micro_ichiranyou_dai2.jpg
あれこれ

初心者が名古屋ウィメンズマラソン42.195㎞に挑戦するとどうなる!?part2

フルマラソン走破・富士山登山・一人で海外旅行を30歳までにする!と決めている近所のはなし担当の山田。残り10ヶ月、まずフルマラソンにチャレンジすることを決めたものの...動き出せずにいた去年10月から名古屋ウィメンズマラソン当日を迎えるまでの連載コラムです。

今回はいよいよ初めての42.195㎞チャレンジ!リタイアせず無事に完走できたのか?完走の証、ティファニーはGETできたのか?初チャレンジの裏側を徹底リポート!名古屋ウィメンズマラソンに出てみたい!フルマラソンにチャレンジしてみたい人に読んでもらいたいコラムです。エントリーから本番までの練習についてはpart1の記事をご覧ください。初心者が名古屋ウィメンズマラソン42.195㎞に挑戦するとどうなる!?part1

レジェンド勢ぞろいの記者会見!

arekore97_01.jpg

本番直前の3月8日。報道として名古屋で行われた招待選手の記者会見に行ってきました。

初めて見る福士加代子選手に感動!受け答えもテレビのまんま!質問するのは増田明美さん、豪華!そしてレジェンドの有森裕子さん・高橋尚子さん・野口みずきさんが登場すると会場がザワザワ。オーラがあってかっこよかったです。こんなすごい人たちも出場した名古屋ウィメンズマラソン。私、すごい大会に出るんだ!とテンションも最高潮!!

本番が待ち遠しい!その前に・・・

arekore97_02_2.jpg

出場者は、本番の前々日か前日にナゴヤドームに行き「ランナー受付」をします。私は前々日の夕方に行ったのですが混雑なくスムーズに受付できました。(ナンバーや記念品の化粧品などをGETできます!)前日は混むらしいので注意です!

また、受付だけでなく、「マラソンEXPO」というイベントも開催。目標タイムのパネルの前での記念撮影やオフィシャルグッズの販売などが行われていました。ちなみに、イベントは男性も参加可能でした!

前日は緊張で4時間睡眠・・・

arekore97_03.jpg

いよいよ当日!が・・・、あいにくの雨。ナゴヤドームのスタート地点に到着するとランナーは約24,000人!「女性限定の大会としては世界一の規模なだけあるな...」と、圧倒されまくり。初めて走るのは私だけ!?と急に孤独感に襲われました。

「ちゃんと朝ご飯を食べないと」と思っていたのですが、急に食欲不振に。バナナとおにぎりを少し食べ、流れに沿って荷物を預けました。そしてスタート地点へ。この写真では笑顔ですが、正直、「無事ゴールできるのか?...トホホ」という気持ちでした(笑)。

9:10スタート!42.195㎞が始まります!

arekore97_04.jpg

まずはトップ選手(福士選手など)がスタート!A~Nのブロック順にスタートするので、Mブロックだった私は9時半ごろにスタートを通過。待ち時間(20分強)は身体が冷え辛い!そのため、暑くなったらすぐ捨てられるカッパやごみ袋で防寒するのがオススメです!

実は、この写真の中に私が小さく写っています。見つけた人は「#近所のはなし」でツイートお願いします(笑)。コースは、ナゴヤドーム→新瑞橋→栄、白川公園が中間地点→名城公園などを走りドームに戻ってくるもの。平坦なコースが特徴です。

5㎞進むのに40分弱・・・ペースがつかめない!

arekore97_05.jpg

ランナーが多いため20㎞くらいまではほぼ団体、みんなで走ります。その時間がかなり辛いです。人が多く前にも横にも行きにくい。まわりのペースに飲み込まれてしまうため、「自分のペースを全然つかめない!」ただ耐えるイメージです。

それに加えて、女性のみということもあるのか柔軟剤や香水のような匂いがずっとついて回ります。匂いに敏感な人は頭痛の心配もあるので鎮痛剤などを持っておくといいかもしれません。生々しすぎて、なんかすみません(笑)。

人の優しさを10年分くらい一気に

arekore97_06.jpg

そんな中、救われたのがスタートからほぼ途切れることのない【沿道の応援】。「頑張って!」「ゴールが待っているよ」と声をかけてくれたりハイタッチでエネルギーをくれたり!中でもありがたかったのは、沿道のみなさんからの差し入れ。子どもたちがチョコレートや飴など手渡しでくれた時を思い出すと今でも涙が・・・。

18.77㎞地点には、去年10月から共に練習してきた「快足AC」のチームメイトたちが!見覚えのある顔が見えて安心しました。これがないと絶対に完走できないものランキングがあるなら【応援】は絶対1位!

