micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.70「日本料理 一灯・碧南市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は、地元食材にこだわる日本料理屋さんをご紹介します。

※2021年7月取材時点の情報です。

ミシュランも認める味

gourmet153_01.jpg

碧南市で大正9年創業の老舗料理店「小伴天」さんの"はなれ"として、地元食材をメインにした日本料理を提供する「日本料理 一灯(いっとう)」さん。実はかの有名なミシュランガイドの『愛知・岐阜・三重2019特別版』に掲載された名店。

店内は純和風の落ち着いた中、調度品などがバランス良く配置されたたたずまい。料理店の楽しみは、料理はもちろんですが、店内の雰囲気も大切ですね。この後の料理に期待を持たせます。

三河特産のいちじくを堪能

gourmet153_02.jpg

主に碧南市や安城市で生産される夏の逸品"いちじく"。「一灯」さんでは、この逸品を使った"いちじく会席(4400円)"が10月までの期間限定で頂けます。

今回は、前菜の4品を頂きました。地元産を中心とした食材との調和で、いちじくづくしの料理を堪能。いちじくのお寿司は、酢飯の酸っぱさといちじくの甘みが、新鮮な味わいを表現しています。前菜だけでもこれだけ楽しめるので、コース料理すべてを味わえば、日本料理の神髄に出会えること間違いなし!ぜひご主人の技を体感してみてください。

日本料理には、やはり日本酒が合う

gourmet153_03.jpg

いちじく会席にあわせて頂くお酒は、地元西尾市の蔵元、尊皇の清酒「奥 夏吟醸(990円/1合)」。暑い夏でも楽しんでもらいたいと、アルコール度数は低めに仕上げた季節限定のお酒です。さわやかな香りとのど越しが特徴なので、今回のように繊細なお料理には最適。もちろん女性にもオススメです。

このほかにも様々なお酒を取り揃えているので、料理に合わせたり、ご主人に相談するなど、あなたに合ったお酒を探してみてください。

地域の生産者さんとのつながりを大切に

gourmet153_04.jpg

ご主人の長田勇久さんは、"料理プロデューサー"として、地元の食材や調味料の生産者さんとのつながりを大切にしながら、日々新たな挑戦を続けています。

「この地域は伝統野菜や魚介類、鶏肉や豚などの畜産、みそやみりん、白しょうゆなど醸造も盛ん。地元の生産者さんが丹精込めて作った素材を最高の形でお客様に提供したい。」と語る長田さん。その料理をぜひ堪能してみてください。(取材:石川雅章/2021年7月取材)

「日本料理 一灯」店主の一言PR!

いちじくのいろんな料理を楽しんで

店主 長田勇久さん

日本料理 一灯

gourmet153_05.jpg

場所:愛知県碧南市作塚町1-16

電話:0566-48-7838

営業時間:11:30~14:00/18:00~21:30
※感染症対策のため、営業時間等が変更となる可能性があります

定休日:水曜日

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事