micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

安城市・フレーズの「とろけるチーズケーキ」が全国で話題!とろける食感の秘密は?

今、チーズケーキ好きの人々の間で「かつてないくちどけ」と話題になっている、フレーズ(Fraise)のチーズケーキをご存じですか?口に入れると、チーズケーキなのにクリームのようにとろけて、しかも濃厚な味わい。ネット販売をしているので全国にファンがいるそうですが、実は安城市内にお店があり、店舗販売もしているそう。

作っていたのは2人の娘さんを持つママさんパティシエの三浦めぐみさん。製造現場におじゃまして、チーズケーキづくりへのこだわりやおいしさの秘密を教えてもらいました。

冷凍配送で全国へ。安城市内で店頭販売も

gourmet195_01.jpg

話題のとろけるチーズケーキは、チーズケーキ好きの人々の間で火がつき、高評価の口コミも追い風となって人気が爆発中のスイーツです。ネットで注文すると冷凍便で届くので、全国どこでもおいしさを味わうことができるそうですが、実は安城市内で店頭販売も行っているそう。

販売しているチーズケーキは写真のプレーンや抹茶のチーズケーキの他、マーブルやキャラメル味などもあり、どれもチーズの風味が濃厚だと人気です。

予約すれば店頭で解凍状態のお渡しもOK

gourmet195_02.jpg

製造も安城市内で行っていると聞き、早速訪れることに。やってきたのは安城市内の住宅街。周りは完全に民家に囲まれているため、知る人ぞ知るお店という佇まいです。

店頭販売であっても冷凍状態でのお渡しですが、予約をすれば解凍した状態で渡してくれるそう。受け取ってすぐに食べたいという場合は便利ですね。早速製造現場へおじゃまします。

1日に約120台のチーズケーキを一人で製造!

gourmet195_03.jpg

ケーキのレシピ作りから製造まで、一人で行っている三浦さん。1度に約20台のチーズケーキを焼き、それを1日6回転、つまり1日約120台のチーズケーキを作るそう。

想像するだけで大変そうですが「洗い物は娘が手伝ってくれることもあって、助かっています。商品PRのための動画編集は娘のほうがセンスがあって、上手なんですよ」と笑います。

吟味を重ねた食材を惜しみなく使用

gourmet195_04.jpg

こだわりは?との質問には「素材です」と即答。すべての素材を何度も試食して、チーズケーキとしてベストなバランスになるように、いくつかの種類を混ぜて使っているそうです。

濃いオレンジ色の卵黄の卵は、高浜市にある養鶏場から特別に仕入れている「もみじ」という希少な種類のもの。弾力があってみるからにおいしそう。バターや生クリームは北海道産を使用しています。

とろける食感のカギは焼き加減にあり!

gourmet195_05.jpg

この味を生み出すまでに、試行錯誤を重ねたという三浦さん。ある場所で食べたチーズケーキが濃厚かつクリーミーだったことに衝撃を受け、チーズの濃厚さを残しながらもなめらかなくちどけにするにはどうしたらいいのか?と焼き時間や材料の配合などを変えていったそうです。

オーブンの場所によって焼き加減が微妙に変わるため、焼いている最中も様子を見ながら焼きすぎないように注意しています。この細かな配慮がとろける食感の秘訣だそうです。

チーズ感が濃厚!チーズケーキ好きは必食!

gourmet195_06.jpg

こちらが王道の「とろけるチーズケーキ(12㎝/1,480円・税込、通販価格/約3~4人前)」。他に15cm(2,300円・税込、通販価格/約6~8人前)、18cm(2,980円・税込、通販価格/約8~10人前)があります。土台にスポンジケーキ、上にあんずジャムがうっすら重なり、つやつやしています。

3時間ほど自然解凍された状態のケーキをカットすると、中がとろ~り。一口食べると、「チーズ!チーズ!チーズ!」と言いたくなるくらいの濃厚さ!クリーミーで口の中でとろけていきます。チーズケーキ好きという人はぜひ一度食べてほしい味わいです。

抹茶の香りと濃厚チーズがグッドバランス

gourmet195_07.jpg

「抹茶チーズケーキ(12cm/1,980円・税込、通販価格/約3~4人前)」は、愛知県西尾市産の抹茶を使用した、香り高い逸品です。抹茶の香りが強いため、クリームチーズの濃厚な味ともバランスを保っており、大粒あずきの甘さも程よいアクセントに。プレーンと同じく、とろとろの食感で「チーズと抹茶ってこんなに相性がいいのね」と新しい発見が。

他に15cm(3,000円・税込、通販価格/約6~8人前)があります。チーズケーキなのに和の風味があり、コーヒーにも日本茶にも合いそうです。

新フレーバー・ピスタチオの登場が楽しみ

gourmet195_08.jpg

今は上記のプレーン、抹茶に加え、キャラメルとチョコマーブルなどのフレーバーがあるチーズケーキのラインナップですが、新フレーバーとして「ピスタチオ」を目下開発中なのだそう。

試食係であり、ご主人の三浦善嗣さんから厳しいチェックが入るそうで、何度も試作しているとのこと。ピスタチオ好きとしては、ぜひぜひ食べてみたい!2022年の春に登場するそうなので、こちらも楽しみですね。(取材・河合春奈/2022年3月取材)

チーズケーキ専門店 Fraise(フレーズ)

gourmet195_09.jpg

店頭、配送ともに冷凍状態でお渡し。店頭販売では事前予約をすれば解凍状態でお渡し可能。解凍方法は自然解凍で約3時間。半解凍状態で食べてもおいしいそうです。

場所:愛知県安城市和泉町南本郷208

営業時間:10:00~18:30

定休日:毎週水曜、第1・第3火曜

電話:0566-92-5543

駐車場:あり

「Fraise」オンラインショップ

アクセスマップ

関連記事