micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

西尾・高浜・碧南のレトロ喫茶をめぐって、懐かし空間&スイーツを満喫

ちょっと一息入れたいときや、疲れて甘いものが食べたいなぁ......というときに訪れたいのが喫茶店。今風のスタイリッシュなカフェも素敵ですが、レトロな雰囲気の喫茶店には、それぞれの個性が感じられながらもどこか懐かしく、心からリラックスできるのんびりした空気が漂っています。

こだわりが詰まったスイーツや軽食などのメニューが充実していて、昔からの常連さんだけではなく、若い世代にも人気なのだとか。今回は愛知県西尾市、高浜市、碧南市にある3店舗をめぐって、おすすめスイーツを教えてもらいました。

レトロ感たっぷり!西尾市の「珈琲 閣」

色とりどりのコーヒーカップが並ぶ高浜市の「Kibara」

元料亭を改装して誕生した碧南市の「カフェ カノン」

レトロ感たっぷり!「珈琲 閣」

gourmet140_01.jpg

洋館と呼ぶにふさわしい佇まいの「珈琲 閣」は、店長の本多恵理子さんのお父様が47年前の1974年に開店しました。

店内はそのころとほとんど変わっていないそうで、店内にある照明や木製の備え付け棚も味わい深く、自然光が差し込む窓辺の雰囲気も情緒にあふれています。店内で過ごしているとまるで過去にタイムスリップしたかのよう。

SNSで話題の萌え断フルーツサンド

gourmet140_02.jpg

SNSでも話題のフルーツサンドは、季節によって中のフルーツが変わっていきます。

取材で訪れた6月は宮崎完熟マンゴー、メロン(写真左)、みかん(写真右)、パイナップルと、季節の果物がラインナップ。写真のハーフサイズ(700円)のほかに、フルサイズ(1200円)があります。

フルーツサンドは全て11時からの提供メニューで、ドリンクセットもOK。フルーツサンドを含むサンドウィッチ類は、フルサイズのみテイクアウトもできます(要予約)。

老若男女に人気のカスタードプリン

gourmet140_03.jpg

たまごの優しい味わいが際立つカスタードプリン(450円)は、ちょっと固めの昔ながらのプリン。生クリームのミルク感やカラメルの苦みと絶妙に絡み合い、どこかほっとする味わいです。

コーヒーはブレンド(420円)や、オーガニックコーヒー(510円)も取り扱っています。ずっと使い続けているという銀のシュガーポットや、昔ながらの上げ下げ窓など、いたるところに漂う昭和の雰囲気が心地いい空間です。※価格は全て税込

珈琲 閣

gourmet140_04.jpg

場所:愛知県西尾市緑町5-57
電話:0563-56-3062
休み:金・土曜日
営業時間:平日9:00~17:00、日祝11:00~17:00
※モーニングは10:30まで、フルーツサンドなどのフードメニューは11:00から
珈琲閣公式インスタグラム

「珈琲 閣」アクセスマップ

色とりどりのコーヒーカップが並ぶ「Kibara」

gourmet140_05.jpg

次に訪れたのは、バラとブドウが生い茂る玄関アプローチが素敵な「Kibara(キバラ)」。店内には100種類以上あるというコーヒーカップがずらりと並び、好きなカップ&ソーサーを選ぶことができます。

オーナーの山崎泉さん手作りのシフォンケーキを楽しみにやってくるお客様も多いそう。飴色につやつや光るカウンターテーブルでのんびりコーヒーを味わったり、オーナーとおしゃべりしたり、楽しみ方も十人十色のようです。

しっとりふわふわシフォンケーキに感動!

gourmet140_06.jpg

月替わりでフレーバーが変わるシフォンケーキ(450円)は、お店の看板メニューのひとつ。6月はさっぱりした酸味が際立つレモン味です。口に運ぶと、ふわふわ軽い食感なのにしっとりしていて、ファンが多いというのも納得。

毎月シフォンケーキ1台を定期購入できるサービスも人気で、自宅でもお店の味を楽しめます。ブレンドコーヒー(600円)などドリンクとケーキをセットで注文すると100円引きになるサービスも嬉しいですね。

アイスコーヒーをおいしく飲める気遣いが

gourmet140_07.jpg

アイスコーヒー(900円)を注文すると、コーヒーで作った氷が入ったグラスと、淹れたばかりの熱いコーヒーが運ばれてきました。最後まで薄くならず、冷たいコーヒーを楽しめるようにと山崎さんが考えたアイデア。グラスの周りは氷で常に冷やされていて、最後までおいしくいただくことができます。

カウンターでコーヒーを楽しみながら山崎さんのお話を聞いていると、不思議と心が安らぎます。※価格は全て税込

HOME MADE CAFÉ Kibara(黄薔薇)

gourmet140_08.jpg

場所:愛知県高浜市湯山町4-14-11
電話:0566-53-6988
休み:木・金曜日
営業時間:10:00~18:00

「Kibara」アクセスマップ

元料亭を改装して誕生した「カフェ カノン」

gourmet140_09.jpg

静かな住宅街に現れるのが、料亭だった大きなお屋敷の一部を改装してお店を営む「カフェカノン」。これまでは名鉄三河線・碧南駅近くにありましたが、昔は花街だったという八柱神社近くに2021年1月に移転オープンしました。

カウンターや美しい庭を眺めることができるテーブル席のほか、自由に閲覧できる本や雑誌が並ぶスペースもあったり、不定期にアート作品の展示もされていたりと、思い思いにリラックスして過ごせます。

滋味あふれる冷やしぜんざいは優しい味

gourmet140_10.jpg

汗ばむ時期におすすめなのが、冷たい白玉ぜんざい(550円)です。ぜんざいの小豆は大粒で、ほっこり優しい味わい。白玉はもちもちで、添えられた昆布玉も口直しにぴったり。サイフォンで淹れるコーヒー(450円)との相性も抜群です。

気まぐれに登場するという小さいパフェ(600円)も気になりますが、また今度のお楽しみにとっておきましょう。

キリッとスパイシーな自家製ジンジャーエール

gourmet140_11.jpg

こちらは自家製のジンジャーエール(450円)。大きなレモンが浮かんでいて、涼しげです。冷たいドリンクはアイス抹茶オレ(500円)やアイスゆず茶(450円)、クリームソーダ(600円)などバラエティ豊かで、大人も子どもも楽しめそう。

窓からは手入れの行き届いたお庭を眺めることができ、時間が止まったかのようにのんびりとした穏やかな空間です。※価格は全て税込(取材:河合春奈/2021年6月取材)

カフェ カノン

gourmet140_12.jpg

場所:愛知県碧南市弥生町3-120-1
電話:0566-48-7733
休み:月・火曜日
営業時間:8:00~17:00※モーニングは11:00まで

「カフェ カノン」アクセスマップ

関連記事