micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

懐かしい?それとも新しい?高浜市「とりめし」の奥深い世界

ふわりと立ち昇る湯気から食欲をそそる甘辛い香り、一口食べれば鶏肉のうま味とふっくらご飯が見事なマリアージュ...。みなさん、愛知県高浜市の郷土料理「とりめし」を知っていますか?

「高浜とりめし学会」公式サイトで紹介されている市内のとりめし店は13店舗(※2020年5月22日閲覧時点)。高浜市の面積はおよそ13平方kmなので、地面に一辺1kmの四角形を描けばその中に1軒のとりめし店がある計算!さらには、ご当地グルメが集まるイベント「B-1グランプリ」での入賞経験もあるんです。

今回は、そんなとりめしの歴史とおいしさについて、とりめし専門店「魚松」を拠点に徹底調査!おすすめのアレンジレシピにも挑戦します。

◆「とりめし」ってなに?

◆とりめし専門店のアレンジレシピに挑戦!

◆「とりめし」を楽しめるお店

そもそも「とりめし」ってなに?

gourmet102_01.jpg

とりめしは、簡単に言うと甘辛く炊いた鶏肉とほかほかご飯の混ぜご飯。炊き込みご飯ではないんですよ!

その歴史は、実に100年以上前にさかのぼります。とりめしを中心に町おこしを行っている「高浜とりめし学会」によれば、そのカギは高浜市で卵の生産が盛んになったこと。卵を産まなくなったおとなのニワトリをおいしくいただくため、鶏肉を薄くスライス。この地域の特徴的な調味料・たまり(醤油の一種)と砂糖で炊き上げてご飯に混ぜ込むスタイルが生まれたのだとか。

市民にとっては「あって当然の存在」

gourmet102_02.jpg

高浜市民に聞き取り調査をすると、「親戚の集まりで作る」「無料で白ご飯をとりめしに変更するサービスはよくある」「家では作らないが、小学校の給食で食べていた」などの声が。家庭で作るかは差があるものの、老若男女問わず「あって当然の存在」というクールな返答が目立ちました。

さらなる調査のため訪れたのは、とりめし専門店の「魚松」。かつては宴会と仕出しのお店で、シメ料理に出していたとりめしが長年大評判。2020年3月からはお持ち帰り専門店として営業しています。

お店ごとの特色も気になるポイント

gourmet102_03.jpg

とりめしは、市民に長く愛されているだけあって、お店や家庭によって違いがあります。魚松のとりめしは、鶏の油分がご飯と合わさって、もちっとした独特の食感。甘みが強く濃厚なうま味で、「牛丼みたい!と言うお客様もいますよ!」と、魚松の浅岡歩美さん。

お店のInstagram(@uomatsu_292)Facebookには、オリジナルのアレンジレシピも。「とりめし自体にしっかり味がついているので、手間をかけずにいろんな楽しみ方ができるんです」とのこと。お手軽&人気のレシピに挑戦してみます!

ひつまぶし風アレンジに挑戦

gourmet102_04.jpg

1つ目は「ひつまぶし風」のアレンジです!

◆用意するもの...とりめし、ネギ、海苔、わさび、だし汁

盛ったとりめしの上に小口ネギ、海苔、そしてわさびをちょんと乗せたら準備OK!だし汁をかけて...立ち昇る湯気の香りから、これは間違いない、と感じます。では、いただきます!

さらっとおいしく、裏ワザ的な側面も

gourmet102_05.jpg

甘辛いとりめしにだし汁はもちろんぴったり。そこに薬味がぴりっときいておいしい!

浅岡さんに聞くと、「常連さんの中には、熱いお湯をかけて食べる人もいる」との情報が。味がしっかりついているので、さらっといただきたいときにおすすめ!また、「時間がたってかたくなってしまった...」なんて場合にもぴったりのアレンジです。

春巻きの中に、みんな大好きチーズを入れて

gourmet102_06.jpg

2つ目は「チーズイン春巻き」。浅岡さんにおすすめを尋ねたとき、こちらが一番人気だと教えていただきました!

◆用意するもの:とりめし、春巻きの皮、チーズ、揚げ油

春巻きの皮にとりめしとチーズをのせ、巻き終わりに水を付けてとめます。180℃の油でこんがりきつね色になるまで揚げたら完成! 春巻きにご飯が入っている、というのは想像がつかないですよね。そのお味は...

カリ、もち、とろ~りの新食感!

gourmet102_07.jpg

おいしい!皮がパリッと、続いてとりめしのやわらかな食感。まろやかチーズと香ばしい皮が、甘辛いとりめしを引き立てています。くるっと巻いたことにより、魚松の持ち味であるもっちり食感がさらにアップした印象です。結論、とりめしと春巻きは見事な組み合わせでした。

問題の表情ですが、こちらはチーズが狙い通り伸びたのを喜んでいるところです。

素朴で奥深い「とりめし」の世界

gourmet102_08.jpg

愛知県高浜市の郷土料理「とりめし」は、地域ならではの食材と文化を背景に育った、まさに文字通りの「ご当地グルメ」でした!

味くらべをするもよし、アレンジレシピで楽しむもよし。地元民にはあって当然、でも外から見たらなんだか特別。そんな素朴で奥深い料理「とりめし」を、ぜひ楽しんでみてください。(取材:鶴見弥耶)

魚松

gourmet102_09.jpg

場所:愛知県高浜市屋敷町7-7-1
電話:0566-53-0416
営業時間:9:00~17:00 ※売り切れ次第終了
定休日:火曜日・水曜日
魚松 公式Instagram(@uomatsu_292)
魚松 公式Facebook

■お持ち帰りのとりめしは、大盛り(450g)600円、中盛り(300g)450円、小盛り(200g)350円・すべて税込み。レンジで温めるだけで食べられる「冷凍とりめし」や、5合単位の注文も。
■産直センター、イベントでも購入できます。場所や取り扱い商品などはホームページをチェック!

「とりめし」を楽しめるお店

gourmet102_10.jpg

高浜とりめし学会ホームページでは、とりめしに関する様々な情報を見ることができます。その中から、高浜とりめし学会公認のとりめし店を紹介します。

※情報は2019年3月時点のものです。最新の情報については、お店へご確認ください。

スーパーヤオスズアップティー店
場所:愛知県刈谷市小垣江町蚰ヶ坪55-3

おとうふ工房いしかわ おとうふ市場大まめ蔵
場所:愛知県高浜市豊田町1-205-5

おとうふ工房いしかわ とうふや豆蔵【Tポート高浜店】
場所:愛知県高浜市神明町8-20-1 Tぽーと1階

■喫茶デッキ
場所:愛知県高浜市八幡町6-8-45

カフェガーデンP.o.t
場所:愛知県高浜市小池町5-5-6

魚松
場所:愛知県高浜市屋敷町7-7-1

■安兵衛
場所:愛知県高浜市芳川町2-11-45

旨いもの処 江戸みこし
場所:愛知県高浜市湯山町4-16-4

サがミ 高浜店
場所:愛知県高浜市沢渡町4-6-9

■麺屋 久兵衛
場所:愛知県高浜市稗田町3-2-32

おおでんちこ
場所:愛知県高浜市稗田町2-1-16

とんかつ懐石 こざくら
場所:愛知県高浜市碧海町2-1-39

■なかっち庵
場所:愛知県高浜市碧海町2-2-1

ごはんの里 株式会社エザカ
場所:愛知県高浜市田戸町6-6-23

関連記事