micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

2021年は6月20日!父の日ギフトの定番「お酒」「お花」を贈ろう

6月の第3日曜日は「父の日」。2021年は6月20日です。今回は、父の日の贈り物の定番「お酒」「お花」をピックアップ!愛知県高浜市で100年以上続く酒屋「美味良酒 マルア」と、バラづくりがさかんな愛知県西尾市の「レインボーバラ共選組合」を紹介します。

コロナ禍の晩酌タイムやおうち時間を彩ってくれるお酒とお花。まだ父の日のプレゼントを決めていない方は、ぜひご参考に。これまでプレゼントを渡したことがないという方も、今年こそ感謝の気持ちを届けてみては?

◆誰かに伝えたい豆知識!父の日の由来

◆こだわりのお酒×一工夫のラッピングでサプライズ

◆カラフルなバラの花は「父の日の象徴」

誰かに伝えたい豆知識!父の日の由来

arekore60_10.jpg

毎年6月第3日曜日の「父の日」。母の日は5月の第2日曜日なので、間違えないように注意!

父の日は、母の日と同じくアメリカが発祥といわれています。その由来は、辞書によれば『1909年、アメリカのある女性が、「父の日を作ってほしい」と教会に嘆願したのが始まり』とされています。

唎酒師の店主がお酒選びをアドバイス

arekore60_01.jpg

そんな父の日のプレゼントといえば、「お酒」は定番の1つ。愛知県高浜市で100年以上続く酒屋「美味良酒 マルア」では、こだわりの日本酒を中心に、豊富な種類のお酒が揃います。

3代目店主の岩月義成さんは、唎酒師(ききさけし)の資格を持つ生粋のお酒好き!どんなお酒を選べばいいのか分からないという方も、相談してみるとアドバイスをもらえますよ。

店頭にあったらラッキー!「作(ざく)」

arekore60_11.jpg

最近特に人気を集めているのが「作(ざく)」。三重県鈴鹿市の蔵元「清水清三郎商店」が手掛ける日本酒です。すっきりとした味わいを基本に、老若男女問わず楽しめるお酒として評判!お父さんと一緒に晩酌するのも、父の日の粋な過ごし方ですね。

「美味良酒 マルア」は、全国で150軒の「作」の特約店。注文から納品まで半年待ちということもあるほどの人気ぶり。お店を訪れて、出会えたらラッキーです!

オリジナルラベルやラッピングでサプライズ

arekore60_02.jpg

父の日にぴったりのオリジナルラベルも受付中。実はこのラベルの文字、店主の奥さん・宏枝さんが手書きしたものをプリントしているんだそう。お酒のパッケージにぴったりな、味のある字ですよね!

メッセージは、20文字以内が目安。写真などを入れることもできますよ!オリジナルラベル商品(1,800円+税~)のほか、店内にあるお酒にプラス1,100円(税込)でラベルを変更できます。注文は受取の5日前まで

マルア 公式LINE@または店頭でのお問合せがおすすめです。

のし紙やラッピングシールも一工夫

arekore60_12.jpg

ラッピングのときに、宏枝さんが手掛けたシールやのし紙をつけてもらうこともできます(箱入りギフトセットの場合は無料・箱に入っていない商品は別途箱代が必要)。

ギフトセットの中でもおすすめのひとつが、愛知県安城市で地ビールを生産している「安城デンビール」の「DEN BEER 4本セット」(2,200円・税込)。クラフトビールながらすっきりと飲みやすく、4種を飲み比べできるのが楽しい!ビール好きのお父さんにもおすすめです。

インフォメーション

arekore60_08.jpg

美味良酒 マルア

場所:愛知県高浜市春日町3-6-21

電話:0566-53-0551

営業時間:9:00~20:00

定休日:火曜(駐車場あり)

母の日だけじゃない!父の日にも花を贈ろう

arekore60_03.jpg

母の日にはカーネーションを贈る風習がありますが、父の日にはバラを贈るというのを知っていますか?

愛知県はバラの生産量が日本一。西尾市でもバラ作りが盛んで、生産者でつくる「レインボーバラ共選組合」では、なんと98品種ものバラを栽培しているんだとか。

バラは「父の日の象徴」として定番人気

arekore60_13.jpg

海外から伝わった父の日にバラを贈る風習ですが、最近ではフラワーギフトの中でも、バラは「父の日の象徴」として定番人気なんだそうです。

「バラに感謝の気持ちを込めて、大切なお父さんにプレゼントしてください」と生産者のみなさん。お父さんに花を贈る機会って、なかなかないですよね。だからこそ、きっと心に残るプレゼントになるはずですよ。

カラフルなバラで贈る側も楽しんじゃおう!

arekore60_04.jpg

「父の日には、お父さんの笑顔のように明るい黄色のバラの人気もありますが、赤やピンクなど数色を組み合わせても華やかですよ」とのこと。カラフルなバラを見ているだけで、明るく元気な気持ちになれそうです。

花束だけでなくフラワーアレンジもおすすめ。お父さんに渡す前に、写真に撮ってSNSにアップしたくなっちゃいます!

日ごろ言えない感謝の気持ちを伝えよう

arekore60_07.jpg

バラは、市場を通じ西尾市内はもちろん、東海地方を中心に全国の花屋へ。鮮度も色合いも良い状態で店頭に並ぶそうです。

花屋で予算に合わせて相談すれば、素敵なアレンジを提案してくれるはず。「どこで買ったの?」なんて、お父さんに渡したときの会話も弾みそう!「父の日のプレゼント」をきっかけに、日ごろ言えない感謝の気持ちを伝え、ゆっくりと話す時間を楽しんでみてくださいね。(取材:齊藤美幸・鶴見弥耶/2021年6月更新)

関連記事