micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

クセになる中毒性!?愛知県安城市にオープン!「唐揚げ専門 いっき商店」

みんな大好き唐揚げ!ざくっとした衣、じゅわ~っと溢れる肉汁...想像しただけでお腹が減ってきちゃいますよね。愛知県安城市にオープンした「唐揚げ専門 いっき商店」は、大きくてジューシーな唐揚げが売りのテイクアウト専門店。

シンプルな料理だからこそ、素材はもちろん味付けや揚げ方、ひとつひとつの工程にこだわっているんだそう。唐揚げ好きにも、暑い夏に揚げ物なんてしたくない!という人にもおススメ。マヨネーズやこしょう要らず、パンチ&中毒性のある唐揚げを紹介します。

つけめん屋から唐揚げ店に!?

gourmet72_01.jpg

今年6月にオープンしたばかりの「唐揚げ専門 いっき商店」。岡崎市に本店を構える人気店「つけめん舎 一輝」の安城店がリニューアルして、唐揚げ専門店に生まれ変わったんだそう。オーナーがこだわり抜いて考案した唐揚げは、中毒性があってやみつきになるらしい!?

こってりした二郎系ラーメンのようにクセになるという、"唐揚げの二郎"がコンセプト。しっかり味が付いているので、ご飯との相性も抜群です!

「北京本店」の長男が仕掛け人!

gourmet72_02.jpg

それにしても、なぜ唐揚げ専門店?仕掛けたのは、「つけめん舎 一輝」をはじめとした飲食店を経営する杉浦正崇さん。実は、安城市のソウルフード「北京飯」で有名な「北京本店」の長男でもあるんです。

「ラーメンや中華料理に特化したお店以外にも、新しいジャンルに取り組みたい」と考えた杉浦さん。そこで思いついたのが、日本人がラーメンと同じくらい好きな唐揚げ!これまでの知識と経験で、いっき商店をつくりあげました。

高級醤油を贅沢に使った「醤油唐揚げ」

gourmet72_03.jpg

醤油唐揚げ:約120g(2貫)260円~

唐揚げは1人前2~3貫が目安。名物は、醤油のコクが鶏肉の旨味にマッチする「醤油唐揚げ」です。おいしさのヒミツは、千葉県の「下総醤油」を使っていること!旨味が強いので、唐揚げ用のタレというよりはラーメンのタレに近い味になるんだとか。

特製醤油ダレに漬け込んだあと、粉をまぶす前にも醤油を揉みこむのが味の決め手。醤油に詳しい、ラーメン屋ならではの発想が詰まった唐揚げ!

素材と仕込みのこだわり

gourmet72_04.jpg

醤油以外にも素材へのこだわりがいっぱい。鶏肉は、脂身と赤身のバランスが良く柔らかいモモ肉を使用。タレに合わせるニンニクはミキサーなどで刻むのではなく、なにやら特殊な機械で刻んでいるそう...これ以上は企業秘密!

特製醤油ダレに鶏肉を1日以上じっくり漬け込んだら、粉をまぶす工程へ。1貫ずつ丁寧に粉をまぶしていきます。粉をまぶしてからも数時間寝かせることで、食感の良さと旨味が増すんだそう。

全ての工程に手を抜かない!

gourmet72_05.jpg

タレに漬けてねかせる用、粉をまぶしてねかせる用、と厨房の冷蔵庫は鶏肉で埋め尽くされていっぱいに!厨房だけでは足りず、店舗の外にも冷蔵庫を置いているほど。

鶏肉を揚げるフライヤーは特注品!短時間で火が通りやすいつくりになっているので、肉汁を閉じ込めたジューシーな唐揚げができるんだそう。お肉がピンク色に発色することがありますが、これはハムに近い製法で熱を通しているため。おいしさの証なんです!

2種類の塩がポイント!「うま塩唐揚げ」

gourmet72_06.jpg

うま塩唐揚げ:約120g(2貫)260円~

醤油唐揚げ以外のメニューにもこだわりが!鶏肉の旨味が際立つ「うま塩唐揚げ」は、特製醤油ダレで漬け込んだ肉にひと工夫。炭酸水に浸してから粉をまぶすことで、塩味に合うまろやかな仕上がりに。

味付けに使用する塩は、とがったような塩辛さがある種類(名前は企業秘密!)と岩塩をブレンド。岩塩だけだとまろやかすぎるので、味にパンチを足すために2種類使っているんだそう。

秘伝のタレでご飯が進む!「甘だれ唐揚げ」

gourmet72_07.jpg

甘だれ唐揚げ:約120g(2貫)280円~

揚げたての唐揚げに、毎日継ぎ足すという秘伝の甘だれをたっぷり絡めた「甘だれ唐揚げ」。唐揚げ屋で継ぎ足しのタレなんて珍しいですよね!下総醤油をベースにした飽きがこない味付けで、ご飯がどんどん進んじゃいます。辛味がないので、子どもにも大人気!

湿度によって衣のザクザク食感がなくなってしまわないよう、唐揚げはフタをつけずに提供。細かなところにもこだわりが見えます。

何本でも食べられそう!「手羽先の唐揚げ」

gourmet72_08.jpg

手羽先の唐揚げ:5本480円

甘だれ唐揚げと同じタレを使った「手羽先の唐揚げ」もおすすめ。手羽先はモモ肉ほど身が大きくない分、味が濃くなりすぎないよう下味はほとんど付けず、粉をまぶしてからタレに漬け込みます。

カラッと揚げたら、油から引き上げるときに衣がとれてしまわないよう2~3本まとめてすくうのがポイント。最後にゴマやスパイスを振りかけて完成!冷めてもおいしいと評判!夕食のおかずにもおつまみにもぴったり。

お弁当にも夕食の一品にも!

gourmet72_09.jpg

唐揚げは単品のほか、お弁当でも販売。醤油orうま塩唐揚げ4貫入りの「唐揚げ弁当」は中サイズで550円。単品が約250g(3~4貫)で520円なので、30円の差でお弁当が買えるのはおトクすぎる!

お昼はもちろん夕食の一品にも!1貫1貫が大きいので、コスパ良くお腹いっぱいになれちゃいます。1人前でも大量注文でもOK!家で揚げるのが面倒な人にもおススメです!(取材:齊藤美幸)

唐揚げ専門 いっき商店

gourmet72_10.jpg

場所:愛知県安城市南町17-22

電話:0566-77-0166(電話注文可)

営業時間:11:00~21:00

定休日:無休(駐車場あり)

「唐揚げ専門 いっき商店」公式webサイトTwitter

アクセスマップ

関連記事