噂通り・・・30㎞からが鬼門!

arekore97_07.jpg

多くの温かい応援のおかげで心も身体も復活!30㎞までは走りやすく楽しかったです。(集団もバラける。)痛みが出てもいいように20㎞の給水で痛み止めを飲み進みましたが・・・30㎞地点で私の身体の雲行きが・・・。

足が突然、鉛のように重くなったのです!「噂は本当だな、くっそー!」ここで雨も強くなりみんなが歩き始めました。私の心も「もう歩きたい!」とポキッと。この辺りは立ち止まり泣いている人も多く、励ましの声をかけたいのに自分にも余裕がない・・・。心身ともにズタボロ時間でした。

給食で心も身体も回復!

arekore97_08.jpg

心身ともに疲労困憊。救われたのは、ウィメンズの魅力のひとつ【給食】!バナナやパンの他に、ういろう。さらには、近所の西尾市の抹茶キャンディーもありました!

35㎞あたりから身体が急激に食べ物を欲するようになります。空腹感は無いのですが食べないと前進できなくなり・・・口に入れると「え!こんなにおいしかったっけ!」とびっくりするんです。しかし、食べ過ぎると吐いてしまうこともあるので、少しずつ何度かに分けるのがオススメ。ゼリーやスポーツようかんなどは、カバンに入れて備えました。

前に進んでいるの?それとも足踏み?

arekore97_09.jpg

給食で少し復活したと思いきや・・・辛すぎる時間はまだこれから。30㎞から35㎞はもう何が何だか分かりませんでした。雨で身体は冷え・・・、加えて足の付け根やひざ、お尻など身体の至る所が痛い!苦しさから猫背になり腕も振れず・・・。

そんな時、パナマから参加していた女性が「relax!relax!」と声を掛けてくれました。呼吸を整えてもらいだいぶラクに!そして今度は私が泣いているランナーに声をかける。「最後まで絶対に諦めない!」この辺りから女たちの意地が見えました。

無事にゴール!その瞬間の感動は・・・

arekore97_10.jpg

37㎞くらいからは突然【ランナーズハイ】に。呼吸も身体も急にラクになりハイテンション(これには本当に驚き!)1,000人くらい抜いたような。ゴールはきれいな顔で!と思いカバンにメイク用品を持っていましたが・・・そんなのどうでもいい!雨と汗と涙でぐしゃぐしゃな顔でゴールしました。

タイムは5時間57分。目標には及びませんでしたが、ゴールの瞬間は一生忘れません。ティファニーも無事GET!イケメンから手渡しなのですが・・・選ぶ余裕なし!「早くください!」止まったらもう動けません(笑)。

ゴールして思ったのは、絶対また走りたい

arekore97_11.jpg

初心者の私が42.195㎞走って感じたのは、これまた不思議、「めちゃくちゃ辛かった!だけどまた走りたい!」仕事をした後の練習や朝早くからのランニングなど辛いこともありましたが、フルマラソンを走破した先に見えたのは、それをはるかに超える充実感と高揚感と感動でした。

来年のウィメンズマラソンに挑戦してみたいと思っているあなた!「名古屋ウィメンズマラソンは最高な大会でしたよ!」

本番までの4ヶ月を振り返って

arekore97_12.jpg

練習を始めた去年10月末からフル完走まで・・・。振り返ると快足ACの吉田さん夫婦の指導やチームメンバーの支えもあり自分の人生の中で最も充実した数ヶ月になりました。(大げさではなく本当に!)体重や体脂肪といった身体の変化はもちろん、大人になって大切な仲間ができるなど嬉しいこともたくさん!来年はしっかり目標を達成したいです。

もし、ランニングに少しでも興味を持った方がいたら私と一緒に走りましょ~!最後に・・・今回のコラム、私の思いが強すぎ長文になりすみません...。お付き合いいただきありがとうございました!本番翌日、全身打撲のような筋肉痛で瀕死だった山田でした(笑)。(取材:山田規可)

【協力】ランニングサポート専門店「快足AC」 / 場所:愛知県安城市新田町小山西68-1 小山ビルA棟 / 電話:0566-71-1881 / 営業時間:11時~19時 / 定休日:火曜日

関連記事