micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

近所の夜グルメ探訪!vol.33「にぎり鮨 一五〇・高浜市」

愛知県西三河エリアにある夜のお店(※お酒の飲める店舗)を巡るこの企画。近所でお店を開拓したいけど、結局、いつも同じ店に行ってしまう...。という方は必見です!グルメサイトなどには載っていないお店の雰囲気、店主の人柄などを中心に紹介していきます!

今回は高浜市にある熱い心意気を持った「にぎり鮨」のお店を紹介します。1万円あったらなんと60貫食べられる!?

店を構えて60年の老舗・鮨懐石

gourmet71_01.jpg

高浜市の碧海町「体育センター前交差点」にある創業約60年の老舗・「鮨懐石 みどり」さん。今回、紹介する「にぎり鮨 一五〇」さんは、その「みどり」さんのカウンタースペースを使った"別のお店"です。

店名「一五〇」には2つの大きな意味があります。一つは、お鮨がすべて一貫150円という驚きの値段設定を表したもの。そして「一五=いちご・〇=いちえ」という読みに込められた、日本食の象徴「鮨」に対する熱い想いです。

「立ち寿司」の文化を守りたい!

gourmet71_02.jpg

声が魅力的な富田勝之さんは、「鮨懐石 みどり」の専務にして「鮨懐石 一五〇」の店長。富田さんは憂いていました。カウンターで職人が握る「立ち寿司」の文化が失われていく事を。

「立ち寿司」が敬遠される理由は大きく2つ。「価格が高くわかりづらい事、寿司職人に「怖い」イメージがある事。」その2つのイメージを変えてもらう事・・・それが「一五〇」を作った理由だそうです。

定番の高級魚から旬のネタまですべて150円!

「一五〇」さんのおススメは勿論、にぎり鮨。ネタは厳選した本物ばかり。大トロに大アナゴ、さらに三河湾で水揚げされた旬の魚など美しいお寿司が並びます。

これがすべて150円とは驚きです。「空気と一緒にネタを握る」と言われる職人さんの手さばきを目の前で堪能しつつ、旬の魚についての知識を教えてもらうなど会話も弾みます。これが「立ち寿司」の醍醐味です。

お寿司には甘口の日本酒で!

gourmet71_03.jpg

おススメのお酒は、「純米吟醸 夢山水十割(とわり)の奥(おく)(500円/半合)」。日本酒の"奥を深める"という思いのこもったお酒。魚には辛口のお酒をという方が多い中、あえて甘口をおススメ。飲んでみるとこれが合うんです。

美味い鮨を値段を気にせず、ツウな日本酒と頂く。これ以上の贅沢はあるでしょうか?『今日はお腹いっぱい美味しい鮨を!』なんていう時におススメです。(取材:山田進一)

「にぎり鮨 一五〇」店長さんの一言PR!

富田勝之さん

日本の「鮨文化」を守り育てたい!

にぎり鮨 一五〇(いちごいちえ)

gourmet71_04.jpg

場所:愛知県高浜市碧海町2-3-9

電話:080-4066-7940

営業時間:ランチ11:00~14:00/ディナー17:00〜20:00(※完全予約制)

定休日:月曜日・月一回不定休(駐車場あり)

アクセスマップ

キャッチの番組でも紹介中!

gourmet_yorugourmet.jpg

『近所の夜グルメ探訪!』。番組では、リポーターがお店にお邪魔して店主の人柄、おススメの逸品を紹介しています!

番組名:夜な夜なヨルグルメ

放送チャンネル:地上デジタル12ch

放送日時:毎月第2・4土曜日18:45~ 他

関連記事