micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

台湾カステラの「キミとホイップ」が碧南に登場!味や予約方法は?

話題の台湾カステラ専門店「キミとホイップ」が愛知県碧南市にオープン! 早速行列ができるなど、早くも大人気の様子。これは行かねば...とお店を訪れた取材班。子どもから大人まで、男女関係なく買い求めるお客さんたちをひきつけていたのは、手間暇をかけて丁寧に作る、「ふわっしゅわっしっとり」の三拍子が揃う台湾カステラでした。

キミとホイップの「純生カステラ」とはどんな味わいなのか?味のバリエーションはあるのか?予約方法は?アレンジ方法はあるの?などなど、とことんご紹介します!

台湾カステラとは?日本のカステラとどう違う?

gourmet184_01.jpg

そもそも台湾カステラとは、台湾ブームの一つとして2020年頃に登場した台湾スイーツ。元々は台湾北部の名物菓子で、現地では「焼きたてのケーキ」の意味の「シエンカオダンガオ」と呼ばれているそう。

日本のカステラはしっとりとした食感が特徴的ですが、台湾カステラは見た目も食感もふわふわ。材料や作り方が全く違うので、日本のカステラをイメージして台湾カステラを食べると、驚くかもしれません。

碧南駅から徒歩10分。駐車場も広々

gourmet184_02.jpg

そんな台湾カステラを購入できる「キミとホイップ」が碧南に登場。場所は名鉄碧南駅から南へ徒歩10分ほど、碧南レールパーク玉津浦広場の近くです。

「クロワッサン 月のトリコ」や「からあげ本舗ダイマル」と同じ建物にあります。ペールブルーを基調とした店内はスタイリッシュでおしゃれ!カウンターの奥で、スタッフが丁寧にカステラづくりにいそしんでいる姿が見えます。持ち帰り販売のみで、店内に飲食スペースはないのでご注意を。

ふわっしゅわっしっとり食感にこだわり

gourmet184_03.jpg

キミとホイップの「純生カステラ」は、店名の通り「キミ(卵黄)」と「ホイップ(卵白、メレンゲ)」にこだわっているそう。契約農家で育てられた国産卵と、純度の高い生クリーム、北海道産のバターをふんだんに使用し、素材の味が生きるよう甘さを抑えて味わい深く仕上げています。

一つひとつ丁寧に作っているので1日で提供数は限られているのですが、それも納得!開店前からオーブンをフル稼働させ、続々とカステラを焼き上げていきます。

まずはプレーンをご賞味あれ

gourmet184_04.jpg

素材の風味をしっかり感じられるのは「プレーン(ホール1,060円、ハーフ630円・税込)」。卵の優しい味が生きており、「まずはプレーンを味わってほしい」とスタッフさん。

筆者もいただきましたが、確かにふわっふわでバターの風味が濃厚!スフレのように細かな気泡があり、しゅわっという食感も感じられます。甘さは控えめなので、わりとぱくぱく食べてしまいますが、しっかりとした素材の味が感じられ、ほっこりとした気分になれます。

他に抹茶とコーヒー味も

gourmet184_05.jpg

プレーンを堪能した後は、「宇治抹茶カステラ(ホール1,260円、ハーフ730円・税込)」または「珈琲カステラ(ホール1,260円、ハーフ730円・税込)」を楽しんで。

宇治抹茶には北海道産黒豆が入っており、抹茶の上品な香りと黒豆の食べ応えが両方楽しめます。珈琲はコロンビア・ブラジル産100%アラビカ種コーヒー豆を使った大人の味。甘さがより控えめになっています。どちらもふんわりと香りが漂い、プレーンとはまた違った味わいです。

オープン直後から話題沸騰!買えない人続出

gourmet184_06.jpg

キミとホイップ碧南店は、2022年1月に愛知県内では岡崎店、豊田店に続く3店舗目としてオープンしました。

オープン直後は、スタッフ総出のフル回転で製造していたものの、開店30分で予約分を除く当日店頭販売分が完売する日が続いたのだそう。予約分も3日以上先の分まで埋まる日が続き、買えない人も続出。取材日も「今日は買えますか?」と聞くお客さんが多く、予約の電話も何度もかかり、店頭で予約していく人も続出していました。

予約は電話か店頭。特に抹茶と珈琲はお早めに

gourmet184_07.jpg

人気商品のため、確実に購入したいなら予約は必須です。電話または店頭でのみ受け付けています。特に販売個数の少ない宇治抹茶と珈琲は、予約分すら埋まってしまうことがあるため、早めに予約するのがおすすめ。

焼き上がるのに1時間を要するため、焼き上がりは11:00から18:00まで、1時間ごとに設定されています。全ての種類を一度に買いたい場合は、14:00以降の受け取りとなります。

トーストや冷やして食べると別スイーツに

gourmet184_08.jpg

純生カステラは当日、そのまま食べるのがおすすめですが、他の食べ方もおすすめです。例えばスライスしたものをトースターで1分~2分温めると、外側がちょっとカリッとして、また違った食感に。また、冷蔵庫で冷やして食べるとしっとりした舌触りになります。

中には「絶対に冷やして食べる!」という"冷やし派"のお客さんもいるそう。次の日もふんわり感は維持されていましたが、ラップをかけずに30秒ほど温めるのがおすすめです。

切り落としは食べやすい一口サイズ

gourmet184_09.jpg

数量限定で店頭販売されている「切り落としカステラ(390円・税込)」は、プレーンの純生カステラを一口サイズにカットしてカップに入れたもの。ホールの1/4サイズのカステラが詰まっています。既に切ってあるのでいつでもどこでも食べやすく、ちょっとだけ食べたいという人におススメです。

賞味期限は、切り落としカステラは当日、ホールサイズは購入から3日。おやつにもよし、手土産にもよしの純生カステラは、老若男女を問わず好まれそうなお味でした。(取材・河合春奈/2022年2月取材)

キミとホイップ 碧南店

gourmet184_10.jpg

場所:愛知県碧南市塩浜町3丁目38-1

営業時間:11:00〜19:00

電話予約時間:10:00〜18:00

定休日:なし

電話:0566-45-7875

駐車場:あり

キミとホイップ 公式HP

キミとホイップ碧南店 公式インスタグラム

「キミとホイップ 碧南店」アクセスマップ

関連記事