micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.68「呑楽家 克・知立市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は、とにかく明るい店主が営む居酒屋をご紹介します。

※2021年7月取材時点の情報です。

まずは厳選された日本酒たちがお出迎え

gourmet151_01.jpg

今回ご紹介するお店は「呑楽屋 克」さん。「どんらくや かつ」と読みます。「楽しく呑んでいただきたい」という、ご主人、梅村功さんの思いが詰まった店名です。

お店に入るとまず目につくのが、冷蔵庫に鎮座するご主人こだわりの日本酒。なかなか手に入らない銘酒がズラリ。これだけで、酒飲みのココロをくすぐり、「今夜の酒はアレにして・・・何をアテにしようか」と想いを巡らせてくれます。さらに先に進むと、焼酎やウイスキー、ビールなど、多種多様のお酒が目に入ってきます。はやる気持ちを押さえられません!

一度に三銘柄のお酒を楽しむ

gourmet151_02.jpg

「呑楽屋 克」さんオススメのお酒は、「克おすすめ利き酒セット」(1000円)。ご主人がこだわって仕入れた日本酒を三銘柄楽しめます。お酒のセレクトは、おまかせはもちろんですが、自分の好みでリクエストすることもできます。

今回はおまかせで、新潟の「〆張鶴(しめはりつる)」、高知の「南」、そして広島の「夜の帝王」の3種類をいただきます。それぞれ特徴のあるお酒を一度に楽しめる、日本酒好きにはうれしいセットです。

新鮮なイカだからこそ

gourmet151_03.jpg

今回お酒のアテに選んだのは「するめいかの肝バター焼き」。刺身でも食べられる新鮮なするめいかを肝とバターでソテー。この肝がするめいかの味を一層引き立てます。いかの身も絶妙の火の入れ方で、程よい弾力とやわらかさ。肝独特のコクとほろ苦さが、日本酒との相性ピッタリです。

ご主人は毎日市場に行って、その日あがった新鮮な魚介類を自分の目で確かめて仕入れるとのこと。この「するめいかの肝バター焼き」以外にも、魚介類のメニューが充実していますよ。

とにかく明るくて話好き

gourmet151_04.jpg

ご主人の梅村さんは、とにかく明るい!取材中もずっと笑顔で、気さくに話しかけてくれました。人と接することが大好きで、お客様の注文を取りに行ったり、料理を運んだ時には、そのままお客様と話し込んでしまって、お店のスタッフから「忙しいんだから早く!」と、つっこまれることもしばしばなんだとか。まさに居酒屋さんをやるために生まれてきたと言っても過言ではない人柄です。

常連さんの中には、ご主人との会話を楽しみにくる方も多いとのこと。一見さんでもご主人と話しながら、楽しくお酒を呑めるお店です。(取材:石川雅章/2021年7月取材)

「呑楽屋 克」代表の一言PR!

自慢の魚介類を食べに来て!

代表 梅村功さん

呑楽屋 克

gourmet151_05.jpg

場所:愛知県知立市新富1-3 KTEXビル 1・2階

電話:0566-85-1801

営業時間:11:30~14:00/17:00~深夜0:00
※感染症対策のため、営業時間等が変更となる可能性があります

定休日:日曜日

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事