micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.29「お食事処 古都・刈谷市」

愛知県西三河エリアにあるお酒を楽しめるお店を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!

グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!今回は刈谷市にある「大人の隠れ家」的なお食事処です。日本酒の男酒、女酒・・・知ってますか!?

名鉄・刈谷市駅近く「大人の隠れ家」

gourmet64_01.jpg

名鉄三河線・刈谷市駅からほど近く、鉄道の高架沿いにお食事処「古都」はあります。純和風な店構え、看板に書かれた控え目な「古都」の文字。日が落ちると夜な夜な紳士・淑女が集う...そんな「大人の隠れ家」的なお店です。

古都の原点は、看板に一品料理とともに記された「お茶漬け処」。開店した50年前は、刈谷に「お酒の後のシメ」に食事をする場所がなかったそう。そこでシメの「お茶漬け」を食べられるお店としてはじまりました。

大将のウンチクは一聞の価値あり!

gourmet64_02.jpg

暖簾をくぐると、カウンターで大将・布野明雄さんが出迎えてくれます。老舗の居酒屋とあって常連さんも多いですが、その多くは大将との会話が目当て。

お酒に対する豊富な知識は銘柄のみならず飲み方や、その風味に至るまで多岐に渡ります。日本酒の勉強にはもってこいです。

知っていますか?「男酒」「女酒」

gourmet64_03.jpg

おススメのお酒は、純米酒「鶴の友(790円)」。

新潟の酒蔵・樋木酒造(ひきしゅぞう)の作る逸品。日本酒にこだわる大将一押しは"男酒"だそうです。男酒とは、後味のキリッとしたいわゆる「切れ味の良い酒」。口の中に広がってさっと消える渋い酒だそうです。

ちなみに女酒は飲みやすい甘~いお酒。純米大吟醸「獺祭(だっさい)」がおススメだそうです。う〜ん、奥が深い。

男酒には和と洋のコラボメニュー

おススメの料理は、「納豆とチーズの信田焼(しのだやき)(680円)」。

その名の通り、油揚げの中に納豆とチーズを入れて焼いたもの。納豆とチーズ!?和と洋のコラボと言ってもそれはちょっと...と思った方!だまされたと思ってぜひ一度お試しを!

濃厚な油揚げと、後味のキリッとした男酒の相性はバツグンです。日本酒の深みにとことんハマりたい夜におススメです。(取材:山田進一)

「お食事処 古都」大将の一言PR!

布野明雄さん

ウンチクは深いですが、話しだしたら止まりません(笑)!THEオヤジ的な大将です。

お食事処 古都

gourmet64_04.jpg

場所:愛知県刈谷市大正町1−205

電話:0566-21-0735

営業時間:11:30~13:30(ランチ)/18:00〜24:00

定休日:月曜日・第2火曜日(駐車場あり)

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事