micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

チーズのプロフェッショナルが語る!チーズのおいしい世界

女子のハートをつかんで離さないチーズ。最近だとチーズタッカルビやチーズハットグのブームもありましたよね。いろんな食べ方が楽しめる&とろ~り写真映えもするチーズはこれからもっとブームが加速する予感!

今回は、チーズの魅力をスペシャリストたちがトーク。1番おいしい食べ方って?意外なモノとも相性が良い!?今後、注目のチーズのトレンドって!?などなど、気になるチーズ情報をたっぷり聞いちゃいます。読んだら今すぐチーズが食べたくなるはず!?

チーズを愛してやまない、但木みくさん

arekore95_01.jpg

チーズ検定を取得している但木みくさん。「チーズ好きとチーズを食す。」というイベントを地元で開催している、チーズ女子代表です!安城市在住で、コミュニティFM「Pitch FM」のパーソナリティとしても活躍中。今回は気合いをいれて、チーズカラーのコーディネートで登場してくれました。

「今ハマっているのは、ペコリーノ・ロマーノという羊の乳からつくられるチーズです。薄く削ってサラダと一緒に食べるとおいしいんですよ!」と熱く語ってくれました。

酪農とチーズのプロ!「酪」のお2人

arekore95_02.jpg

チーズやアイスなど乳製品の販売をしている会社・「酪」から小笠原和美さんと榊原栞さんが登場。「酪」は、西尾市の小笠原牧場と北村牧場、2つの牧場が設立した合同会社です。

写真右が、酪を支えるデザインチーフの小笠原さん。さらに小笠原牧場の取締役も務めながら、チーズの情報を得るため全国の牧場に足を運ぶというスペシャリスト!写真左の榊原さんは北村牧場で牛のお世話をしつつ、酪でチーズづくりも兼任。ゴーダチーズ発祥の地・オランダに留学したこともあるなどチーズへの情熱は誰にも負けません!

しぼりたての牛乳でつくる新鮮なチーズ

arekore95_03.jpg

まずは、酪でつくっているチーズを紹介!牧場でとれた牛乳を使っている素材の良さが自慢です。朝にしぼった牛乳をその日のうちにチーズに加工!牧場でつくられるチーズは、余計な添加物が一切入っていないから安心。

ちなみに、チーズは牛乳よりも栄養が濃縮されているんだとか!100gのチーズをつくるには、1000mlの牛乳が必要。つまり、チーズには牛乳の10倍の栄養がぎゅっ~と詰まっているんです。「牛乳をたくさん飲むのは大変という人も、チーズなら気軽に食べられますよね!」と小笠原さん。

酪のおすすめ、3種のチーズ

arekore95_04.jpg

左から、カチョカバロ、ゴーダ、モッツアレラ。モッツアレラはスーパーでもよく見かけますよね。少し聞き慣れないカチョカバロやゴーダも、最近はスーパーで買えることが多いんだとか。カットする前はころんとした丸い形のカチョカバロチーズ。そのままでもおいしい風味豊かなチーズで、最近、チーズ好きのあいだでも人気上昇中です。

そして、榊原さんがつくったゴーダチーズ!一般的なゴーダチーズと比べて熟成期間を短くしているのが特徴。「クセがなく柔らかくて食べやすいので、初心者さんも試してみてください」と榊原さん。

食べ比べが楽しい!チーズパーティー

arekore95_05.jpg

それでは、いただきます!小笠原さんと榊原さんが用意してくれたチーズ尽くしの食卓。「おいしくていくらでも食べられます♡」と但木さん幸せそう~~!「チーズって種類が多いのはもちろん、素材の牛乳によって風味が変わるので、味が無限にあるんですよ。全く同じ味のものが存在しないなんて、すごいですよね」。

同じ牛でも環境や育て方によって味が変わるんだそう。「土地によって味が違うので、いろんな土地のチーズを集めて食べ比べをするのも楽しいですよ」と榊原さん。女子同士のチーズトークも盛り上がっている様子!

