micro_ichiranyou_dai2.jpg
ぐるめ

リクエストにお応え!それいけ近所マン vol.1「そば爺よしみ」

「近所のはなし」に寄せられた取材や調査のリクエストにお応えする企画・それいけ近所マンがスタートします!記念すべき初回は、愛知県西尾市に住むOさんとっておきのお店「そば爺よしみ」です。

「でも、そば屋さんってなんか敷居が高そう...」「職人かたぎの店長さんなのかな?」...その実態やいかに。近所のはなしFacebook担当&食欲担当・鶴見がお店を訪れ、徹底取材してきました。

ことの発端は、Facebookから

gourmet82_01.jpg

「西尾市東幡豆町にある"そば爺よしの"さん。とにかく美味くて安い...こんな店は今までありませんでした。」

発端は、ある日、近所のはなしFacebookに届いた一通のメッセージでした。差出人は、「おいしいお店を聞くとスッ飛んで行く」西尾市のOさん。あまりに美味しくて安いので、25分かけて毎週食べに行っているとのこと。

これほどまでに愛されるそば屋さんって、いったい!?いざ出発!ちなみにお店の名前は「よしの」ではなく「よしみ」さんでございました。

緑色の看板が目印!

gourmet82_02.jpg

愛知県西尾市東幡豆町・国道247号沿いにある「そば爺よしみ」。ましかくのフォルムに緑色の看板が目印です。

ネット上のウワサによると、こちらの店長さんは東京でそばの修行を積んだとのことですが...お店の外壁にはしっかりと「江戸蕎麦」の文字が!ちなみに鶴見のコスチュームは、「更科そばとそばつゆ」を意識したクリーム色×黒色です。

気軽におしゃべりを楽しんで

gourmet82_03.jpg

のれんをくぐると...カウンター席が三方を取り囲む厨房に、店長の吉見修さんとスタッフのさよこさん。お客さんと気軽におしゃべりを楽しめるように、こうした造りにしたんだそう。

ぱっと目をひく手書きのお品書きは...「姪っ子ちゃんが書いてくれるんだ」と吉見さんが白い歯を見せます。中には衝撃の「もりそば四〇〇円」、「子供そばもり一〇〇円」の文字が!さっそく、メッセージを送ってくれたOさんおすすめの「もりそば(400円・税込)」を注文。

職人技にワクワク

gourmet82_04.jpg

注文してから料理が出てくるまでの間、目の前でお二人の動きを観察。吉見さんが木箱からそばを取り出し、大きな釜へ。これまた大きな棒と大きなザルを扱います。さよこさんは付け合わせをスピーディーに準備。

ところで、「そば爺よしみ」の店名には、子どもたちに「そば爺!来たよ!」と気軽に声をかけてもらいたいという願いがこめられているんだそう。こんなわざを目の当たりにしたら、「そば爺、すごい!」とワクワクそわそわが止まらないかも。

可憐な白色!もりそば1枚400円

gourmet82_05.jpg

待つこと数分、「もりそば」が登場!白い!「うちは更科そばと言って、そばの実の中心部を使っているんだ。うちは手でこねて、機械で切ってます」。

食べてみると、とにかく歯ざわりとのどごしが良い!ほんのり甘いような上品な風味が、少し濃いめのそばつゆにぴったりでつるつる食べられちゃいます。これが1枚400円、子供そばもりにあたっては100円とは...。「うどん県愛知の子どもたちに、気軽にそばを食べて知ってほしいから」。しびれます!

店長・吉見さんの来歴とは・・・

gourmet82_06.jpg

蒲郡市の西浦に生まれ、18で上京して40年以上、東京でそば一筋の人生を送っていたという吉見さん。その後、都内のビルの管理人をしていたところ...「テレビでやっていた『人生の楽園』という番組に刺激を受けて、ふるさと愛知に戻ってそば屋をやろうと心を決めたんだ」。

なんと、最後に背中を押したのはテレビ番組!「イタリアン風そばつゆ」「たまごかけ風そばつゆ」などのオリジナル商品も、テレビ番組に刺激をもらって開発したんだそう。イタリアンは「女子もり」、たまごかけ風は「男子もり」(各600円・税込)で味わえます。

人の縁がつくるお店

gourmet82_07.jpg

壁に貼ってあるのは、たくさん食べた子の記念写真。さらに、地域の子どもたちから届いたメッセージカードや、近所に住む方が描いた作品も。「はじめは、とりあえず1年やってみようと思って。そうしたら、口コミで人気が出て、近所の人たちに応援してもらえるようになって。ありがたいことだよね」。

また、そば粉とかつおぶしは、愛知に戻った今も、東京でお付き合いのあったお店から仕入れているそう。まさに人の縁がつくるお店です。

気づいたら常連さんになっちゃいそう!

gourmet82_08.jpg

「もりそばとざるそばの違いは知ってる?」「健康の秘訣はね...」誰にでもフレンドリーに話しかけてくれる吉見さん。はじめて訪れても、ゆったりと楽しめます。カモ汁とシンプルなそばつゆの2種類で味わえる「2段重ね鴨せいろ(1200円・税込)」や、小鉢とスイーツも付くお得な「レディースそばセット(800円・税込)」もおすすめ。

メッセージを送ってくれたOさんが通っちゃう理由が分かる、気軽に行けてほっと和むお店。Oさん、そば爺よしみのみなさん、ありがとうございました!

そば爺よしみ

gourmet82_09.jpg

座右の銘は「一生青春 一生勉強」。常連さんが描いた作品です。

場所:愛知県西尾市東幡豆町宮司4-1

電話:080-3506-0370

営業時間:11:00~14:00/17:00~20:00(麺がなくなり次第終了)

定休日:木曜日(駐車場あり)

アクセスマップ

リクエスト募集中!

gourmet82_10.jpg

「近所のはなし」に寄せられた取材や調査のリクエストにお応えする企画・それいけ近所マン。第2弾でお応えするのは、あなたの要望かも!近所のはなし公式SNSや、近所のはなしリクエストフォームから、どしどしお寄せください!

Facebook

Twitter(@kinjyonohanashi)

Instagram(@kinjo_hanashi)

関連記事