micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.52「お好み焼 ふくもとや・碧南市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は碧南市にある、「どこにもない味、ここの味」を楽しめるお好み焼屋さんをご紹介します!

"らしくない"たたずまいは狙いです!

gourmet108_01.jpg

碧南中央駅から東へ180m。栄町交差点の角にある「お好み焼 ふくもとや」さん。創業は昭和28年の老舗。入口には『どこにもない味、ここの味』と書かれた大きな垂れ幕。これだけ聞くと"昔ながら"の油っぽい店内に、ねじり鉢巻のいかつい大将を想像するかもしれません。しかしながら堂々とした一軒家の暖簾をくぐると...明るい店内に洒落たカウンター。良い意味で従来の鉄板お好み焼屋さんの雰囲気を裏切ってくれます。

「ふくもとや」でお好み焼を食べた時、『どこにもない味、ここの味』の真意に、あなたは涙するでしょう!(大袈裟)

3代目はお好み焼"愛"に溢れた"革命家"

gourmet108_02.jpg

「お好み焼は炭水化物のかたまり。なんてもう昔の話です!!」。これが3代目・伊藤淳一さんが、かかげる持論。お好み焼は野菜たっぷりで植物繊維が豊富。健康をサポートする料理!と、その熱い思いはもはや"愛"。さらにヘルシーで女性にオススメという、従来のお好み焼のイメージを一新する創作など"革命家"でもあります。

ここまで書くとイマドキのトンがった料理人を想像するかもしれませんが、ご安心を!ニコニコと笑顔でお好み焼の魅力を話す姿は、夢見る少年のようです。

歴史を繋ぎ、創作で世界を広げる!

gourmet108_03.jpg

「お好み焼き・ふくもとや」さんのオススメ料理は、その名も...「天使のトマト焼」(940円・税別)です。

クリームチーズを乗せたお好み焼きに、ガーリックバジルオイルで焼き上げたトマト!さらにレモンをトッピングした「ふくもとや」さんオリジナル!!3代目・淳一さんの創作です。とにかく女性に食べて欲しいという想いから、試作の段階から「女性にしか意見を聞いていません!」という気合の入れよう。トマト・レモン・キャベツなど食材も調理方法・組み合わせで栄養素を効率よく摂取できる様にと、考え抜かれています。

テイクアウトOK!名物の「福本焼」

gourmet108_04.jpg

残念ながら、「天使のトマト焼き」はテイクアウトに対応していませんが、代わりにご紹介したいのが、店名を関した「福本焼」(940円・税別)。お好み焼の上に、焼きそば。それらを卵で包み込むという、いわば全部乗せの大ボリューム。常連さんによって"ふくもとや名物"と冠されています。

さてここで気になるのは冒頭の『どこにもない味、ここの味』って創作料理?定番料理? その答えは「昔からの"変わらぬ味"を守りつつ、お好み焼の新たな"ここだけの味"を開拓していく」。という熱い深い思いを表した言葉なのです。

お好み焼を食べるなら酒も「お好み焼」でしょう!

gourmet108_05.jpg

「ふくもとや」さんオススメのお酒は、「お好み焼ワイン」(450円・税別 / グラス)。

その名の通りお好み焼きとの相性を考えて開発されたワインで、お好み焼ソースに合うスパイシーで喉越しの良い一品です。名前からしてお好み焼とのコラボレーションは完璧!間違いありません。「お好み焼を心ゆくまで堪能したい」そんな女性にもオススメです。 (取材:山田進一)

「お好み焼 ふくもとや」3代目の一言PR!

伊藤 淳一さん

伝統と創作のお好み焼の世界にようこそ!!

お好み焼 ふくもとや

gourmet108_06.jpg

場所:碧南市栄町1-32

電話:0566-41-2441

営業時間:11:00~14:30 /17:00~22:00(土・日は21:00まで)
※2021年2月現在、時短営業中です

定休日:月曜日、第2・4火曜日

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事