簡単でおいしい!とろ~り焼きチーズ

arekore95_06.jpg

おいしい食べ方も教えてもらいました。「カチョカバロは、スライスして両面を焼いて食べるのがおすすめ。旨味があるので、岩塩とハーブの入ったクレイジーソルトを軽くかけるだけでOK」。カリッと焼き目がついたくらいが食べごろ。パンやクラッカー、ナッツなどとも相性バツグン!

「カチョカバロは炭酸水とも相性が良いんですよ」。チーズっていろんな飲み物に合うよね!と一同共感。アルコールならビールでも日本酒でも。ほかにも、ぶどうジュースやフルーティーな紅茶など...いろいろ試してみたくなりますね!

意外にマッチ!?チーズ×和の組み合わせ

arekore95_07.jpg

トマトやアボカドと一緒にスライスして盛りつけるだけでオシャレなモッツアレラチーズ。塩やはちみつをかけたり!さらには、わさび醤油にも合うんだとか!?意外な組み合わせですが、これが1番おいしいかも!ついお酒が欲しくなっちゃう味です。

食べる前に醤油や、めんつゆに漬けておくのもおすすめ。「しっかり味を染み込ませたいなら一晩寝かせても良いですし、1~2時間漬け込むだけでも十分おいしくなります」。和風の調味料に合わせてもおいしいんですね!

たこ焼きで!?チーズ女子会

arekore95_08.jpg

ゴーダチーズの調理には、意外なモノが登場。なんと、たこ焼き!?魚介類や野菜を焼いて、火が通ってきたらチーズをオン!あとは軽くクレイジーソルトをかけて、チーズが溶けて焼き目がついたらできあがり。使う具材は、タコ・エビ・ホタテ。野菜なら茹でたブロッコリー・アスパラ・じゃがいもなど。

ひと口サイズで少しずついろんな味をみんなでシェアできて、女子会にもぴったり。「チーズと組み合わせたら、どんなものでもおいしい料理になるかも!?」とみなさんが口を揃えて言うくらい、魚でも肉でも野菜でも合うんです。

牛乳と酢でカッテージチーズができる!?

arekore95_09.jpg

ここからは、自宅でできる簡単カッテージチーズのつくり方を小笠原さんに教えてもらいました!

材料は、牛乳1リットルと酢大さじ4杯だけ。鍋で牛乳を60℃くらいに温めたら、火を消して酢を入れます。手早くかき混ぜると...ほろほろした固形と黄色がかった水分に分離!ふきんやキッチンペーパーをしいたザルに流し入れたら、残った固形の部分が大体200gくらいのチーズになります。ふんわり食感とあっさり酸味のある味わいのチーズが完成です。

2019年チーズ業界のトレンド情報!

arekore95_10.jpg

最後は、チーズ業界のトレンドについて。但木さんの注目は、東京で流行り始めているチーズティー。「紅茶やウーロン茶などの上に、クリームチーズと生クリームのふわふわホイップがのっているんです」。もうひとつ、3人が気になっているのがシカゴピザ。カットしたらチーズが雪崩のように溢れ出す!?チーズ好きにはたまらないピザなんだそう。

チーズを知り尽くしたこの3人が、今後、西三河エリアでチーズブームの中心になるかも!?今回、紹介した食べ方も気軽にできるものばかりなので、ぜひ試してしてみてくださいね。(取材:齊藤美幸)

酪のチーズはここで食べられる!

arekore95_11.jpg

酪のチーズは、西尾市の「道の駅 にしお岡ノ山」で買えるほか、webサイトから注文も可能。また、酪では牧場見学とチーズづくりができる体験もあります。自分でつくったチーズを牧場近くの「イタリ屋厨房TOMO」などレストランに持ち込んで、ピザランチが楽しめるプランも。

酪の商品や体験の詳細は、webサイトでチェック!「酪」webサイト

Milks FRESH CHEESE AND WINE

arekore95_12.jpg

「Milks FRESH CHEESE AND WINE(ミルクス・フレッシュチーズ&ワイン)」は、飲食経営会社と酪がコラボした新しい形の店。酪のチーズをオシャレな料理で楽しめます。

場所:愛知県名古屋市中区錦1-14-23 HP錦橋ビル1F

電話:052-212-9071

営業時間:11:00~24:00

定休日:不定休

HP:Milks FRESH CHEESE AND WINE

関連記事