン」

arekore186_11.jpg

9つ目に紹介するのは、ポストカードや水彩画にも使えるカラフルな筆ペン「ZIG クリーンカラーリアルブラッシュ」定価210円(税込)。

全48色と多彩なラインナップ!繊細な筆先を使いこなせば、細書きやベタぬり、グラデーションなど、1本で自由自在な線や絵が描けます。水彩絵の具のような淡い発色が特徴。絵の具を準備する手間なく、水彩画のような絵を描きたい人やイラストに色を付けるのにもおすすめなんだとか。

10. ギラギラの最高発色!毛質タイプのラメペン

arekore186_12.jpg

最後に選んでもらったのが、ポップやポスターなどに役立つ毛質タイプのラメペン「デュアルメタリックブラッシュ」定価550円(税込)です。

手帳のワンポイントからイラストの着彩まで、アイデア次第で用途は無限大。鮮やかなラメは、白だけでなく、黒や茶色の画用紙にも綺麗に発色するので、お店のメニュー表やポップで使うのにもぴったり。一筆入れるだけで、パッと目を引く鮮やかな作品が完成!気分も上がるデコレーションの必須アイテムです。

スタッフさんの書き比べやポップも必見

arekore186_13.jpg

店内のいたるところに、スタッフさんが店頭商品を使って書いたポップが飾られています。中でも目を引くのが、1日ごとにペンを変えて手書きされた手帳ノート。ペンごとの書き比べに加え、イラストのアイデアも参考になります。

文房具を知り尽くしたスタッフさんから直接お話を聞けるのも「すぎぶん」の魅力。「いつでも気軽に声をかけてくださいね」と杉浦さん。スタッフが温かく迎えてくれる「すぎぶん」で新生活に役立つ文房具を購入してみては。(取材:岩井美穂)

すぎぶん

arekore186_14.jpg

場所:愛知県碧南市春日町3-86
電話:0566-41-1834
休み: 年中無休(年末年始、GW、お盆、棚卸し等は休み)
営業時間:9:00~19:00
すぎぶん公式HP
すぎぶん公式Twitter
すぎぶん公式Instagram

アクセスマップ

関連記事